ステキな人々 テレビ 人生の楽園

志々島のくすくすとゲストハウスきんせんかの行き方アクセスは?

投稿日:

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

「休けい処 くすくす」「ゲストハウスきんせんか」のある、香川県三豊市志々島は、瀬戸内海に浮かぶ車も信号もない周囲約3.8kmの小さな島。

この志々島で島おこしを始めた、山地常安さん(65歳)と妻・綾子さん(65歳)が4月8日の人生の楽園の主人公です。

ここでは、村おこしのためにオープンした「休けい処 くすくす」と観光客が宿泊できる「ゲストハウスきんせんか」の行き方やアクセス、また宿泊料金についても調べました。

Sponsored Links

休けい処 くすくすオープンのきっかけ

山地さん

http://www.tv-asahi.co.jp/rakuen/

志々島生まれの常安さんは、4歳のときに家族と神戸に移り住み、妻の綾子さんを連れて故郷の志々島にUターンしたのは50代半ばでした。

昭和初期には、花卉栽培(かきさいばい)が盛んで、人口が1000人を超えた志々島ですが、現在島で暮らす人は17人となっています。

*花卉栽培(かきさいばい)とは、観賞用の植物を育てる仕事です。

故郷の過疎化を目の当たりにした常安さんは「島に人を呼び込もう」と動き出しました。

まずは、妻の綾子さんとともに、観光客や島の人がくつろげる「休けい処 くすくす」をオープン。

続いて宿泊施設の構想を抱き始めると、常安さんの前に心強い仲間が現れたのです。

同じく志々島にUターンしてきた北野省一さん(76歳)と、連絡船が出航している詫間町で不動産業を営む井出喜久美さん(46歳)です。

常安さんを含めた三人は、島の活性化を目指し『志々島振興合同会社』を設立し、島で唯一の宿泊施設となる「ゲストハウス きんせんか」をオープンさせたのです。

ほかにも、移住促進のためのイベントを開催したり、島の未来に向けた活動を続けており、目標は「島民を30人に増やす」こと。

休けい処 くすくす

くすくす看板

http://mitoyo-honmamon.seesaa.net/article/399634691.html

休けい処くすくすは、志々島唯一の無料休憩所&カフェで、場所は、船着き場の目の前とあって、船の待合所としても利用されています。

くすくす外観

http://mitoyo-honmamon.seesaa.net/article/399634691古民家を改装して作られたクスクスは、外観もそのまま民家。

室内も、押し入れがそのまま残っていたりして、おばあちゃん家に遊びに来たみたいというほど、ほっこりした空間になっています。

くすくす内装

http://mitoyo-honmamon.seesaa.net/article/399634691.html

カフェメニューは探しきれなかったのですが、飲み物やアイスのほか、志々島の特産品を使ったスイーツやドリンクもありそうです。

カフェが併設と言っても、持ち込みもOKだそうです。

お土産も売られていて、ヤギさんのまぐかっぷが人気のようですね!

この島のお接待として、蚊取り線香の貸し出しがあったのでそれを返し、94歳のおばあちゃんにご挨拶。帰りに船待ちで休憩所「くすくす」に寄りました。素敵なママが笑顔で迎えてくれました〜〜☆志々島は小さな島ですが、ゲストハウスも出来たそうで2000円で泊まれるそうです。食べ物は持参にて☆盆踊りのポスターが手描きで可愛かった…。ヤギのリンゴとミカンとチョコにも会えました☆素敵な午前中でした〜〜☆

Sponsored Links

TOYOSHIma-maSAMIさん(@yambe2000)がシェアした投稿 –

くすくすの店舗情報

営業時間

営業時間は、船の出発と到着に合わせての短い時間で

オープン時間が、以下のようになっています。

  • AM だいたい:10:30~11:30
  • PM だいたい:14:30~15:30

こんなゆったりした感じもうれしいですね。

クスクスオープン時間

住所・電話番号

  • 所在地:〒769-1109 香川県三豊市詫間町志々島172
  • 電話番号:090-1598-5885

くすくすの行き方・アクセス

くすくす場所

http://mitoyo-honmamon.seesaa.net/article/399634691.html

場所は、志々島港のすぐ目の前!

志々島へのアクセスJ

1.JR詫間駅より三豊市コミュニティバスで

  • 【詫間線(名部戸行(ナブトイキ))】
  • 【詫間三野線(大浜行)】
  • 【高瀬仁尾線(大浜行)】のいずれかに乗車後、【詫間庁舎】バス停で下車。

2.詫間庁舎バス停より、徒歩約3分の宮ノ下港より定期船に乗車

  • 三豊市詫間町のマリンウエーブすぐ横にある宮の下港から、片道20分。
    (一日3往復の直行便定期船がでています)
  • 須田港から粟島を経由していく定期便があります。

船宮の下港 ~ 志々島
08:30発 ~ 08:50着
12:45発 ~ 13:05着
16:15発 ~ 16:35着

船志々島 ~ 宮の下港
07:25発 ~ 07:45着
11:30発 ~ 11:50着
15:50発 ~ 16:10着

詳しい時刻表 ⇒ 粟島汽船のご案内

ゲストハウスきんせんか

ゲストハウスキンセンカ

ゲストハウスきんせんかは、島唯一の宿泊施設で築150年の空き家をリフォームして作られています。

山地さんと仲間たち三人は、島の活性化を目指し『志々島振興合同会社』を設立。

自己資金に補助金、また準備金にはクラウドファンディングで調達し、2016年5月にオープンさせたのがこの「ゲストハウスきんせんか」です。

ゲストハウスきんせんかの宿泊料金

  • 1泊素泊まり:2,000円
  • 宿泊は最大1組7名まで可能
  • 予約:0875-83-5740(志々島振興合同会社)

以下、志々島振興合同会社さんのフェイスブックです。

まとめ

ここでは、は、瀬戸内海に浮かぶ車も信号もない周囲約3.8kmの香川県三豊市の小さな志々島の「休けい処 くすくす」と観光客が宿泊できる「ゲストハウスきんせんか」についまとめています。

志々島は、家屋は残っているもの現在は、ほとんど廃墟です。

ただ、過去には映画の撮影にも使われていたほど、風情ある美しい村なんですよ。

この放送がきっかけで、島が少しずつ活性化していくとよいな、と思いました。

 

人気ブログランキングにも参加しています。応援いただけるとうれしいです。

Sponsored Links

-ステキな人々, テレビ, 人生の楽園

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です