有森也実のいぬむこいり画像をチョイス!映画の口コミや感想は?

2017-05-20

いぬむこいり02

有森也実(なりみ)さんが主演を務める、5月公開の映画「いぬむこいり」が話題になっていますね。

有森也実さんといえば、「東京ラブストーリー」の 関口さとみ役で、優柔不断な役柄を演じて、ちょっとイライラさせられた世代も多かったかもしれません。

有森也実さんの役は、永尾完治役の織田裕二さんと、赤名リカ役の鈴木保奈美さんの間で、本当にどこにでもいそうなタイプの役どころで、結局このストーリでは、永尾完治と結婚することになるんです。

完治とリカの、ハッピーエンドを期待していた視聴者にとってはまさかの展開で、ドラマの中の役どころとは言え、当時は女性からの嫉妬やブーイングも多かったきおくがあります。

「関口さとみは嫌い」=「有森也実は嫌い」という、なんとも理不尽な図式もできあがていたような。

最近は、あまりテレビでお見かけすることもなくなっていた有森也実さんですが、今月中旬に公開予定の映画が、かなり話題になっていてびっくりしています。

その映画は、「いぬむこいり」というタイトルで、4時間にも及ぶ長編。

そしてこの「いぬむこいり」で主役を演じる有森也実さんは、以前の清純派イメージはどこにもなく、一糸まとわぬ姿で、大人の女性の色香をたっぷり放つようなハードな作品なんだとか。

ここでは、有森也実さん主演の「いぬむこいり」の画像やネタバレ内容と見た方の感想や口コミ、またプロフィールともに結婚旦那について調べてみました。

Sponsored Links

映画「いぬむこいり」

こちらが有森也実さん主演の「いぬむこいり」のプロモーション動画です。

 

有森也実さんが主演を務めている「いぬむこいり」(太秦)は、お姫様と家来の犬が結婚する『犬婿入り』の民話をもとにしたファンタジーで全4章で構成。

ストーリーのネタバレ

ストーリーをちょっとネタバレすると

有森也実さんの役柄は、アラフォーの冴えない独身女教師。

生徒にナメられっぱなしのダメ教師で、私生活でも二股をかけられたフィアンセにフラれると「島へ行け」という天からの啓示を受けて南の島へ向かうというストーリーです。

途中、ペテン師、武器商人、土建屋の革命家など強烈なキャラクターと出会い、運命を翻弄されていきんがら、天啓を受けた島を目指すと、船は嵐で遭難。

漂着した無人島で出会った不思議な青年・翔太に助けられるというストーリーです。

そして、無人島で助けてくれた親切な翔太の正体は、犬の顔をした「犬面人」で、ここからが、有森也実さんの大人の女性の色香がたっぷりのハードな内容に展開していくようです。

このハードな内容というのはさすがにここには書ききれなく、官能小説並かそれ以上の展開が待ち受けているようで、詳しいことは別サイトに掲載されていました。

⇒ 「いぬむこいり」のストーリー詳細

いのむこいりの画像まとめ

こちらは鹿児島の指宿で撮影された、漂着シーンです。

いぬむこいり

無人島内を、散策しているところですね。

ここではまだ、この親切な翔太が犬男だとは気づいていません。

いぬむこいり04

これも無人島内のシーンです。

一緒に生活しますから、有森さんが抱えているのは食料になる、野草でしょうか?

いぬむこいり03

また、小さい画像ですが、こんなシーンもあるようです。

右側の画像はすでに犬男に変わってしまった翔太なので、このあと、ハードなシーンに続いて行くのでしょう。

http://www.dogsugar.co.jp/inumuko_story.html

 

口コミ・感想

4時間超えの長丁場な作品であることと、過激なしーんがかなり盛り込まれた作品でもあるので、見た方の感想が気になって、ツイッター上から拾ってみました。

過激なシーンに対する感想は今のところあんまりなかったですね。

Sponsored Links

 

