ステキな人々 日常

ダニエル・ハリトーノフのwiki風プロフィールと2017年公演情報まとめ

投稿日:2017-05-05 更新日:

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

ダニール・ハリトーノフ01

ダニエル・カリトノフ(Daniel Kharitonov)は、2015年チャイコフスキー国際コンクールで、若干16歳で3位になった天才ピアニストです。

それ以前にも、7歳でウィーンの国際コンクールでも優勝するほど、幼少期からすでにとてつもない才能を発揮。

いま、ダニエル・カリトノフは、ロシア音楽界で最も才能のあるピアニストとして注目されている一人です。

ここでは、そんなダニエル・カリトノフについて、プロフィールや2017年度のピアノリサイタル情報についてまとめています。

Sponsored Links

ダニエル・カリトノフのプロフィールと経歴

プロフィール

  • 名前:ダニエル・カリトノフ(Daniel Kharitonov)
  • 生年月日:1998年12月22日
  • ロシアサリバン島サハリン生まれ
  • モスクワ音楽学院・中央音楽学校在中

受賞歴

  • 2005年:ウィーンの国際コンクール”Mozart-Wunderkind”最優秀賞
  • 2010年:国際テレビ局のコンクール”Nutcracker”最優秀賞
  • 2013年3月:カーネギーホールで行われた国際音楽祭”Musical Olympus”にて本格的デビュー
  • 2015年:チャイコフスキー国際コンクール3位

経歴

ダニール・ハリトーノフがピアノを弾きはじめたのは5歳から。

母親はバイオリニストで、幼少期からリハーサルやコンサートに連れて行っていたそうです。

乳児期の頃にはすでに、音楽に対してメトロノームのように正確にリズムをとることができる音感の良さを示していたようです。

きっと、お母さんのお腹の中でもずっと、バイオリンの音色やその他の音楽をたくさん聞いていたんでしょうね。

そして、すぐにピアニストとしての頭角をあらわし、モスクワ音楽院の高名な教師ヴァレリー·ピセツキーに師事。

2005年には、わずか7歳でモスクワ・フィルハーモニー管弦楽団との共演を果たしています。

現在は、世界の超一流オーケストラと共演しながら、アメリカ、ドイツ、スペイン、フランス、スロベニア、トルコ、ベルギー、スイス、アイスランドなど20ヶ国の著名ホールで公演を行っています。

日本への初来日は、チャイコフスキー国際コンクール3位になった2015年でした。

こちらは12才の頃のダニール・ハリトーノフ。

12歳の子供の演奏とは、とても思えないですね。

 

好きなこと

ダニール・ハリトーノフ氏の好きな食べ物は「ウィーナーシュニッツェル」

ウィーナー? ⇒ ウィンナー?と思って調べてみたら、牛肉でできた揚げカツレツでした。

たしかに美味しそうです!

ウィーナーシュニッツェル

ウィーナーシュニッツェルはオーストリアの全国料理の一つで、ウィーン料理の中でも最も有名な料理の一つなのだそうです。

またスポーツはサッカーファンで、中でもバルセロナの大ファンだそうですよ!

日々は、ピアノの練習以外には読書を楽しむ、ごく普通の19歳です。

Sponsored Links

華道家の假屋崎さんとは友達?

假屋崎&ダニエル01

http://ameblo.jp/kariyazakishogo/entry-12095337586.html

こちはら、2015年11月13日に行われたダニエル氏のピアノリサイタルの時の写真。

その前の日も、みなとみらいでお粉割れた、ダニエル氏のコンサートに足を運んだとおっしゃっている假屋崎さんは、ダニエルくんのことが相当のお気に入りのようです。

そしてこちらは、チャイコフスキー国際音楽コンクールの授賞式の時にご一緒した思い出の一枚とのことで、同じく假屋崎さんのブログ内にUPしてありました。

その時のことを、假屋崎さんは以下の用に語っていらっしゃって、クールなイメージの假屋崎さんだったのですが、相当うれしかったようですね。

お母様もご一緒でしたが
覚えていてくれて感激でしたラブラブ!!

 

假屋崎&ダニエル02

http://ameblo.jp/kariyazakishogo/entry-12095337586.html

 

 

ここでちょっと気になるのがこの身長差。

假屋崎さんの身長が、データによると170cmとありますから、ダニール・ハリトーノフさんの身長は185cmくらいありそうです。

幼少期のお顔とはすっかり変わって、大人っぽい表情になっていますね。

ダニエル・ハリトーノフ2017年リサイタル講演会情報

ダニエル・ハリトーノフさんは、今年2017年に日本で3個公園が予定されています。

すでに、チケットの先行発売がh字待っていて締め切り前のものもありますね。

羽島ているものも

2017/8/28(月)

読響サマーフェスティバル2017<三大交響曲><三大協奏曲>

  • 場所:東京オペラシティ コンサートホール:タケミツメモリアル(東京都)
  • 18:30 開演 ( 18:00 開場 )
  • 料金:S席7,500円~C席4,000円

思っていたほど高額ではありませんでした。

  • チケット発売 ⇒ ぴあ

2017/12/5(火)

  • 京都コンサートホール 大ホール(京都府)
  • 料金:3,500円 ←嬉しすぎます。
  • こちらは、チケットの先行販売が締め切り間近です。
  • 公演などに関するお問い合わせ先::075-252-8255(オトノワ)

こんな大物ピアニストのリサイタルが3,500円とは、今後はこんな料金設定なくなると思われます。

ちょうどクリスマス時期に、ステキなプレゼ員とになりそうなコンサートですよね。

2017/11/26(日)

  • いずみホール(大阪府)
  • 料金:3,800円(全席指定)
  • こちらは先行発売が終わっているようで、一般発売が5月19日(金) 10:00~になっています。
  • 公演などに関するお問い合わせ先: :06-6341-1171(エースプロモート)
  • チケット発売 ⇒ ぴあ

まとめ

ここでは、ダニエル・カリトノフ(Daniel Kharitonov)さんのプロフィールと2017年の日本でのピアノリサイタル公演情報についてまとめています。

日々、耳にする音って、賑やかすぎるものが多いけど、こういうナマのクラシックは、やはり耳に優しくて心地よいです。

人気ブログランキングにも参加しています。応援いただけるとうれしいです。

Sponsored Links

-ステキな人々, 日常

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です