台風25号(コンレイ)最新進路予想を米軍ヨーロッパ気象庁で調査

2018-10-05

台風25号(コンレイ)は、当初、日本への接近はなさそうな進路予想っだったのですが、最新進路予測によると、気象庁も米軍の進路予想もヨーロッパ中期予報センターも進路がほぼ一致しています。

今回は7日の朝から北海道へ上陸直撃しそうな進路予想で、関東や関西の直撃は、幸いにも避けられそうです。

ここでは、2018年の台風25号(コンレイ)について、JTWC(米軍)、ECNWF(ヨーロッパ)、気象庁の最新進路予想について調べました。

Sponsored Links

台風25号(コンレイ)の基本情報

10月5日の最新情報です。

2018年10月04日14時00分

  • 大きさ: 大型
  • 強さ: 強い
  • 中心気圧: 960hPa
  • 中心付近の最大風速: 40m/s(75kt)
  • 最大瞬間風速: 55m/s(105kt)

10月5日12時の予報

  • 強さ: 強い
  • 中心気圧: 965hPa←勢力がちょっと落ちました。
  • 中心付近の最大風速: 35m/s(70kt)
  • 最大瞬間風速 :50m/s(100kt)

10月6日(土)09時の予報

  • 強さ: 強い
  • 中心気圧: 965hPa
  • 中心付近の最大風速: 35m/s(70kt)
  • 最大瞬間風速 :50m/s(100kt)
  • 予報円の半径 :280km(150NM)
    暴風警戒域 全域: 500km(270NM)

10月7日09時の予報

  • 強さ: –
  • 中心気圧 975hPa
  • 中心付近の最大風速: 30m/s(60kt)
  • 最大瞬間風速:45m/s(85kt)

10月8日09時の予報

  • 存在地域 日本のはるか東←去っていきました。
  • 進行方向、速さ: 東 70km/h(38kt)
  • 予報円の半径: 560km(300NM)

ちなみに、台風24号チャーミーの中心気圧は940hPaでした。

数字が小さくなるほど、勢力が強まります。

米軍(JTWC)で台風25号の最新進路予想をチェックしてみます。

(米軍)台風25号最新予想

米軍予報でも気象庁とほぼ同じルートで発表されています。

 

米軍時刻を日本時刻に換算する場合は、表示時刻に+9時間します。

なので、上記の24号チャーミーの場合、京都に上陸しているように見える時刻、30/12Zの場合は、日本時間に換算すると30日の21時になります。

25号の前に24号の進路が気になります。

ヨーロッパ中期予報センター台風25号最新予測

続いて、ヨーロッパ中期予報センターの台風進路予測図です。

ヨーロッパの予報も、表示に+9時間が日本時刻になります。

ヨーロッパの中期予報センターでは、2週間先くらいまでの進路予報を観ることが出来、現時点でも気象庁や米軍よりも先の日にちの進路を予測しています。

24号のチャーミーの進路も、今回のルートを10日位前から既に予想しており、日時は若干ずれはしたものの、予想通りの進路を進む形になりました。

また、ヨーロッパの予報では、風速を色で分けてあるので、勢力が強まっていく様子が一目瞭然に分かります。

windspeed

29日の時点では、まだ24号台風のチャーミーが表示されているのですが、次第に25号のコンレイが近づいてくる進路予測がでています。

*ここでの表示時刻は、すべて日本時刻に直しています。

10月3日(水)9:00のヨーロッパ進路予想

下の方に怪しい深緑色の台風25号(コンレイ)が姿を表しだしています。台風の目もはっきりしていて、一番外側の◯に表示されている「1010」は「1010hpa」

Sponsored Links

暴風域の一番外側でも、既にこの強さです。台風25ヨーロッパ1003

10月4日(木)9:00のヨーロッパ進路予想

25号、近づいてきています。

台風25ヨーロッパ1004

10月5日(金)9:00のヨーロッパ進路予想

沖縄がすでに暴風域に入っています。台風の色も濃く、勢力が強いことを表しています。

関東や東北、また北海道は嵐の前の静けさのように、快晴とまでは行かなくても、秋晴れの気持ちの良いお天気が欲6日まで続きます。

台風25ヨーロッパ1005

10月6日(土)9:00のヨーロッパ進路予想

九州北部と、山口、広島、島根あたりが完全に暴風域の中。

台風25ヨーロッパ1006

10月7日(日)9:00のヨーロッパ進路予想

日本に上陸した後の台風25号(コンレイ)は台風24号同様、スピードを上げて、10月6日早朝から夜の間に北海道を駆け抜けていく進路予測です。

台風25ヨーロッパ1007

10月8日(月・祝)9:00のヨーロッパ進路予想

8日の朝には、何事もなかったように、全国的に秋晴れのようです。

 

まとめ

ここでは、台風25号(コンレイの)進路について米軍とヨーロッパ、そして気象庁の最新進路を調べてみました。

当初、日本に接近する可能性のなさそうだった台風25号ですが、北海道に上陸、関西や関東ほか広範囲を暴風域に巻き込みながら日本を縦断していくルートの進路予測が、ほぼ確実となってしまいました。

また、今回の台風25号は、伊勢湾台風に匹敵すると言われた24号と同じくらいの勢力を保って接近上陸の進路予想になっています。

停電からやっと復旧したばかりの地域や、北海道はまだ地震の爪痕も残ったままで、ある意味、台風24号よりも注意が必要な気がしています。

今後、詳しいことが分かり次第随時追記していきます。

台風24号(チャーミー)の記事の最新情報は以下からどうぞ。

⇒ 台風24号(チャーミー)の最新進路予想

人気ブログランキングにも参加しています。応援いただけるとうれしいです。


人気ブログランキング

Sponsored Links