ステキな人々 テレビ 情熱大陸

菊池夢美海洋生物学者のプロフィールは?マナティのいる水族館も調査!

投稿日:

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

マナティ

菊池夢美(むみ)さんは、「黒衣の人魚姫」と呼ばれる絶滅危急種指定の水性哺乳類アマゾンマナティーの保全と研究に取り組む海洋生物学者です。

その菊池夢美さんが、6月18日の情熱大陸の主人公なのですが、10年以上研究を続けながらも

  • 「未だにアマゾンマナティーの事を知りたくてウズウズする」とか
  • 「どうしてこんなに(マナティが)可愛いんでしょう」

と、おっしゃっているのですが、マナティのスローな動きや仕草を見ていると、菊池さんがマナティにハマっていった気持ちが、本当によくわかります。

マナティって、水の中で暮らす生き物ながら魚を食べず草だけを食べるという特徴を持っていて、沖縄の水族館での食事の様子がYoutubeにアップしてあったのですが、餌のレタスを両手で持って食べるしぐさは本当にかわいくて癒やされます。

ここでは、そんな菊池さんのプロフィールや経歴とともにマナティに会える水族館についても調べてみました。

Sponsored Links

マナティの食事風景

まず、マナティの普段ののんびりした動きと、とっても可愛い食事風景(3:45くらい~)を御覧ください。

こちらの沖縄美ら水族館は、菊池さんがマナティーにはまったきっかけになった水族館なのですが、ほんとうに可愛いのです。

体は、私達人間に比べるととっても大きいんですけど、一緒に泳ぐと、どんなに楽しいだろうな、って思ってしまいます。

 

菊池夢美さんプロフィール

菊池さんとマナティ

引用:http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/web/15/120300018/120800007/

  • 菊池夢美(きくち むみ)
  • 生まれ年:1981年
  • 出身地:東京都
  • 学歴:東京大学大学院農学生命科学研究科博士課程修了
  • 博士号(農学)取得。
  • 結婚:2歳年下のご主人と結婚7年目
  • 「妖怪ウォッチ」と「吉本新喜劇」をこよなく愛す。

子供の頃から動物好きだった菊池さんは、手塚治虫の漫画「タイガーブックス」に影響を受け、日本大学生物資源科学部に進学。

こちらがそのタイガーブックスです。

タイガーブックス(1) (手塚治虫文庫全集)

アマゾンの中身検索でチラミすると、とっても懐かしい絵柄です。

アマゾン中身検索

引用:アマゾン中身検索

ただ、日本大学生物資源科学部で扱っている動物たちは、畜産系の動物ばかりで、野生動物を知りたかった菊池さんにとっては、なんだかちょっと違うな、とおもっていたそうです。

そんな時、旅行で訪れた「沖縄美ら海水族館」で初めて出会ったマナティーの美しさに一目惚れ。

Sponsored Links

ところが、いざマナティに関して調べようとすると目ぼしい資料がありません。「それならば自分が!」とマナティー研究家の道を歩みはじめたのだそうです。

現在は、京都大学野生動物研究センターに所属しながら、1年の3分の1を現地ブラジルの国立アマゾン研究所で過ごし、南米のアマゾン川流域にのみ生息し、国際自然保護連合(IUCN)の絶滅危急種に指定されている水性哺乳類 “アマゾンマナティー”の研究をされています。

具体的には、2007年よりブラジルの国立アマゾン研究所との共同研究を開始し、動物搭載型の記録装置を用いたアマゾンマナティーの行動把握のための手法開発を行なっていらっしゃいます。

2009年には、保護したアマゾンマナティーを再び川へと放流する野生復帰事業に参加。

2016年1月、京都大学と国立アマゾン研究所の共同プロジェクト(SATREPS「“フィールドミュージアム”構想によるアマゾンの生物多様性保全」)により、7年ぶりにアマゾンマナティーの放流を実施。

マナティについて

もともとマナティは、水の中で暮らす生き物ながら魚を食べず草だけを食べるという変わった特徴を持ち、「人魚姫のモデル」とも言われています。

その中でも、アマゾンマナティは、アマゾン川特有の透明度の低い濁った水中で一生を過ごすために、野生個体を発見する事さえ困難で、その生態は謎に包まれているのだそう。

マナティは

  • アメリカマナティー
  • アフリカマナティー
  • アマゾンマナティー

と3種類のマナティに分けることができ、アマゾンマナティの特徴は、背中は黒いけれど、お腹側には白い斑紋があって、それぞれに違った模様は個体識別に使えるのだそうです。

また、淡水適応種だからか、アマゾンマナティーは皮膚がすべすべなのに対し、フロリダマナティーはゾウみたいな皮膚で、同じマナティーでも生息地が違えば見た目も生態も全然違うのだそうです。

マナティーのいる水族館

日本に、マナティーのいる水族館は4箇所です。

沖縄県の美ら海水族館

  • 住所:沖縄県国頭郡本部町字石川424
  • 営業時間:8時30分~19時00分
  • 電話: 0980-48-3748
  • URL:https://churaumi.okinawa/

香川県の新屋島水族館

三重県の鳥羽水族館

  • 住所: 三重県鳥羽市鳥羽3丁目3-6
  • 営業時間:9:00~17:00(年中無休)
  • 電話:0599-25-2555
  • URL:http://www.aquarium.co.jp/

静岡県の熱川バナナワニ園

http://www4.i-younet.ne.jp/~wanien/index1.htm

日本で唯一、アマゾンマナティがいるところです。

1969年4月12日に来園して推定54歳になる雄のマナティで、今までお名前がなかったようで、一般公募されていました。

そろそろお名前が決まっている頃のはずです。

まとめ

ここでは、マナティ・海洋生物学者の菊池夢美さんについて、プロフィールとともにマナティに会える水族館について調べてみました。

そしてマナティー研究会のフェイスブックに、赤ちゃんマナティへの授乳動画がUPしてありました!

パット見、カバさんのように見えるのですが、個体的にはゾウさんに似ているのだそうです。

感覚器になっているという白く短いお髭も可愛いです。

人気ブログランキングにも参加しています。応援いただけるとうれしいです。

Sponsored Links

-ステキな人々, テレビ, 情熱大陸

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です