台風18号最新進路予想!関東関西福岡を米軍・ヨーロッパ・気象庁で調査

2017-09-18

台風第18号、右へ行ったり左に行ったりしながら、一旦日本を離れ、明日の朝9時頃に青森に上陸しそうです。

関東地方はこらから暴風域に掛かる場所もありそうですが、幸いにもそれほど心配することもなさそうです。

今回の台風はかなり大型で、勢力も強いとのことで、確かに九州でもと上陸ルートは車が横転したりの大きな被害が出ています。

ただ、今回、暴風域に入らなかった福岡市内は、お昼ごろから雨も風もなく、晴れ間さえ出ていて、いま、ちょっと雨と風がある程度で台風の感じではありません。

なので、予報円に入っていない関東も一部の地域はそれほど影響を受けないのではないかと、勝手に予測しています。

なのでここでは、台風18号についてJTWC(米軍)、ECNWF(ヨーロッパ)、気象庁の最新進路予想とあわせて、関東・関西そして福岡の最接近日時についてお知らせしています。

Sponsored Links

気象庁台風18号予想進路図

気象庁が発表した台風18号の予想進路と米軍、ヨーロッパどれも殆ど同じルートで発表されています。

  • 関東最接近:9月18日(日)の3:00ごろ最接近
  • 関西上陸:9月18日(日)の0:00頃
  • 東北青森上陸?9月18日(月・祝)朝9:00頃
  • 北海道上陸9月18日(月・祝)朝10:00頃?
  • 福岡(大分・熊本)上陸:9月17日(日)の12:00頃
  • 四国最接近9月17日(日)15:00頃

↓9月17日17:00の福岡は、雨風殆ど無く晴れていました。

JTWC(米軍)台風18号最新予測

米軍の台風18号の予測でも、九州は鹿児島→宮崎→大分そして四国へその後大阪、関東(東京暴風域)→青森→北海道と、物凄く嫌なルートの予測になっています。

が、次のヨーロッパのの台風18号の予測進路では、これに東北や北海道も巻き込まれた予報になっていました。

↓9月16日(土)08:00最新

 

 

米軍の表示中の日時は、アメリカ時間なので、日本時刻の場合は表示されている時刻に+9時間します。

・たとえば、一番上(最後)は『18/06Z』となっていますから、9月18日の15:00(06+9)となります。

ヨーロッパ中期予報センター台風18号最新予測

続いて、ヨーロッパ中期予報センターの台風進路予測図です。

ヨーロッパの予報では、台風18号が発生した時点で、九州→四国→関西→関東→東北→北海道が上陸ルートの予報になっていました。

Sponsored Links

ヨーロッパの進路予測は2周間先くらいまでの予報を観ることが出来るので凄く便利で、こちらも、表示に+9時間が日本時刻になります。

*ここでの表示時刻は、すべて日本時間です。

ヨーロッパの中期予報センターでは、アジアの中の日本という見方になっているので、日本が小さくしか表示されていません。

まず、ヨーロッパの予報は、風速を色で分けてあるのが凄く分かりやすいです。

今回の台風18号は、色の濃さからも勢力が強いことがわかります。

windspeed

9月16日(土)9:00(日本時間)

091609ヨーロッパ予報

9月17日(日)9:00(日本時間)

091709ヨーロッパ予報

9月18日(月・祝)9:00(日本時間)

九州・関西は通り越して、関東地方も抜けているようですが、東北と北海道が見えないほど隠れてしまっています。

091809ヨーロッパ予報

9月19日(火)9:00(日本時間)

091909ヨーロッパ予報

9月20日(水)9:00(日本時間)

翌日は、やっと抜けています。

091920ヨーロッパ予報

 

まとめ

ここでは、台湾に向かっていた台風18号が、気象庁に寄ると、急遽向きを変えて日本に最接近縦断しそうな予だとほうどうされています。

なので米軍とヨーロッパでも縦断しそうなの最新進路と最接近時刻をJTWC(米軍)、ECNWF(ヨーロッパ)、気象庁で調べてみると、ほぼどの予測も一致しているようです。

  • 関東最接近:9月18日(日)の3:00ごろ最接近
  • 関西上陸:9月18日(日)の0:00頃
  • 東北青森上陸?9月18日(月・祝)朝9:00頃
  • 北海道上陸9月18日(月・祝)朝10:00頃?

人気ブログランキングにも参加しています。応援いただけるとうれしいです。

Sponsored Links