ステキな人々 スポーツ

須藤澄玲(すみれ)とフランシス・ブドロー・オデのインスタや動画まとめ

投稿日:

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

須藤澄玲とフランシス・ブドロー・オデ02

フィギアの須藤澄玲(すどうすみれ)とフランシス ブードロ・オデのペアが2016年の日本選手権で初優勝を飾ったこともあり大注目されていますね。

もうこの2人、注目は滑りだけではなく、とってもお似合いのペアで、息もピッタリで美しいのです。

画像のショットによっては、まるで恋愛映画でも見ているようなドキドキやワクワクが体験できて、スケートってこんなにも美しいものかと再認識させてくれるようです。

ここではそんな須藤澄玲(すみれ)選手とフランシス ブードロ・オデ選手インスタを含めたプロフィールや動画をまとめています。

Sponsored Links

須藤澄玲選手とフランシス ブードロ・オデ選手動画

まず、須藤澄玲選手とフランシス ブードロ・オデ選手の2016-2017シーズン最後を飾る国別世界選手権2017のインタビュー動画がこちら。

後にお二人の身長のことにも触れますが、身長差が何と34cmもありました!

それにしても、フランシス ブードロ・オデ選手イケメン過ぎます。

 

この試合で今期は見納めになります。

お二人が出演するのは、この大会の最終日の4月23日。

テレビ放映されますよ!

⇒ 世界フィギュアスケート国別対抗戦2017のテレビ時間と見どころ出場選手まとめ

2017年2月フリースタイル動画

続いて、須藤澄玲選手とフランシス ブードロ・オデ選手の1番あたらしい動画が、こちらの2017年2月フリースタイルの動画です。

スタート前の握手からはじまって、手をごっつんさせた後にいきなりダイナミックな滑りに入っていくのですが、前半すぐに、須藤澄玲選手が高く放り投げられるシーンはドキドキです。

地上で運動靴を履いていても、上から降りてくる人を支えるってかなりの力とバランス感覚が必要だと思うのですが、フランシス ブードロ・オデ選手にガッツリフォローされ何もなかったように滑り出しす須藤澄玲選手が、とっても可憐で可愛いのです。

このフリースタイルで使われているプログラム曲や振り付けは以下のとおりで、曲もとっても良いですね。

FS曲:映画『シェルブールの雨傘』より
作曲:ミシェル・ルグラン
振付:ジェリー・マルコット

 

ショートプログラム動画

続いてこちらは2016-2017のショートプログラム

今曲はおなじみの「さくら」です。
こちらはきょくが比較的スローなこともあってフリーとはまたちょっと違ったイメージです。

こちらの見どころは、もちろん放り投げシーンもあるのですが、須藤澄玲選手が高く持ち上げられるシーン。

時間も長く、お互いの腕だけで体ってこんなに長時間支えられるのか?と思ってしまいます。

ショートプログラムなので演技の時間は短いのですが、ドキドキを是非どうぞ。

SP曲:さくら
作曲:森山直太朗
演奏:アンドレ・リュウ
振付:ジェリー・マルコット

動画を見るとよく分かるのですが、須藤澄玲とフランシス・ブドロー・オデ選手の身長差が物凄く気になります!

と思ったら須藤澄玲選手、身長151cmととっても小柄出キュートでした。

一方のフランシス・ブドロー・オデ選手の身長は185センチ!須藤澄玲選手とは、34センチもの身長差があるんですね。

須藤澄玲選手がフランシス・ブドロー・オデ選手とペアを組んだのは前シーズンの2015-16シーズンからです。
それまでは別の方とペアを組んでいらっしゃいました。

前の方ともそこそこの成績は残せているのですが、今回ペアのフランシス・ブドロー・オデ選手とのほうが相性が良いようです。

2人がペアを組んだ時のお互いの印象は、以下のように語られています。

須藤澄玲選手は、

「フランシスとは最初から相性が良いと感じました 素晴らしいパートナーにも巡り合えましたし、今は本当に充実しています」

フランシス・ブードロー・オデ選手は、

「素晴らしいパートナーと巡りあえて、よかったと感じています  澄玲は天からの贈り物だと感じました 私は本当にラッキーだった」

お二人の演技は、須藤澄玲が小柄な故にできる演技なのかもしれませんが、とにかくこのお二人お似合いすぎます。

Sponsored Links

須藤澄玲(すどうすみれ)選手プロフィール

  • 須藤澄玲(すどう すみれ)
  • 生年月日:1997年11月12日(2017年4月時点で19才)
  • 出身:神奈川県横浜市
  • 身長:151センチ
  • 横浜英和女学院中学校卒
  • 東京インターハイスクール在学中

須藤澄玲選手がスケートを始めたきっかけは、5歳の頃。テレビで見たスケートの演技に魅了されたのがきっかけだそうです。

その後、8歳になる頃から本格的なトレーニングを始め、横浜英和女学院中学校を卒業後はアメリカに渡って、現在もアメリカにお住まいです。

須藤澄玲選手が卒業した横浜英和女学院付属中学校は、横浜で100年以上の歴史を持つ、、キリスト教系の中高一貫の名門校です。

ところがこちらの高校には進学せずに、高校は東京インターハイスクールという通信制の私立高校に通っていらっしゃいます。

須藤澄玲選手は、ペアスケートのために活動拠点をアメリカにおいていることと、スケート中心の生活は、出席日数の兼ね合いもあり通常の学校ではやはり通学は困難なようですね。

通信高校と言っても、この高校の卒業生は、早稲田、慶応、上智などの有名私立大学の他、東京外語大学などの国立大学もあるようです。

また、有名スポーツ選手の場合は、推薦入学制度もありますから国内に進学される場合は、推薦枠が使えそうです。

須藤澄玲選手のインスタ

須藤澄玲選手のインスタがこちら。なんだか恋愛映画のワンシーンのように綺麗でうっとりしてしまいます。

フランシス・ブードロー・オデ選手プロフィール

  • 名前:フランシス・ブードロー・オデ
  • 生年月日:1993年11月8日(2017年4月時点で23才)
  • 身長:185センチ
  • 出身:カナダ

フランシス・ブードロー・オデ選手は、2015年シーズンまでは古賀亜美選手とペアを組んでいて、2014年全日本ジュニア選手権で優勝、世界ジュニア選手権でも6位に入賞して、先に知られていた選手です。

フランシス・ブードロー・オデ選手のインスタ

フランシス・ブードロー・オデ選手のインスタは、おちゃめでとっても楽しそうな画像がUPされてます。
ペアの須藤澄玲選手とも凄く楽しそうですね。

チームアジアがんばれ! Go Team Asia! #teamchallengecup #チームチャレンジカップ

Francis Boudreau-Audetさん(@frankbouds)がシェアした投稿 –

まとめ

ここでは、昨年2015-2016シーズンからペアを組んで活躍する須藤澄玲(すみれ)選手ととフランシス・ブドロー・オデ選手について、インスタを含めたプロフールや動画をまとめてみました。

今期最後の国別の選手権も凄く楽しみです。

⇒ 世界フィギュアスケート国別対抗戦2017のテレビ時間と見どころ出場選手まとめ

人気ブログランキングにも参加しています。応援いただけるとうれしいです。

Sponsored Links

-ステキな人々, スポーツ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です