季節の行事や出来事 日常 流れ星・月

天の川2017と織姫や彦星の見える方角方向やピーク時間は?

投稿日:2017-07-05 更新日:

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

天の川2017年も七夕の季節になり、空を見上げて、天の川や織姫・彦星を見つけるのが楽しみな時期になりました!

天の川を構成する小さな星たちの輝く光は、とっても柔らかく繊細なので、街全体が明るい都会で観測するのは難しいけれど、織姫と彦星は一等星で、結構明るい星です。

条件が整えば、見ることが出来る星なのですが2017年の条件はどうでしょう?

ここでは、2017年に天の川と織姫や彦星の見える方向方角ピークの日にちや時間について調べてみました。

Sponsored Links

天の川と織姫・彦星の見える方角方向は?

天の川や織姫・彦星の見える方角方向は、東の空です!

こちらの動画で見ていくと、天の川をはさんで左側の星が彦星(アルタイル)、右側の明るい星が織姫(ベガ)です。

 

2017年7月7日に天の川と織姫・彦星は見える?

こんなに神秘的でキレイな天の川や織姫と彦星ですが、今年、2017年7月7日は残念ながらあまり良い条件で見ることはできないようです。

と言うのは、天の川を構成する小さな星たちが発する光はとっても微細です。空が少しでも明るいと見えにくいのです。

織姫と彦星は一等星で明るいから見えやすいのですが、そもそも雲がかかっていてはどうにもなりません。

七夕の7月7日は、まだまだ全国的に梅雨の時期ですし、今年は台風の影響も残って大気も不安定。

まずは7月7日のお天気をチャックしてみます。

7月7日の天気予報

7月7日のお天気をチェックしてみると、関東地方から東北、北海道あたりは雲の切れ間から見れるかもしれませんが、九州や四国、大阪あたりは降水確率も高く、7月7日の空は雲に覆われていそうな予報になっています。

7月7日の天気

引用:Yahoo天気

月の大きさも大事な要素!

天の川と織姫・彦星だけではなく、星を綺麗に見るための条件は、空が暗いことです。

どんなにお天気が良くっても、街灯の明るい場所では負けてしまいますし、そうなると月明かりや月の大きさも大切な要素になってきます。

月の明るさは、月齢といって月の大きさと関係しているので、当然、月明かりのない新月だと見えやすいです。

それで、今年2017年の月の大きさ=月齢をチェックしてみると、月齢13。

満月に近く、月は丸くて大きいです。

となると、7月7日に天の川と織姫・彦星をきれいに見ることは、どんなに暗い場所を探しても、条件的にとっても厳しいです。

201707月齢

引用:http://koyomi.vis.ne.jp/moonage.htm

今年2017年は7月7日に、天の川や織姫・彦星を見られる確率が低いことはわかりました。

では、気になるのはいつだったら見えるのか?ですね。

では具体的に、月の大きさ(月齢)などと合わせて、2017年に天の川や彦星・織姫が見える日時のピークを探って行きたいと思います。

2017年に天の川や彦星・織姫が見える日時のピークは?

まず、ここで1つ。

実は天の川というのは、七夕と合わせて夏の風物詩になっているけれど、実は季節に関係なく、冬でも見ることが出来るんです。

その理由は、空を見上げたときに川のような筋状態に見える天の川は、実は渦巻状になっているからなんです。

北半球だろうが南半球だろうが、夏であろうが冬であろうが、世界中どこにいても、お天気が良く、雲のかかっていない日と暗い場所であれば、天の川はいつでもみることができるんですね。

さらに、この地球もずっと離れた場所から見ると、天の川を構成する星の1つで、地球を含んだ渦巻きに見える星は、天の川銀河とよばれているんですよ。

とってもロマンティックです。

Sponsored Links

⇒ 七夕の「天の川」は渦巻き型をしていた!その正体は?

では具体的に、2017年に天の川と彦星・織姫が見える日時のピークを具体的に探って行きましょう。

まずは、月齢をチェックします!

月齢をチェック!

そもそも、七夕の7月7日は、昔は旧暦のことを指していました。

旧暦の7月7日は、8月の初旬頃で、現在とは1ヶ月程度後になります。

なのでひとまず、月明かりのない新月をチェックしていきます。

1年中いつでも見られるので、1年分載せておきますね。

2017年の新月

  • 2017年1月12日(木):20:34
  • 2017年1月28日(土):09:07
  • 2017年2月26日(日):23:58
  • 2017年3月28日(火):11:57
  • 2017年4月26日(水):21:16
  • 2017年5月26日(金):04:44
  • 2017年6月24日(土):11:31
  • 2017年7月23日(日):18:46 ←21:00以降条件良し!
  • 2017年8月22日(火):03:30 ←前後の日にちで条件良し!
  • 2017年9月20日(水):14:30
  • 2017年10月20日(金):04:12
  • 2017年11月18日(土):20:42 ←21:00以降条件良し!
  • 2017年12月18日(月):15:30

ざっくりと見ていくと、こんな感じで、どの月も新月の前後2日間くらいは空に雲がかかっていない時間帯であれば大丈夫ですが、この、7月23日にお天気さえ良ければ、七夕から日にちもそんなに外れていないし、絶好の天の川観測日和になりそうでうよ!

新月時刻が18:46ですが、この時間はm玉だ空が明るいので、暗くなる21:00以降を狙ってみてください。

7月23日の21:00以降が天の川と織姫彦星を見るピークの日時!

スポンサーリンク

天の川と織姫彦星をみる方向・方角は?

天の川と織姫彦星をみる方向・方角は基本的に東の空です。

天の川は、渦巻きをしているので、空を見上げると、方向・方角関係なく見えることになっているのですが、織姫と彦星が見える方向方角が東の空だからです。

そして、月も太陽と同じように東から昇って西に沈んでいきます。

なので、早い時間は東の方向方角を、深夜は真上あたり、明け方は織姫と彦星も少し西の空に傾いていますがらそちらの方角も見てみてくださいね。

まとめ

ここでは、2017年の天の川や織姫。彦星が見える方向・方角やピークの日時について調べています。

それによると、7月23日の21:00以降の東の空 が絶好の観測日よりになります。

ただし、雲がかかっていればどうにもならないので、その前後2日くらいのお天気のよい日を狙ってみてくださいね!

関連記事もどうぞ
⇒ 天の川銀河とは?リボン型の画像や大きさとアンドロメダ銀河と衝突する未来も気になる!

また、天の川をイメージした、こんなにステキな羊羹「天の川羊羹」をみつけましたよ!

人気ブログランキングにも参加しています。応援いただけるとうれしいです。

Sponsored Links

-季節の行事や出来事, 日常, 流れ星・月

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です