須永珠代とふるさとチョイスの購入サイトは?何がいくらで買えるか調査!

「ふるさと納税」はイマイチ仕組みがわからないままなのですが、2008年にスタートして今年でもう10年めを向かえるのだそうです。

カンブリア宮殿で、このふるさと納税の仕掛け人須永珠代(すながたまよ)さんがご出演なさるのですが、番組司会者の村上龍さんが「ふるさと納税っていかがわしい名前だ」とおっしゃっていたのが印象的でした。

ふるさと納税は、好きな地域に寄付すると、税金を控除されたり、寄付をした地域からお礼の品として、産地の名産品や特産物が届くお得な制度として注目を浴びてもいるのですがイマイチ仕組みがわかりにくいです。

ここでは、ふるさと納税の仕掛け人須永珠代さんと、どんなものが一体いくらで売られているのか?購入サイトについても調べてみました!

Sponsored Links

ふるさと納税とは

ふるさと納税とは、応援したい自治体に寄附ができる制度で、実際には、都道府県、市区町村への「寄附」になります。

一般的に自治体に寄附をした場合には、確定申告を行うことで、その寄附金額の一部が所得税及び住民税から控除されます。

収入などで決まる限度内なら、寄附額から原則2,000円を引いた額が所得税・住民税から控除されるしくみで、寄附のお礼として特産物などを送ってくれる地域が殆どです。

また、集まった寄附金は、自然保護や文化財の保全、子育て支援といった街づくりなどにも活用されていて、災害時の被災地支援にも役立てられているようです。

とても分かりやすい動画が、須永珠代(すながたまよ)さんふるさとチョイスのホームページにアップしてありました。

 

どんなものが買えるの?

地域によっても、購入時期によっても買えるものは変わるのですが、何と、今の時期には嬉しい「うなぎ」なんかもあるんですね!

スーパーで購入するのに比べると、お値段は若干高めになりますが、地域の特産物なので味や品質は間違いないはずです。

今が旬で今の時期ならではの佐藤錦!

 

そしてビールまであります!

【ふるさと納税】アサヒ・スーパードライ350mlx60本(2ケースと12本)、アサヒビール四国工場生産

Sponsored Links

発送時期がちょっと先になりますが、信州から届く桃も美味しそうですね!

先日は、あさイチで網走湖巨大しじみが特集されていて、とっても美味しそうだったので調べてみると、こちらも「ふるさと納税」の対象商品になっていました。

⇒ 北海道大空町の巨大しじみ通販お取り寄せは出来る?口コミも調査!

須永珠代さんプロフィール

須永さん
http://wol.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/071200089/073000010/
  • 名前:須永珠代(すなが・たまよ)
  • 生まれ:1973年生まれ
  • 出身:群馬県

1000億円のブームを生んだ 考えぬく力

いまでは大活躍なさっている須永珠代さんですが、若いころは、どの職業に就いていいかわからず、悩んでいた時期が長かったようです。

大学卒業後は、塾講師やディーラーで働くのですが、長続きせず1年ほどで退職。

その後は、定職につかずアルバイトや派遣社員として働いていたそうです。

29歳の時に、このままではダメだ、と手に職をつけることを決意し、ウェブデザインやプログラミングを習得。

紆余曲折ありながらふるさと納税の仕組みづくりを思い立ったきっかけは、須永社長がネットで家電を購入しようとする時に、お父さまから

「それじゃ地元にお金がおちないじゃないか」

と怒られたことだったそうです。

こうやって立ち上げたのがふるさとチョイスでした。

⇒ ふるさとチョイス

調べてみると、ふるさと納税が出来るサイトってとかにも色々あるようですね。

⇒ ウェブでふるさと納税(受付中)

まとめ

ここでは、ふるさと納税の仕掛け人須永珠代さんと、どんなものが一体いくらで売られているのか?購入サイトについても調べてみました。

 

通販やお取り寄せの美味しいものはよく利用するのですが、「ふるさと納税」とナルトパタリと手が止まってしまいます。

ただ、こんかい、カンブリア宮殿をみていて、なんだか怪しいとか胡散臭さはなくなり、ほんとうに税金で地域活性が出来るのであれば、こんごは積極的にふるさと納税での美味しいもの狙いも悪くはないな、と思ったところです。

人気ブログランキングにも参加しています。応援いただけるとうれしいです。

 

 

Sponsored Links