訂正でんでん事件が衝撃すぎる!笑えない悲報の真相と口コミまとめ

でんでん虫(かたつむり)

訂正でんでん事件「悲報」と題してネット上で大きな話題になっています。

この、訂正でんでん事件は悲報といいましょうか、決して笑ってはいけない、とっても残念で悲しくなってしまうような事件です。

ここでは訂正でんでん事件の真相や口コミについてまとめてみました。

Sponsored Links

訂正でんでん事件の真相は?

事件が起きたのは、1月24日の『参議院 国会中継 本会議』でのこと。

それは、安倍首相が民主党を批判している最中におきました。

「訂正でんでんというご指摘はまったくあたりません」

とおっしゃる安倍首相の発言が「訂正でんでん事件」の真相で、「訂正云々(ていせいうんぬん)」を「訂正でんでん」と読み間違えたというのです。

その問題動画がこちら。

しかも、朝日新聞は「でんでん」の意味が分からず無視して原稿起こしているために、肝心の「でんでん」の部分は省略されています。

 (施政方針演説で「批判に明け暮れ、言論の府である国会の中でプラカードを掲げても何も生まれない」と述べたものの、自民党も野党時代にプラカードを掲げていたことを指摘され)自民党であろうと、他のどの政党であろうと、言論の府である国会の中でプラカードを掲げても何も生まれない。自民党だけを正当化する考えは毛頭ありません。自民党はあの厳しい野党時代、試行錯誤を重ねながらも大きく生まれ変わったから政権奪還を実現した。

なお施政方針演説では「ただ批判に明け暮れたり、言論の府である国会の中でプラカードを掲げても何も生まれません」と申し上げましたが、これはあくまで一般論。「民進党の皆さんだ」とは一言も申し上げていないわけであります。自らに思い当たる節がなければ、これはただ聞いていただければいいんだろうと思うわけでありまして、訂正というご指摘は全く当たりません。(24日の参院本会議で出典:http://www.asahi.com/articles/ASK1S3V4SK1SUTFK008.html

Sponsored Links

世間の反応は二通り

さすがにこの事件は、世間の大きな関心事として拡散されています。

ツイッターから世間の反応は大きく分けて2通り。

悲報・残念だという口コミ編

こちらは、厳しいものも幾つかありましたが、意外に口コミが少ないのです。

悲報とか、残念レベルをは遥かに超えてしまっているのでしょう。

  • 安倍晋三がルビ打って貰った原稿を読んでる事国会で云々をデンデンと読んで平気な顔してる事コレ、ワイドショーネタならかなり笑えるんだがまともに日本語が読めない安倍晋三が現実の日本国総理大臣だって現実は背筋が寒くなる
  • ただ、個人的には漢字の読み間違いよりも「自身の感情を交えた批判」すら官僚に丸投げしてた事実の方がショックかな。。自己の演出を人に頼って自分で責任もとれないんじゃ、あんたの言葉の何が真実か全くわからんだろうがよ。。 #でんでん #安倍晋三
  • 訂正云々(ていせいうんぬん)を  と読む総理を持った国民><#でんでん #でんでん首相

出典:ツイッター

笑ってはいけない口コミ編

世間は寛容なのか優しいのか、だんぜんこちらの口コミのほうが多いです。

  • 総理の のあまりの破壊力に布団の中で震えてるw
  • すごいな。ものすごいはかいりょくだ。
  • 我らが偉大なる東の将軍様は、我ら人民に、自ら「云々」の読み方を教えてくださった。
  • 安倍さん、でんでん大丈夫だよ。みんなでんでん気にしてないよ。 #でんでん #云々
  • 東電関電中電四電九電東北電陸電北電でんでん
  • 寺田町に「伝伝」ってラーメン屋あるよ。そのことかな??#でんでん
  • 何ごとかと思い、タグ検索。あまりのことに、笑いすぎてむせた。アレの発言で、自分が激怒以外の反応を示すとは。近年まれにみる破壊力。
  • 今日は #でんでん 祭りだな#でんでん首相
  • 新しい元号です。平成 → 云々(でんでん)#こんな元号はイヤだ
  • KDDIの社名の由来が特定秘密になる。 #でんでん

出典:ツイッター

 

まとめと感想

ほかにも、「おちゃめで可愛い」なんていうツイートも多数ありました。

これをまとめていて(夜中なんですが)眠気も昨日の出来事もぶっ飛んでしまうほど笑ってしまいました。

ほかにも、「おちゃめで可愛い」なんていうツイートも多数ありました。

それと同時に、日本の平和に感謝さえしたくなるくらい(笑)。

まさかテレビのお笑い番組でもない国会の場所で、これほど笑わせてくれる首相がいるのは、日本だけではないでしょうか?

あなたは「悲報・残念派?」それとも「笑ってはいけない派?」

 

Sponsored Links