愛子さまの激ヤセ拒食症の危険レベルはどの程度?既に治療も開始!

愛子さま激ヤセ画像が公開されて、関係各所からかなり心配の声があがっています。

宮内庁関係者も、愛子さまの激ヤセに関して、正式に以下のように発表されてもいるほどです。

「愛子さまの症状について、医師による食事の管理や指導を中心とした治療が始められたのです」

愛子さまといえば、幼少期のふっくらとしたホッペがとっても可愛い印象でした。

最初にほっそりやせられたかな?という時期に、炭水化物抜きのダイエットをなさっていたことが報道されていて、随分女性らしく成長されたものだと、誰もが感じていたはずです。

愛子さま01

少女からが女性へと変わっていく、中学生から高校生にかけての変化の時期は、体も女性らしくふっくらしだす時期で、骨盤も発達していきますからどうしても太りやすい時期。

またこの時期、ほっぺが真っ赤になるくらいニキビに悩む方もいらっしゃって、大人になってしまえば、それほど大したことないと思えることにも過剰に気にする年頃です。

でも、愛子さまのホッペはふっくらしていて、ニキビ1つないスベスベ肌です。

中学生から高校生にかけての時期は、女性ホルモンの分泌がまだまだ不安定で、この女性ホルモンって感情のコントロールの決定権も握っているから厄介です。

喜怒哀楽が過剰になりすぎるというのかな?

他人の何気ない言葉に、異様に傷ついたり怒ったり、理性でコントロールするのが難しいのです。

愛子さまも、そういうお年頃ですから、世間の女子と同じ様に容姿を気にしたり、感情コントロールが難しくなっているとは思うのですが、今回公開された画像は、心配レベルを遥かに超えているような衝撃的すぎるものでした。

Sponsored Links

2017年2月の愛子さま

201702激ヤセ愛子さま
http://news.livedoor.com/article/image_detail/12721673/?img_id=12242157

来春、高校に進学される愛こさまは、現在進学のための書類と整えていらっしゃる最中とのことですが、学習院関係者によると、長期欠席などもあり、進学事態にもイエローカードが出ている状態だとか。

「高等科進学の手続き書類は、2月中に提出します。定期テストや美術作品、実技、授業レポートやノート、学習態度などを総合的に見て評価が行われますが、愛子さまは1か月半の欠席もあり出席数が他の生徒と比べて圧倒的に少ない。もちろん、それだけで高校進学が即不可ということにはなりませんが、普通の生徒なら父母が呼び出されて面談などが行われる“イエローカード”の状態といえるでしょう。出典:http://news.livedoor.com/article/detail/12721673/

ただ、愛子さまの心配は、進学できるかどうかというレベルではなく

拒食は危険水域と見られている

とまで、専門家の間では心配されているのです。

拒食症ってそんなに心配なの?

『拒食症』という言葉はよく耳にする言葉ですが、危険度についてはあまり知られていませんが、拒食症は発症したことで死亡に至るケースが多いのが特徴です。

拒食症=食事を拒否すると、読んで字のごとくそのままです。

ただ、健康な私達にとって、食事制限付きのダイエトが長続きしないのは、怠けているからという単純なものでもないのです。

私達の体は、当たり前ですが食べたものから作られています。

Sponsored Links

食べることは、生きていくことの基本条件ですから、ダイエットに失敗する人は、裏を返せは、生命力が強いとも言えるのかもしれません。

拒食症とは?

「愛子さまのお変わり様は、摂食障害のうち、拒食症といっていい状態だと思われます。そういった患者の多くは、やせている状態が心地いい、美しいと思い込んでいることが多いんです。場合によっては命の危険があるにもかかわらず、その危険性を認識することができない」出典:http://www.excite.co.jp/News/society_g/20170222/Postseven_495771.html?_p=2

発症する可能性が高い世代や時期は、圧倒的に思春期の愛子さまと同じくらいの頃が多いのです。

原因は主にストレスです。

拒食症の原因は、人によって違いますが、おもな原因はストレスだと言われています。

最近の研究では、低血糖症から拒食症引き起こすこともあると言われていますが、詳しいメカニズムはわかっていません。

摂食障害に陥りやすい性格は?

摂食障害に陥りやすい性格は

  • 完璧主義者
  • 優柔不断な人
  • 自分に自信がない人
  • ストレス発散できない人

などです。

愛子さまの場合は、過剰な「炭水化物抜きダイエット」が引き金だったともいわれています。

危険レベルってどれくらい?危険なの?

拒食症の危険レベルというのは、『命にかかわるほどのレベル』です。

どういう風に命にかかわるレベルなのかというと、

  • 拒食症であることが苦になって自殺してしまったケース
  • 食事を摂らずに体重が減少していくことから栄養不足で死亡するケース

精神的疾患が原因で死亡することはあまり見られることではないので、死亡率から見ると非常に珍しい疾患であることが拒食症の特徴になります。

拒食症を発症すると食事を摂れなくなるために、当然体重が激減していきます。

その体重の減り方は、健康的なダイエットで体重が減少していく場合とは全く違っていて、標準体重の20%まで落ちてしまうと拒食症を発症している恐れが高いとされています。

さらに

  • 体重が30kgになった時点で入院を余儀なくされます。
  • 25kgを切ってしまった場合は死亡する確率が一気に高まります。

愛子さまの場合は、まあ学校に居っていらっしゃり、入院とまでは行っていらっしゃらないようですが、見た目でもかなり危険なレベルであるらしいことは素人にもわかるほどですね。

愛子さまの治療と改善策はどういうふうに行われている?

まず、拒食症は長期化するケースが多く、一旦落ち着いた症状が、成人後に仕事や家庭のストレスで再発することもあります。

思っている以上に、完全回復への道は険しいもの。

では、愛子さまの場合は、どういうふうに治療が行われているのでしょうか?

以下は愛子さま担当のお医者様ではなく、一般的な拒食症についての治療法ですが精神科医によると、以下のように述べられています。

「一般的には、拒食症患者は本人が高カロリーだと考えるものを口にしない傾向があり、最近では炭水化物を抜いているケースが多く見受けられます。そのため、ご飯や麺類、パンなどの炭水化物と、体を作るのに重要なたんぱく質を多く含む肉や魚、豆腐などを中心にしたメニューが組まれます。ただ、不食もしくは極度に少ない食事、あるいは野菜しか食べないなどといったことを続けていた場合には、いきなり普通の食事を取ろうとしても内臓への負担が大きいので、おかゆなどで慣らすという細かい配慮が必要になってきます。加えてメンタル面のケアも重要になってきますので、一朝一夕で“治った”なんてことにはなり得ません」

まとめ

ここでは愛子さまの激ヤセ画像とともに、ささやかれている拒食症についてまとめてみました。

拒食症の原因の多くは、ストレスから発症します。

愛子さまの場合、思春期のへ心とカラダの変化にうまく適応できなかったことや、一般人の私達に比べると、世間からの注目度も高いために、いつも緊張状態にあり、気を休める暇もなく、精神の疲れは、想像以上だったのかもしれません。

まだまだお若い愛子さまですから、早く元通りふっくらとした健康な姿にもどてくれることを願います。

Sponsored Links