野際陽子やすらぎの郷はいつまで出演?直近のストーリーをネタバレ!

野際陽子さんが6月13日に、肺腺がんのため亡くなったことが伝えらましたが、私の中で一番印象に残っている野際陽子さんといえば「ずっとあなたが好きだった」の冬彦さんのお母さん役だった野際陽子さんです。

当時の冬彦さん役だった佐野史郎さんが現在61歳さったことに驚いたのですが、野際陽子さんも81歳になっていらっしゃったとは思えないくらい、お昼の連続ドラマ「やすらぎの郷」に出演なさっていた野際陽子さんはお若いままでした。

ずっとあなたが好きだった DVD-BOX

しかも体調を崩していらっしゃったことも知らなくて、最後の撮影には鼻チューブまでつけての撮影だったとは思えないようなお元気な姿の予告動画が番組の公式サイトにアップしてあります。

ここでは、やすらぎの郷野際陽子さんがいつまでご出演なさるのかと合わせて、直近のストーリーについて調べてみました。

Sponsored Links

野際陽子さん「やすらぎの郷」出演はいつまで?

やすらぎの郷の最終回の詳しい日程は未定のようですが、4月3日放送開始から2クールがよていされていて、9月で最終回を受ける予定になっているようです。

9月といえばまだ3ヶ月もさきだというのに、それまでの期間の、野際陽子さんがご出演なさる回の収録は全て終わっていることもわかりました。

やすらぎの郷の脚本を手がけた倉本聰氏によると、野際さんの体調によって台本は何度も書き換えられていたようです。

13日に肺腺がんのため亡くなった女優、野際陽子さん(享年81)の訃報から一夜明けた16日、遺作となったテレビ朝日系「やすらぎの郷」(月~金曜後0・30)の収録を野際さんが撮り終えていたことが分かった。

9月まで放送される同作で、故人は石坂浩二(75)演じる主人公の妻の親友役で出演。関係者によると、5月8日に入院するまで、鼻にチューブをつけるなどして熱演し、最後まで女優魂を披露。予定されていたシーンはすべて撮り終えていたといい、今後の放送に影響はない。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170617-00000502-sanspo-ent

そんな中、体調を考慮してジョギングシーンを書き換えようとしたところ、本人から「やりたい」と申し出があったという秘話も報道されていました。

最後の収録が行われたのは5月7日。

この日の撮影は、鼻にチューブをつけて臨まれたようですが、スタッフによると「悲そう感はありませんでした」というくらいで、現在6月に放送されている番組は、3月とか4月ごろに撮影されてものでしょうか?

最近の番組でも、来週放送の予告動画を見ても、それほど体調が悪そうには見えないんですよね。

その予告動画がこちらです。

お顔もふっくらなさっていて、冬彦さんのお母さん役の時代からもう25年以上は経っていると思うのですが、全くお変わり無いように見えてしまいます。

やすらぎの郷のストーリー

やすらぎの郷は、中高齢の視聴者に向けた大人のためのドラマで、若者向けのゴールデンタイムに対抗して「シルバータイム」と言われるお昼の時間枠で放送されている番組です。

キャストも有名どころの豪華俳優さんや女優で占められていて、ストーリーも、家族や恋、死への恐怖と、シニアたちが直面するリアルなテーマがちょっとコイカルに表現されています。

Sponsored Links

老人ホーム『やすらぎの郷 La Strada(ラ・ストラーダ。イタリア語で『道』の意味)』に暮らす老人たちの物語。

ここは、厳正な入居資格を通過した、穏やかで心やさしい人物ばかりなのですが、かつて“蝶よ花よ”とおだてられて、華麗な一時代を築いた入居者たちを、主人公の石坂浩二役の菊村の視点で、老人ホームで起きる悲喜交々の出来事が描かれています。

テーマは家族、財産(遺産)、過去への想い、恋、死への恐怖、芸術への心残りと多岐に渡り、『やすらぎの郷』というタイトルとは裏腹に、まったくやすらぐことのできない日々に翻弄される人々のストーリーです。

