みずがめ座δ流星群2017年7月東京のピーク時間と方向方角は?

 

みずがめ座δ(デルタ)流星群が、今年2017年は好条件で観測できそうです。

7月中旬以降から8月20日くらいまでの1ヶ月ちょっとの間は、一年の内で一番多くの流星を見ることができる楽しみな季節で、その中で、1番はじめにやってくるのがみずがめ座δ(デルタ)流星群です

ここでは、2017年のみずがめ座δ(デルタ)流星群の東京での見ごろのピーク日時や方向方角についてまとめてみました。

昨年のみずがめ座δ(デルタ)流星群は、月齢の関係や月が昇ってくる時間の関係で、あまり好条件ではなかっただけに、今年はとっても楽しみな流星群の1つです。

Sponsored Links

みずがめ座流星群とは?

みずがめ座の流星群は、実はいくつかの流星群にわかれています。

今回7月に極大を迎える、水瓶座流星群はδ(デルタ)南群は、5月に出現するみずがめ座η(エータ)流星群と同じく、みずがめ座を放射点とする流星群で、母彗星はマックホルツ彗星です。

ただ、7月のみずがめ座流星群δ(デルタ)、北群と南群に分かれており続く、みずがめ座ι(イオタ)流星群もおなじように北群と南群にわかれ、デルタ流星群なのかイオタ流星群なのかの見分けはつきにくいようです。

  • みずがめ座δ(デルタ北群)
  • みずがめ座δ(デルタ南群)←今回の主役
  • みずがめ座ι(イオタ北群)
  • みずがめ座ι(イオタ南群)

 

なので、7月のみずがめ座流星群といえばこのδ(デルタ)流星群のことを指しています。

2017年の見ごろのピーク日時はいつ?

みずがめ座流星群の極大日をチェック

まず、流れ星が位一番出現しやすい日にち=極大(きょくだい)日をみていきます。

・みずがめ座δ(デルタ)北群:2017年8月9日

みずがめ座δ(デルタ)南群:2017年7月28日

・みずがめ座ι(イオタ)北群:2017年8月20日

・みずがめ座ι(イオタ)南群:2017年8月5日

それぞれに極大日が異なっているのですが、ここでは、7月ぶ主役になるみずがめ座δ(デルタ)南群のピーク日時について、もうちょっと詳しく見ていきます。

流れ星が一番出現する極大日が7月28日だということはわかりました。

今年、好条件で見られる理由は、月明かりの影響を受けにくいからとも言われているので、月明かりの程度についてもチェックしてみます。

月齢と月の大きさをチェック

7月28日の月齢は4.7。

数字で見てもなかなかピンと来ないと思うのですが、月のマークを見るとわかりやすく、三日月型の細い形をしています。

これは、満月なんかに比べると、かなり細いです。

とうことは、月が出ていても月明かりの影響は受けにくいということになります。

201707月齢

Sponsored Links

見頃のピーク時間を調査

流れ星をみるための絶対条件は、「空が暗いこと」です。

が最低条件になります。

月齢を見る限りでは、今年2017年はあまり月明かりを気にする必要はないのですが、できれば最高に良い条件でみられる時間を絞ってみます。

それには、月が沈んで真っ暗になる時間を調べれば良いのです。

ちなみに、月の出や月が沈む時間は毎年変わりますし、都市によって時間も変わります。

東京の月入りと日の出の時刻は

  • 7月26日:20:50 ~ 7月27日:4:45(日の出)
  • 7月27日:21:26 ~ 7月28日:4:46(日の出)
  • 7月28日:21:59 ~ 7月29日:4:46(日の出)
  • 7月29日:22:32 ~ 7月30日:4:47(日の出)

参考⇒ http://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/dni/

ここで、いったんまとめると、みずがめ座δ(デルタ)流星群の見ごろのピーク日時は、以下の2日です。

この2日間であれば、ほぼ、どの日も同じ条件で見られますから、お天気の良い日を選んでくださいね!

  • 7月27日(木曜日)の22:00~7月28日:4:30(日の出前)
  • 7月28日(金曜日)の22:30以降~7月29日:4:30(日の出前)

方向・方角は?

最後に、気になる方向・と方向です。

みずがめ座流星群を観測するための方向・方角は真上です。

実は、みずがめ座流星群に限らず、流れ星をみる方向方角はいつも真上になります。

理由は、流れ星は、四方八方から流れるので、ある一定方向ばかりを見ていると、見逃してしまって観測できる数が少なくなってしまう場合があるのです。

なので、ご自宅のベランダなど、見える方向が限られている場所はあまりおススメではないのです。

また真上を見るだけではなく、街灯のない場所でみるのがポイントです。

人の目は、屋外の暗さに目が慣れるまで、少し時間がかかりますから、流れ星を観測する場合は、最低でも30分程度は観察を続けたほうがよいですね。

みずがめ座流星の出現数は決して多くはありません。

δ(デルタ)南群の場合は、1時間当たりに最大10個程度。その他の群は1個から3個程度と、非常に少ないです。

単純計算だと、30分に5個程度、15分に2個から3個は観測できそうですが、均等に流れてくるわけではありません。

続けて2,3個見えた!と思ったらあとは20分見えない、みたいなこともしょっちゅうありますから、ちょっと気長に見上げておいたほうがよいですね。

まとめ

ここでは、2017年のみずがめ座δ(デルタ)流星群東京でのピーク時間と方向方角についてまとめてみました。

ピークの日時は

  • 7月27日(木曜日)の22:00~7月28日:4:30AM
  • 7月28日(金曜日)の22:30以降~7月29日:4:30AM

方向・方角は「真上」です。

あと、Youtubeに、流星についてわかりやすく解説された動画がありました。

人気ブログランキングにも参加しています。応援いただけるとうれしいです。

Sponsored Links