季節の行事や出来事 日常 流れ星・月

みずがめ座η流星群2017大阪の見ごろのピークは?方向方角も調査

投稿日:

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

水瓶座η01

http://www.study-style.com/seiza/Aqr.html

5月の流れ星「みずがめ座η流星群」が、今年もゴールウィークに見頃のピークをむかえます。

今年は昨年に比べると条件は劣るのですが、そう入ってもまずまず良好です。

実は、このみずがめ座η流星群は出現期間が長く、実はもう4月20日ごろから出現しているのです。

ここでは、2017年のみずがめ座η流星群について、大阪でのピーク時間や日にち、また方向や方角についてしらべてみました。

Sponsored Links

みずがめ座η流星群とは

みずがめ座η(エータ)流星群の母彗星は、あの有名はハリー彗星です。

そして、みずがめ座には3つの流星群があり、

  • みずがめ座η(エータ)流星群:GW頃に観測←今回紹介
  • みずがめ座δ(デルタ)流星群:6月下旬
  • みずがめ座ι(イオタ)流星群 :8月中旬 とそれぞれ少しずつン前とピーク時期が異なり、特徴もことなります。

5月のゴールデンウィークに見頃のピークをむかえる、みずがめ座η(エータ)流星群は、南半球のオーストラリアやニュージランドでは、8月に見頃のピークをむかえるペルセウス流星群と同じくらい活発な数が観測できる流星群ですが、残念なことに、北半球(日本を含む)ではそれほど多くは観測されません。

理由は、みずがめ座は高度が低いため南へ行くと高い位置で観測することができるので見える範囲が広がるのですが北半球では赤道に近くなれば見える範囲あ広がりmすが、日本では低い位置での観測になるのです。

大阪・関西地方での見頃のピーク日時は?

みずがめ座η(エータ)流星群の見頃のピーク

5月6日(5月5日の深夜過ぎ)1:30~明け方5:00頃にかけて です。

また前日の5月5日(5月4日深夜過ぎ)1:00~明け方5:00にかけて

後日の5月7日(5月6日の深夜過ぎ)3:00~明け方5:00にかけて

も準ピークです。

というのは、みずがめ座η(エータ)流星群は出現期間が長いので、1月のしぶんぎ流星群のように、絶対この時間帯を外すと観測できないって言うことはありませんからご安心を!

ちなみにとう範囲の狭いものではないからです。

もっと曖昧に言うと、GW中の深夜は、好条件で観測できるともいえます。

注意点は月齢が10程度で、満月に近く大きいということ。(満月はおおよそ月齢15です。)

なので本当はつきが完全に沈んでから太陽が登ってくるまでの真っ暗な時間が1番の見頃のピークですから、月の出入りと太陽の出入りをチェックします。

月が沈むのがおおよそ深夜1:00を周ったあたり。

↓月の出入り

大阪月の出入り

http://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/dni/2017/m2805.html

太陽が昇るのが5時過ぎ。

Sponsored Links

↓太陽の出入り

大阪太陽の出入り

http://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/dni/2017/s2805.html

 

極大時刻は?

みずがめ座η(エータ)流星群極大日時は5月6日の10:00頃です。

ただ、この時刻が見頃のピークではありません。

極大時刻とは、流星が1番多く出現する時刻のことなのですが、今回の用に太陽がすっかり昇りきった時刻だと、どんなにたくさん流れていたとしても太陽光に負けて流れ星はみることができません。

また、極大時刻が夜であっても、満月と同時刻だたりするとこれもまた月光に負けてしまうので、見頃のピークではなくなってしまうんです。

見る方角や方向は?

みずがめ座η流星群を見る方向方角は、月と反対方向の真上です!

月も太陽と同じように東から昇って西に沈みますからあえて言うなら東寄りの真上方向です。

ちょっとむずかしいですね(笑)。

流れ星は放射点という中心点から四方八方に流れますからベランダの窓など、ある方角からだけしか見えないと見落としてしまいます。

なので、広く空全体が見渡せる場所で、真上を観るのが正解です。

1時間に見える数は?

みずがめ座η流星群が、1時間に見える数はだいたい10個程度です。

単純に計算すると、15分に2,3個位の流星が見られる勘定になるのですが、流れ星は気まぐれで、2、3個続けて見えたあとは15分位何も見えなくて、また続けて2,3個流れるみたいなパターンで流れることが多いです。

なので、30分位、最低でも20分位は、夜空をながめていたほうがよくって、その時間って意外に長く感じられます。

ただ、1時間に10個程度と行っても、街灯などが多く空が明るいところや視界が開けていないところでは、実際に見えるのは半分の5個くらいかもしれません。

このみずがめ座η流星群の特徴は、ロングエコーと言って、長く尾をひことです。

瞬間的にパッと大きく輝いて一瞬に消えていくものに比べると、ゆっくり流れるイメージなのでそれも観測しやすい条件になっています。

また、みずがめ座η流星群の活動自体は、5月10日頃までつづきます。

ピーク日時を過ぎても、比較的観測しやすいので、お天気の良い日を見計らってチャレンジして見れください。

まとめ

ここでは、5月のGW頃に見頃のピークをむかえるみずがめ座η(エータ)流星群について大阪・関西で観測するための

  • 見頃のピーク時刻
  • 見る方角や方向
  • 1時間に見える個数 などについてまとめています。

今年は、昨年に比べると、みずがめ座η(エータ)流星群だけではなく、どの流れ星も条件的には劣るものが多いのですが、今回はお天気さえ良ければ十分に観測できそうです!

人気ブログランキングにも参加しています。 応援いただけると嬉しいです。

 

Sponsored Links

-季節の行事や出来事, 日常, 流れ星・月

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です