有森也実さんのプロフィール

こちらは前出の「東京ラブストーリー」のワンシーンの有森さんです。

清純そのものそうですね。

  • 本名: 有森 也実
  • 生年月日: 1967年12月10日(49歳 2017年5月現在)
  • 出生地:  神奈川県横浜市
  • 血液型: O型
  • 学歴:明治大学付属中野高等学校定時制卒業
  • 職業: 女優
  • 活動期間: 1984年

芸能界デビューのきっかけは、中学3年生の時にファッション雑誌の専属モデルとなったことで、

映画デビューは、1986年、ミニシアター系映画『星空のむこうの国』にヒロインとして出演したこと。

同年、『キネマの天地』でもヒロイン役を演じ、第29回ブルーリボン賞新人賞、第10回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。

1991年放送のテレビドラマ、『東京ラブストーリー(フジテレビ)』への出演で大注目されたのがきっかけで、女優としての地位を確立し、活動を続け、主に助演としての出演のほか、森光子主演の『放浪記』などで舞台女優も務めています。

今のようなセクシー路線に傾き始めたのが、2002年に出版された有森也実さん自身の写真集です。

有森也実写真集

この写真集では、ご覧の通りセミヌードが披露され、『新・仁義の墓場』でも大胆なシーン演じて、それ以降、ハードなシーンにも出演なさるようになっています。

ハードなシーンで有名なのがこちら。
タイトルもなんだか意味深です。

アマゾンから内容を調査してみると、以下のようになっています。

暴力団の若頭と、愛人との間に生まれた少女・結。
同級生達からの凄惨ないじめ、父親に隷属する母親、父親からの歪んだ愛情・・・
すべてに耐えきれず、結は逃げるようにして家を飛び出す。
そんな様子を、陰からじっと見つめている男がいた。男の名前は設楽。
恋愛も生き方も、すべてが不器用な中年ヤクザ。
「この子を助けなくては・・・」結に心酔した設楽は、奇妙な高揚感と使命感のうちに、彼女を廃墟の一室に誘拐・監禁してしまう。
食事を与え、服をぬがせ、髪を染め・・・設楽は時間をかけて、結を自分の理想の女に飼育していく。
両手両足の自由を奪われ、自分の過去を知る男から飼育される奇妙な生活。結は徐々に抵抗する力を失い、やがて服従しはじめる。
やがて二人の間に生まれる禁断の愛の行方とは・・・引用:アマゾン

この作品も、「いぬむこいり」の監督映画で、かなりハードなシーンが含まれているようです。

TAP 完全なる飼育 [DVD]

結婚や旦那は?

有森也実さんは、いアマまでに何度か俳優さんとの噂はあったものの、ご結婚はされておらず独身です。

恋愛に対しては、かなり積極的です。

 

付き合っていた彼氏が骨折で入院したとき、
有森也実さんが毎日のように長文の手紙を送り続けて、
彼氏がストレスによる胃潰瘍にかかってしまったことがあったとか。。。

ただ、こうなると確かにちょっとウザいかも?

さらに、本当かどうかはわかりませんが

唇が腫れ上がるまで24時間キスし続けた

という情報もネット上で見受けられますね。

ただ、独身と言ってもステキなパートナーはいらっしゃるようで、以前、2013年の連続ドラマ『配達されたい私たち』のトークショーで、記者から「なぜ結婚しないのか?」という質問に対して、

「結婚という形式にとらわれずに、パートナーといられればというところに落ち着いたんです」

と、おっしゃっています。

籍は入っていないだけで、事実婚とか、ちゃんとしたパートナーがいらっしゃるかのうせいは大きいですね。

ただ、私が有森さんのパートナーだったら、今回の「いぬむこいり」は仕事とは言え、受け入れあげることはできるかな?という気がします。

 

まとめ

ここでは、有森也実さんの5月に始まる映画「いぬむこいり」やプロフィールについてまとめています。

人気ブログランキングにも参加しています。応援いただけるとうれしいです。

 

Sponsored Links