夏の甲子園2017の日程は?チケットの値段と買い方・当日券まとめ

高校野球2017

いよいよ、2017年も夏の甲子園・選手権の各校の代表校が決まり大会を待つだけになりました!

今年の注目選手私が一番気になっているのはは、東海大市原望洋の金久保優斗投手です。

各球団のスカウトチームからも注目されている選手で、ドラフトも見据えた甲子園での大注目選手です。

ここでは、2017年の夏の選抜高校野球について、日程やチケットの値段や購入方法、についても調べてみました!

Sponsored Links

2017夏の甲子園日程一覧

開催日 開門予定時間 試合開始時間
8月7日(月)
(第1日)
7:00 9時00分 開会式
10時30分 第1試合(1回戦)
13時00分 第2試合(1回戦)
15時30分 第3試合(1回戦)
8月8日(火)
(第2日)
7:00 8時00分 第1試合(1回戦)
10時30分 第2試合(1回戦)
13時00分 第3試合(1回戦)
15時30分 第4試合(1回戦)
8月9日(水)
(第3日)
7:00 8時00分 第1試合(1回戦)
10時30分 第2試合(1回戦)
13時00分 第3試合(1回戦)
15時30分 第4試合(1回戦)
8月10日(木)
(第4日)
7:00 8時00分 第1試合(1回戦)
10時30分 第2試合(1回戦)
13時00分 第3試合(1回戦)
15時30分 第4試合(1回戦)
8月11日(金)
(第5日)
8:00 9時30分 第1試合(1回戦)
12時00分 第2試合(1回戦)
14時30分 第3試合(2回戦)
8月12日(土)
(第6日)
7:00 8時00分 第1試合(2回戦)
10時30分 第2試合(2回戦)
13時00分 第3試合(2回戦)
15時30分 第4試合(2回戦)
8月13日(日)
(第7日)
7:00 8時00分 第1試合(2回戦)
10時30分 第2試合(2回戦)
13時00分 第3試合(2回戦)
15時30分 第4試合(2回戦)
8月14日(月)
(第8日)
7:00 8時00分 第1試合(2回戦)
10時30分 第2試合(2回戦)
13時00分 第3試合(2回戦)
15時30分 第4試合(2回戦)
8月15日(火)
(第9日)
8:00 9時30分 第1試合(2回戦)
12時00分 第2試合(2回戦)
14時30分 第3試合(2回戦)
8月16日(水)
(第10日)
7:00 8時00分 第1試合(3回戦)
10時30分 第2試合(3回戦)
13時00分 第3試合(3回戦)
15時30分 第4試合(3回戦)
8月17日(木)
(第11日)
7:00 8時00分 第1試合(3回戦)
10時30分 第2試合(3回戦)
13時00分 第3試合(3回戦)
15時30分 第4試合(3回戦)
8月18日(金)
(第12日)
7:00 8時00分 第1試合(準々決勝)
10時30分 第2試合(準々決勝)
13時00分 第3試合(準々決勝)
15時30分 第4試合(準々決勝)
8月19日(土) 休養日
8月20日(日)
(第13日)
8:00 10時00分 第1試合(準決勝)
12時30分 第2試合(準決勝)
8月21日(月)
(第14日)
11:00 14時00分 決勝
閉会式

引用:http://www.jhbf.or.jp/sensyuken/2017/schedule/

Sponsored Links

前売りと当日券の料金はおなじ

高校野球の観戦チケットは、前売り券も当日券も同じ値段です!

一般的な音楽や観劇チケットになると、前売りはグンとお得になっていたりもするのですが、高校野球のチケットはさすがに売上重視ではないのですね。

ただ、座席の確保は、普通にコンサートなどと同じように確実に前売券を購入しておくほうが希望の席が確保できますね。

ただ、盛り上がる決勝戦が近づくにつれて、ぎりぎりにならないと試合の組み合わせが予測できなくなってくるのが難点ではありますが、上手に当日券を購入なさってください!

甲子園チケットの値段・料金について

まず最初に、チケットには座席によって区分けされていて、席によって値段は異なります。

*子供とは、4歳以上小学生以下。3歳以下は無料です。

席 種 一 般 こども
中央特別自由席 2,000円
1塁特別自由席*おすすめ席 1,500円 600円
3塁特別自由席*おすすめ席 1,500円 600円
1塁アルプス席 600円
3塁アルプス席 600円
外野席 無料

おすすめの席はどこ?

甲子園おすすめ席

甲子園観戦のおすすめの席は、1塁側と3塁側の特別自由席の2箇所!

この1塁側と3塁側の特別自由席は、選手たちのベンチに近いために、選手と監督のやり取りが聞こえたり、選手の表情が見えたりして、よりいっそう甲子園の熱気が伝わってくる場所です。

チケットの値段も中央特別自由席に比べると

・一般:1,500円

・子供:600円 と、若干お手頃なので、臨場感を味わいたい方は是非、この席を狙ってみてください。

車椅子観戦席有り

数はそれほど多くはありませんが、車椅子用の観戦席が31席あります。

車椅子席の当日観戦チケットは、大会本部窓口で購入可能で、付添者2名までが同額で購入できます。

車椅子観戦席は、プロ野球の場合は、完売もありえるようですが、高校野球の車椅子席が完売することは考えにくいようです。

例年、当日の窓口でも手に入るようですから、お天気や体調に合わせて購入できるのは助かりますね。

ただ、こちらも日陰ではありません。

車椅子の金属部分、っておもている以上に熱くなる心配がありますから、熱中症だけではなく大げさなようですが、やけど防止のために軍手などの着用がおすすめです。

【中央特別自由席】

・一般:1,000円

【特別車いす席】

・一般:750円

・子供:300円

【アルプス車いす席】

・一般・子供:300円

【外野席車いす席】

・無料

当日券の買い方と購入場所は?

甲子園当日券

⇒ 当日券】2017!全国高校野球選手権大会のチケット一覧

当日券は、甲子園球場の入場券売場で球場開場とともに発売されます。

時間は、通常8:00位からの発売になっていますが、

1試合目観戦の場合は朝の7:00頃から発売されるようです。

ただ、例年、甲子園が開幕してまもなく、チケットは売り切れることが殆どです。

後半戦は、試合が進まないと組み合わせが決定しないので、ヤキモキするところですが、早めにチェックして、事前にチケットは手に入れておいたほうが確実かもしれません。

⇒ 当日券】2017!全国高校野球選手権大会のチケット一覧

スポンサーリンク

まとめ

ここでは、2017年夏の高校野球・夏甲子園・選手権について、日程やのチケットの値段や当日券も含めた購入方法についてまとめています。

毎年、高校野球とともに盛夏を感じ、高校野球が終わる頃にはすっかり日暮れ時間が早まっていることに気がついて、秋の気配を感じる夏の風物詩ですよね。

今年は九州や東北では、大きな水害による被害も出て、まだまだ日常が取り戻せていない地域もありますが、高校球児の姿が元気を届けてくれそうです!

 

人気ブログランキングにも参加しています。応援いただけるとうれしいです。

 

Sponsored Links