台風8号(フランシスコ)が、いきなり発生し、九州に上陸しそうな予報になっています。

台風名はなんだか紳士的ですが、勢力は強い・・・

どうも、鹿児島、大分あたりはの8月5日(月曜日)夜の9:00頃から暴風域に入り、福岡・熊本・佐賀に上陸するのは8月6日の午前9時頃、すっぽり台風の目に入っていそうな進路予測になっています。

8月5日には、西日本最大級の「筑後川の花火大会」が予定されており、最新進路が気になります。

2019年、令和元年の台風は、突如として発生して予測不可な勢いです・・・。

なのでここでは、台風8号(フランシスコ)の進路について、福岡・熊本・佐賀の最接近時刻と進路予想を米軍ヨーロッパ気象庁で調べました。

Sponsored Links

台風8号(フランシスコ)の気象庁による基本情報

気象庁進路予想台風8号(フランシスコ)

気象庁の台風進路予想では、8号(フランシスコ)と9号(レキマー)の進路予測もデていました。

台風8号(フランシスコ)

  • 名称 FRANCISCO(フランシスコ)
  • 大きさ: —
  • 強さ: —
  • 速さ:35km/h
  • 中心気圧:992hPa
  • 最大風速 :中心付近で25m/s
  • 最大瞬間風速:35m/s
  • 暴風域:(25m/s以上) —
  • 強風域:(15m/s以上) 北側330km・南側170km

※2019年8月4日15:00時点

台風9号(レキマー)

  • 名称 LEKIMA(レキマー)
  • 大きさ —
  • 強さ —
  • 速さ 15km/h
  • 中心気圧 996hPa
  • 最大風速 18m/s
  • 最大瞬間風速 25m/s
  • 暴風域:(25m/s以上) —
  • 強風域:(15m/s以上) 南側650km・北側330km

※2019年8月4日15:00時点

台風8号の米軍最新進路予測

米軍の台風進路予測によると、九州の有明海あたりから上陸しているように見える時刻が06/00Z。

米軍台風予報の時刻の見方

時刻の見方は、米軍時刻を日本時刻に換算する場合は、表示時刻に+9時間します。

なので、「06/00Z」を日本時刻に直すと、8月6日(火曜日)の午前9:00。

上手を拡大してみると、鹿児島、大分あたりは05/12Z、つまり日本時刻の8月5日(月曜日)夜の9:00頃から暴風域に入りそうな予想です。

ヨーロッパ中期予報センターで台風8号の最新進路を予測

続いて、ヨーロッパ中期予報センターの台風進路予測図です。

ヨーロッパの予報も、表示に+9時間が日本時刻になります。

ヨーロッパの中期予報センターでは、2週間先くらいまでの進路予報を観ることが出来、現時点でも気象庁や米軍よりも先の日にちの進路を予測しています。

windspeed

また、ヨーロッパの予報では、風速を色で分けてあるので、勢力が強まっていく様子が一目瞭然に分かります。

*ここでの表示時刻は、すべて日本時刻に直しています。

8月5日(月)9:00の台風・ヨーロッパ進路予想

Sponsored Links

8がつ5日の午前中はまだまだ勢力も弱く、どちらかといえば関東を目指しているような進路図ですが、1日経つと勢力もUPして九州に上陸している予測に!

8月6日(火)9:00の台風・ヨーロッパ進路予想

米軍や気象庁予想に比べるとやや南、宮崎あたりに上陸しているようです。

8月7日(水)9:00の台風・ヨーロッパ進路予想

7日になると、一旦日本からはなれ、勢力もダウンしているのですが、米軍よると、このあと再び「く」の字に曲がって日本目指す予報になっているんです。

台風8号(フランシス)の名前の意味

2019年台風8号「フランシスコ」はアメリカの男性名。

次に発生している台風9号(レキマー)は、はベトナムで「カニステルという果物の名前。

ちなみに、前回の6号(ナーリー)は「百合」という意味で韓国が命名しました。

台風の名前は日本を含む14カ国等が加盟する「台風委員会」などが提案しており、あらかじめ140個用意されていて、準備された140を繰り返して発生順につけられます。

ただ、大きな災害をもたらした台風などは、加盟国からの要請によって、その台風名を以後の台風では使用しないように別の名前に変更することもあるそうです。

ちなみに台風委員会に所属する14の国は、以下のようになります。

「台風委員会」所属の14の国名(引用元:ウィキペディア)

●設立当初からの加盟国及び地域

  • 中国
  • 香港
  • 日本
  • ラオス
  • フィリピン
  • 韓国
  • タイ

●その後加盟した国及び地域

  • カンボジア (1972年)
  • マレーシア (1976年)
  • ベトナム (1979年)
  • マカオ (1993年)
  • 北朝鮮(1993年)
  • シンガポール (1997年)

まとめ

ここでは、2019の台風8号(フランシスコ)について、福岡・熊本・佐賀の最接近時刻と進路予想を米軍ヨーロッパ気象庁で調べました。

2019年8月4日15:00時点で、

●鹿児島、大分あたりはの8月5日(月曜日)夜の9:00頃から暴風域に。

●福岡・熊本・佐賀に上陸するのは8月6日の午前9時頃、すっぽり台風の目に入っていそうな進路予測に。

今回もあまりにも急に発生した台風で、最新情報が分かり次第随時追記していきます。

大きな被害につながらないといいですが。

人気ブログランキングにも参加しています。応援いただけるとうれしいです。


人気ブログランキング

Sponsored Links
ピックアップ関連コンテンツ