直方花火大会2018の交通規制は?駐車場と穴場スポットも調査

のおがた夏祭り今年も、花火大会、JC歌のイベント、追山笠と3つの行事で構成されています。

そのなかでのおがたの花火大会は、直方市の遠賀川沿いの直方リバーサイドパークを会場に、追山笠の後の時間に1時間にわたって打ち上げられ、九州内でも7位の規模と人気を誇る花火大会です。

そして、のおがた花火大会最大ののウリは、打ち上げ場所と観覧席の近さ!

よその花火大会では見られない、臨場感ある花火の競演が楽しめ、全長約1kmにわたるナイアガラをはじめ、8号玉など豪華な花火が打ち上げられるさまは圧巻です。

遠賀川のかなり広範囲から花火を見ることが可能で、多くの無料駐車場も準備されるのですが、当日の交通規制もあり、付近は夕方から大混雑です。

ここでは、直方の夏祭り花火大会について、交通規制や駐車場、穴場スポットについてまとめています。

Sponsored Links

直方花火大会の日時や場所

http://blog.goo.ne.jp/nonbiri-arukuyama/e/2e8178ee632814b47695b4f02372a896
  • 開催日時: 2018年7月29日(日曜日)20:00~21:00 *荒天時は7月31日(火)か、8月6日(月)のいずれかに順延予定
  • 住所・場所 福岡県直方市殿町 直方リバーサイドパーク(直方市役所下 遠賀川河川敷=のおがたチューリップフェア会場)
  • 駐車場 :臨時駐車場約1450台、周辺に民間駐車場あり
  • トイレ :臨時トイレ34基
  • 会場周辺は18:45~22:00まで交通規制あり。

会場になる遠賀川の河川敷には、沢山の屋台も!

そして花火は本当に豪華です。

交通規制マップ

直方夏まつり・花火大会当日は追山笠コースが交通規制されます。

こちらは、2017年度の交通規制と無料駐車場地図。

例年ほぼ同じ時間帯とコースなのですが2018年度はまだ未定ですので、詳細が発表され次第変更していきますね。

直方花火2017交通規制

直方花火のアクセスと行きかた

*会場周辺は臨時の交通規制があります。

場所:福岡県直方市殿町 直方リバーサイドパーク(直方市役所下 遠賀川河川敷)

徒歩の場合

  • JR九州直方駅から徒歩約15分
  • 平成筑豊鉄道直方駅から徒歩約15分
  • 西鉄バスセンター、筑鉄の筑豊直方駅から徒歩約15分

お車の場合

  • 九州道八幡ICまたは北九州都市高速道馬場山ICから国道200号で直方方面へ車で15分
  • 会場周辺は18:45~22:00まで交通規制あり。

無料駐車場まとめ

直方花火大会の会場となるリバーサイドパーク(直方市役所下 遠賀川河川敷)周辺にはかなり沢山の駐車場が準備されます、

それでも、例年の人出が12万人という大きな花火大会なので、駐車場は早めに確保しておいたほうがよさそうです。

⇒ 多賀神社駐車場(福岡県直方市直方701)

⇒ 直方市河川敷公園駐車場 国土交通省上流(Googleマップで確認はこちら)

⇒ 直方市河川敷公園駐車場 消防署下(Googleマップで確認はこちら)

⇒ 直方市河川敷公園駐車場 合同庁舎下(Googleマップで確認はこちら)

⇒ もち吉駐車場(Googleマップで確認はこちら)

Sponsored Links

⇒ 菜の花大橋下駐車場 西(Googleマップで確認はこちら)

⇒ 菜の花大橋下駐車場 東(Googleマップで確認はこちら)

⇒ 直方体育館(直方市直方674-25)

穴場スポット

直方花火
http://blog.goo.ne.jp/nonbiri-arukuyama/e/2e8178ee632814b47695b4f02372a896

直方(のおがた)花火大会の会場はとても広いので、人はとても多いのですが、比較的ゆっくり見ることができ、実はあまり穴場を気にする必要はないんですよ!

とはいっても、もっと静かに鑑賞したい方にとっては、ゆっくり出来るスポットが気になりますから、ちょっと静かに鑑賞できる穴場スポットをピックアップしました。

遠賀川緑地

こちらも比較的人は多いのですが、メイン会場に比べると静かに鑑賞できます。

博識稲荷神社

須賀神社

ハローデイ直方店

ハローワーク直方

花火大会の対岸にあるため、比較的人も少なく、見晴らしの良いスポットです!

ヤマダ電機テックランド直方店

他にも、会場周辺の施設などを利用することが出来ます。

小さなお子様連れ等の場合は特に、トイレの心配がないことが鑑賞するポイントにもなっていますから、会場からは少し離れてしまいますが、穴場スポットを目指したほうがよいかもしれませんね。

直方の花火大会は直方夏祭りの一環で行われるものですが、この直方夏祭りのもう1つの大きな見どころは花火打ち上げ前の追山笠!

直方夏祭りのこの追山笠からが、地元の直方市民にとっては夏の始まりを感じる大切な行事で、近くで見ると鳥肌が立つほど迫力満点です!

直方追山笠

・日時:7月30日(日)午後7時10分から

このお祭りは、直方市の多賀神社に奉納される山笠行事で、 約300年前から続きます。

多賀区流、古町北区流、古町中区流、新町流の4つの流れがあります。

こちらの動画は、昨年2017年の動画なのですが、多賀区流の龍の基地から吹き出る白煙がお祭り気分を一気に盛り上げてくれています。そして、この追い山が終わるころにはすっかり日が暮れて、花火大会がはじまります。

 

まとめと感想

ここでは、九州でも7位の人気を誇る直方夏祭りのフィナーレを飾る2018年の直方花火大会について交通規制や駐車場と穴場スポットについてまとめています。

直方夏祭りは300年続くお祭りで、1日中、街が一丸となるお祭りはそれほど多くはないんじゃないかと思います。

追山笠からフィナーレの花火大会と、毎年多くの観光客が訪れるこのお祭りは、福岡県内でも大きなお祭りの1つです。

ちょうど夏休み期間に開催される夏祭りや、花火大会に合わせて、旅行会社からも観光地巡りとパックになった花火ツアーも目移りするほど沢山企画されています。

開催場所によっては、日帰りで参加できるバスツアーなんかもあるのでチャックしてみてくださいね!

⇒ クラブツーリズム テーマ旅行

引用:クラブツーリズム テーマ旅行

⇒ クラブツーリズム テーマ旅行

人気ブログランキングにも参加しています。応援いただけるとうれしいです。


人気ブログランキング

Sponsored Links