SMAPの顔写真が似顔絵風イラストに代わってしまったのはなぜ?理由は?

スポンサーリンク

SMAPメンバーの顔写真が、最近、似顔絵風のイラストに変わっているのにお気づきですか?

こちらは、今日のニフティニュース画面で、幾つかのニュースがSMAP関連のニュースだったわけですがご覧の通り、顔写真ではなくイラストです。

ニフティニュース

出典:https://news.nifty.com/ 

なにやら、SMAPの解散後から、SMAPの映像がテレビで使えなくなっているというのです。

ここでは、元SMAPメンバーの写真が似顔絵風のイラストに変わってしまった理由について調べてみました。

Sponsored Links

年明けからSMAP報道に異変!?

まず最初に異変が起きたのは、年明けに放送されたフジテレビの朝の情報番組『とくダネ!』でした。

『とくダネ!』では、解散間もないSMAPの動向を伝えるニュースを報じたのですが、その時すでに、画面にはSMAP5人の姿が映されることはなく、代わりに精巧な似顔絵風イラストが映し出されていたようです。

12月26日放送のスマスマ(フジ系)最終回では、「世界に一つだけの花」を歌った後に、リーダーの中居正広さんの後ろを向いて涙ぐむシーンがありました。

同じフジテレビ系で放送された番組ですから、当然、その映像はあるはずなのに、イラストに代わっていたのです。

フジテレビだけではありません。

他局も同じで、日本テレビ系『情報ライブ ミヤネ屋』などでも、SMAPのニュースはイラストで伝えていたそうなんです。

元SMAPが似顔絵イラストに代わった理由

SMAP解散後の今年からは、元SMAPのメンバーは個人単位での活動が開始されたわけですが、その場合の報道は、ちゃんと写真が使われています。

個人で活動する場合は顔写真OKで、「スマップの」となるとNGのようです。

写真が似顔絵風イラストに代わった理由は、元SMAPメンバーが所属指定していたジャニーズ事務所の意向によるものでした。

Sponsored Links

はっきりと「SMAPの画像を使うな」と言われたわけではないようですが、

『とくダネ!』で、いち早くSMAPメンバーをイラスト化したフジ系の担当者によると、

「もともと映像の許諾に厳しいジャニーズ事務所が難色を示したんです。最後の『スマスマ』は局の“独占ネタ”なのに、映像も静止画も使わないことになり、イラストを使ったわけです。

情報番組に限らず、バラエティ番組などでも今後はSMAPの映像は出せないと現場は判断しています」出典:https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12180-484211/

とのこと。また、『情報ライブ ミヤネ屋(日本テレビ系)』のディレクターによると、

「うちでもSMAP関連を扱う時は、基本的にスポーツ紙の紙面接写かイラストになりました」

と、日本テレビ系でも、写真は使えないルールになってしまったようです。

「元SMAP」という肩書きもNG

使ってはいけないものは、写真や映像だけではなく、「元SMAP」という肩書きも、テレビでは禁句になりつつあるようです。

今の時期、ちょうど新ドラマが始まる時期で、番組の宣伝で元メンバーが個人で各番組にご出演なさっています。

その現場でも上から『昨年末に解散したSMAPの~』といったことを口にしないようにという通達がでているんだとか。

とある番組の大物司会者は『あえて突っ込んじゃおうかな』と言っていたそうですが、実際の放送ではのスの字も出していなかったそうです。

視聴者側からしてみると、「元スマップの」って言われたほうがわかりやすいし、口で言うことの何が悪い?って思ってしまうのですが、そういった単純ではない事情があるんですね。

業界のなかでは、SMAPが5人揃った映像はもうお蔵入りで、今後何らかの『大事件』とか『再結成』でもない限り、放送されることはないのではないかとさえ言われているようです。

まとめ

著作権の問題などもどんどん厳しくなってきているので、仕方がないのかもしれないけれど、解散と同時に全てを封印、みたいか感じに、残念感たっぷりです。

10年位経って、平成ではない次の時代に慣れてしまった頃に「平成の懐メロ特集」か何かで、若々しいSMAPを見ることになうのかもしれませんね。

確かにこんな時代もあったな、って。

Sponsored Links