高台寺紅葉2017の見頃の時期は?周辺見どころも合わせて調査

紅葉

京都・東山エリアにある高台寺は、周辺にある臥龍池、偃月池、圓徳院などとともに紅葉の名所として知られています。

そして紅葉場見頃をむける時期には、多くの観光客が訪れる人気スポットです。

また、高台寺は豊臣秀吉ゆかりの寺でもあり、正室である北政所(ねね)が、秀吉の菩提を弔うために建立されたことでも有名です。

ここでは、高台寺の2017年の紅葉見ごろ時期や、周辺の見どころについてまとめています。お伝えします。

Sponsored Links

高台寺の紅葉について

高台寺は全国でも人気の高い紅葉スポットで、境内の至る所でヤマモミジ、イロハモミジの紅葉を楽しむことができます。

また、高台寺はもちろん、周辺にもたくさんの紅葉の名所が点在しています。

高台寺紅葉の見頃

高台寺の紅葉の見頃は例年11月中旬~12月上旬です。

10月中旬以降色づきはじめていますので、例年とほぼおなじ時期くらいに見頃のピークをむかえそうです。

昨年は12月上旬でも既に散りかけていたようですね。

高台寺と周辺の紅葉の見所おすすめスポット

高台寺の紅葉と同時に、同時期に紅葉する周辺も高台寺とわせて見どころスポットです。

高台寺周辺紅葉
引用:http://enjoy-jp.net/kansai/sightseeing/koudaiji/

臥龍池(がりょうち・10)・偃月池(えんげつち・5)

高台寺紅葉
引用:http://goinjapanesque.com/ja/04855/

上記マップの上部にある臥龍池(地図10)と西の偃月池(地図5)は高台寺の敷地の中にあります。

昼間は水面に紅葉が反射し、夜は池の周りの紅葉と月が鏡のような池に映ってとてもきれいです。

撮影ポイントとしてもおすすめで、特に風の少ない日は池にくっきりと紅葉が映り込むので必見ですよ。

Sponsored Links

霊屋(おたまや・11)

高台寺紅葉

引用:http://takaoka.zening.info/Kyoto/Higashiyama/Kodaiji_Temple/Otamaya.htm

園内マップの10番、霊屋(おたまや)は、秀吉とねねを祀っており、「高台寺蒔絵」と呼ばれる壮麗な蒔絵が施され、桃山時代の漆工芸の粋を集めたものとして特に有名です。

方丈前庭

高台寺紅葉

引用:http://goinjapanesque.com/ja/04855/

方丈前庭は園内マップで見ると、方丈(地図⑧)の下方にあり上記のマップには入っていないのですが、プロジェクションマッピングが行われるのもこの地点です。
毎年趣向を凝らした照明が、方丈前庭の美しい白砂を彩ります。

他にも、高台寺内には、池泉回遊式庭園や竹林など、沢山の見どころがあります。

圓徳院(えんとくいん)

えんとくいん
http://www.imamiya.jp/haruhanakyoko/colored/info/entoku.htm

圓徳院(えんとくいん)は、高台寺から少し離れた場所にあり、秀吉の妻ねねが、伏見城から化粧御殿と前庭を移築させた雅やかな庭園です。

高台寺の塔頭でもあり、ねねが境内の霊屋に祀られています。

北庭は豪快な石組が特徴で特別名勝に指定されており、白砂の南庭では燃え上がるような真っ赤な紅葉が見られます。

「柔の南庭」と「剛の北庭」の対象的な紅葉美はあまりにも優雅で、しばらくその場を離れたくないほど、ライトアップは圧巻の一言です。

高台寺と圓徳院どちらも行く場合は、高台寺掌美術館や圓徳院で販売している共通割引拝観券(900円)がおすすめですよ。

  • 所在地:京都市東山区高台寺下河原町530

行き方・アクセス

・京都市バス「東山安井」から徒歩5分
・京阪電車「祇園四条駅」から徒歩15分

地図を挿入してください。

まとめ

ここでは、高台寺の2017年の紅葉の見ごろ時期や、周辺の見どころについてまとめています。

紅葉の見頃より一足先にライトアップされている夜の高台寺もとっても綺麗です。

関連記事もどうぞ

⇒ 高台寺紅葉のライトアップ2017の日程と参拝券の購入方法について

人気ブログランキングにも参加しています。応援いただけるとうれしいです。

 

Sponsored Links