野際陽子さんがお亡くなりになったことで、この番組を知った方も多いと思うので、来週のネタバレと、過去のストーリーがわかるサイトをお知らせしておきますね。

6月19日(月)~6月23(金)のネタバレ

6月19日(月)~6月23(金)までのストーリーは、犬山小春(冨士眞奈美)の死から2カ月たって、夏を迎えた『やすらぎの郷』に恒例のヌーディスト・ビーチが出現します。
一糸まとわぬ姿で海水浴に興じる井深凉子(野際陽子)と三井路子(五月みどり)に、いつもの磯釣り中にその光景を目にした菊村栄(石坂浩二)は、迷惑そうでもあり、そうでもなさそうでもあり、というところからスタートします。

そして、その晩、井深凉子(野際陽子)から菊村栄(石坂浩二)は、大事な話があると相談を持ちかけられるというストーリー展開です。

日にち別に少し詳しく観ていくと

6月19日(月曜日)放送内容

夏を迎えた『やすらぎの郷』に、恒例のヌーディスト・ビーチが出現する。一糸まとわぬ姿で海水浴に興じるのは、なんと井深凉子(野際陽子)と三井路子(五月みどり)。いつもの磯釣り中に、その光景を目にした菊村栄(石坂浩二)は、迷惑なようなそうでもないような。

6月20日(火曜日)放送内容

菊村栄(石坂浩二)は、井深凉子(野際陽子)の話を聞くために、重い気持ちで山家へと出かけるのですが、栄の悪い予感は的中しました。
以前、菊村栄(石坂浩二)が井深凉子(野際陽子)を諭し破棄させたはずの小説「散れない桜」に、ドラマ化の話が持ち上がっているというのです。
このまま放っておけば原作のモデル・九条摂子(姫/八千草薫)と『やすらぎの郷』創始者・加納英吉を巻き込み、大問題に発展することは間違いありません。
それを見越した井深凉子(野際陽子)は、ある秘策を栄に打ち明けるのでした。

6月21日(水曜日)放送内容

井深凉子(野際陽子)は、原作のモデルの九条摂子(姫/八千草薫)の説得を試みるというのです。
後日、井深凉子(野際陽子)の裏工作は動き出し、姫(八千草薫)には、小説「散れない桜」の話は伏せられたまま、終戦記念番組を制作するにあたり取材の申し入れがあるとだけ伝えます。

6月22日(木曜日)放送内容

午前3時に、突然、菊村栄(石坂浩二)の部屋に九条摂子(姫/八千草薫)が訪ねてきます。

「眠れない」という姫の言葉は、興奮のせいか、それとも年齢のせいか、今ひとつ要領を得ないのですが、そんな姫を見て栄は、亡き妻・律子(風吹ジュン)を思い出してしまいます。

6月23日(金曜日)放送内容

結局、昨夜の夜中3時から、午前10時まで九条摂子(姫/八千草薫)の話を延々と聞かされた菊村栄(石坂浩二)は、疲労困憊してしまいます。

睡眠不足のままサロンに顔を出すと、真野六郎(マロ/ミッキー・カーチス)から、テラスからビーチを眺めるよう勧められ見てみると、そこには女性従業員たちの水着姿が!

さらに、凉子(野際陽子)に促され、財前ゆかり(ハッピー/松岡茉優)たちもヌーディスト・ビーチへ繰り出そうとしているところでした。

と、この週もコミカルに展開していきます。

そして、6月23日(金曜日)放送で60回を迎える「やすらぎの郷」の過去のストーリーまとめはこちらからどうぞ。

⇒ やすらぎの郷ストーリー

まとめ

ここでは、先週、肺腺がんのためにお亡くなりになった野際陽子さんが出演されていた「やすらぎの郷」について、直近のすちーリーのネタバレと、野際陽子さんはいつまで出演されるのかについて調べてみました。

人気ブログランキングにも参加しています。応援いただけるとうれしいです。

 

Sponsored Links