あさイチ テレビ 季節の行事や出来事 日常

霧幻峡の渡しの料金と営業期間は?行き方と関東からのツアーも調査

投稿日:2017-07-12 更新日:

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

霧幻峡

福島県の会津から少し足を伸ばしたところにある、「霧幻峡(むげんきょう)」という絶景ポイントをご存知ですか?

霧幻峡は、今の時期にしか見ることができない、霧のスポットで、しかも舟の上から眺めるのですがその景色がこの画像です。

ここでは、この霧幻峡の行き方・アクセスや渡し船の料金について調べてみました。

また関東方面からは、周辺の観光を含めたお得なツアープランももあったので、それについても調べてみました!

Sponsored Links

霧幻峡の渡しと三更集落について

霧幻峡の渡し渡し船は、もともと300年間もの間、三更(みふけ)集落という小さな村に住む方達の生活の足になっていたものです。

この三更集落では、この渡し舟が対岸に渡る唯一の交通手段であった為に、誰でもが自ら船頭さんになって舟の操縦をしていました。

というのは、和船は各戸で所有しており、専門の船頭さんがいないこの渡しでは、自分で舟を操作しなければ、川を渡ることが出来なかったのだそうで、小学校にも上がらない子供達まで大人の見よう見まねをして舟の操作を覚えていったそうです。

ところが、昭和39年4月16日の午前6 時、三更集落背後の上部山腹(通称ブナ坂)が、大音響と共に崩壊。

一瞬の内に部落を埋め尽くしました。

この裏山の崩壊によって、そこで生活することができなくなった戸数10戸の三更集落は、集団移転を余儀なくされ、各地に分散、集落廃村となってしまい、それに伴って、集落と対岸の早戸との間を繋ぎ、地区民の暮らしと命を守っていた渡し舟もその役目を終える事になりました。

それまでは、大雨の日も、大雪の日も、台風の日も、激流に舟を漕ぎだし、遠い下流まで流されて大変な苦労をしながらこの川を渡っていたそうです。

もちろん、舟をつかって渡らなくても、遠回りの道もあったのですが、冬の期間は雪崩で危険な為に、年間を通して地域の命と暮らしを根本から支えてきたのがこの渡し舟だったそうです。

2010年4月。二艘の和船が建造され、只見川渓谷に50年ぶりに霧幻峡の渡しが復活再現され、今また渓谷に又新しい風情が蘇っています。

また、廃村になってしまった三更集落には、当時のまま大山祇神社や子安観音のほか、霧幻地蔵や古民家。

更には、硫黄鉱山等の産業遺跡が残されています。

三更集落の裏山の崩壊など、重なる厄災から逃れたこの地蔵や神社や観音堂は、守り本尊として、そこに宿る霊力が、訪れた人の運気を上げ、願い事をかなえる「パワースポット」としても注目の場所にもなっています。

霧幻峡の渡しの行き方・アクセス

  • 住所 大沼郡三島町宮下の早戸温泉の船着場をめざしてください。
  • 公共の交通機関をご利用の場合、最寄り駅からタクシーを利用することになりますが、「霧幻峡」では地元の方に通じないかもしれません。行き先は「三更(みふけ)」と伝えたほうがスムーズそうです。

霧幻峡側にはバス停もあるようですが1日1便。

しかも乗車客がいなければ運休のようです。

霧幻峡アクセス

霧幻峡アクセスマップ

http://www.mishima-kankou.net/accessmap/

霧幻峡の渡しの料金と営業期間について

  • 営業期間:4月下旬~11月中旬までの土日祝日の予約時のみ就航
  • 霧幻峡の渡しの出航時間:9:00~16:00
  • 霧幻峡の渡しの区間:早戸温泉船着場~霧幻峡 片道約15分

霧幻峡の渡しの料金

  • 基本料金:5,000円(和舟5人まで乗船可)
  • 6人目以降はお一人1,000円の追加料金が発生します。

お問い合わせ・予約について

基本的に、事前予約が必要になっているようですが、直接お問い合わせしたところ、当日空いていれば朝の予約でも対応していただけるようです。

霧幻峡プロジェクト

星さんの撮った美しい写真が、昨年は、地元テレビの案内でも使われたようです。
とっても美しいです。

Sponsored Links

三島町観光協会

東京発・奥会津「霧幻峡ツアー」

霧幻峡のような秘境の地は、土地勘のある場所にお住まいの場合は、お休みを利用してドライブするには最適ですが、遠方からとなると、旅なれていないとちょっと大変です。

そこで、色々探してみたら、関東(東京)から1泊2日で霧幻峡を含めた近郊のパワスポットをめぐるツアーを見つけました!

⇒ 東京発・奥会津霧幻峡ツアー

料金も2名1室で、お一人27,900円とお手頃です。

霧幻峡ツアー概要

1泊4食付き!秘境「栗山郷」と奥会津秘境めぐり

「Aランク裏磐梯レイクリゾートに宿泊」というのもウリの1つになっていて、奥会津の五色沼など、絶景のスポットがもれなく回れるツアーになっています。

  1. 那須・乙女の滝:苔むす清流と伝説残る滝
  2. 達沢不動滝:勇壮な男滝と優美な女滝からなる神秘の滝
  3. 五色沼:エメラルドグリーンに輝く神秘な湖
  4. .絶景露天「ひばらみの湯」:桧原湖を一望する
  5. 幽玄渓谷・霧幻峡:和舟に乗って日本の原風景が広がる秘境へ!地元ガイドがご案内
  6. 野岩鉄道・ローカル列車:栗山郷へ向かう穏やかな風情
  7. 栗山郷・蛇王の滝:落差約100m、流れる姿が蛇のような滝

⇒ 東京発・奥会津霧幻峡ツアー

7月13日のあさイチで紹介された会津の名所と「ころり観音巡り」のツアーもありました!

⇒ ミステリーツアーなど人気ツアー満載!クラブツーリズムの関東発バスツアー

また、奥会津の霧幻峡そばには沢山の民宿やホテルがありますから、お気に入りのホテルを見つけてオリジナルの観光を楽しむのもよさそうです。

⇒ 奥会津・霧幻峡側ホテル

霧幻峡の口コミと感想

まとめ

ここでは、福島県にある「霧幻峡(むげんきょう)」という絶景ポイントについて、渡し船の料金や行き方・アクセスとともに、関東からのツアーについてまとめてみました。

渡し船の料金は、基本料金が5,000円

関東からのツアーは、1泊2日で30,000円かからずに、行けるプランがありました!

このお値段で、こんなに美しい景色に会えるとしたら、もうお得感いっぱいです。

⇒ 東京発・奥会津霧幻峡ツアー

⇒ ミステリーツアーなど人気ツアー満載!クラブツーリズムの関東発バスツアー

人気ブログランキングにも参加しています。 応援いただけると嬉しいです。

Sponsored Links

-あさイチ, テレビ, 季節の行事や出来事, 日常

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です