山梨・一之釜滝インスタ映えの行き方アクセスは?ツアーや口コミも調査

一の釜滝
引用:はとバス

山梨県にあるインスタ映えすると話題の一之釜滝をご存知ですか?!

今までは、ガイドブックの掲載もほとんどなく、山梨県内の地元の方にも殆ど知られていない滝だったのですが、インスタグラムに投稿された画像が「インスタ映えする」とか「虹も出てパワーもらえる」と一気に話題になっている滝です。

ここではそんな山梨にある秘境とも言える「一之釜滝」について、行き方やアクセス、またバスツアーや口コミについても調べてみました。

Sponsored Links

一之釜滝について

  • 名前: 一の釜(イチノカマ)
  • 所在地 :山梨県山梨市三富

一之釜滝は、笛吹川上流の清水渓谷の一角にあるのですが、このあたりには他にもたくさんの渓谷があり観光の名所になっています。

一之釜滝には、男滝と女滝があり、男滝は滝壺の近くまで近寄ることができ、高さ21メートルと低いことから、滝の水流だけでなくや滝上の木々の様子も見上げることができ、晴天時には太陽光が水しぶきに屈折して虹が出ることも多いことから「パワーがもらえる」とも言われているんです。

きれいにはっきりと虹が出ていますね!

一の滝虹
引用:http://www.sankei.com/life/photos/171106/lif1711060040-p1.html

 

行き方・アクセス

・所在地:山梨県山梨市三富
アクセスMAP

公共交通機関で

  • 山梨市駅からバスで46分⇒「川浦」下車

一の滝バス

お車で(駐車場有り)

⇒ PDFの公式のアクセスマップ

ツアーで行ける?

阪急交通社

一之釜滝の人気を知った阪急交通社が8~10月の間、初めて滝を組み込んだ日帰りバスツアーを企画したところ、10月上旬までほぼ毎日の運行だったにもかかわらず、平日でも満員の日があったほどだったようです。

参加した人からも、『山梨には何度も来ているが、ここは初めて』という声がよく聞かれた」ほどだったようです。

ただ、2017年11月の時点で既に阪急交通社の「一之釜滝バスツアー」は一旦終了しています。

ただ、こrから紅葉時期に差し掛かりますから、また再開されそうな気がします。

阪急交通社から新着で届くメルマガに登録シておくか、ホームページをこまめにチェックしておくといいですね。

はとバス

はとバスも10~11月の限定申込で日帰りツアーを企画しているのですが、毎日出発ではないこともあってほぼ満席のキャンセル待ち状態でした。

この期間のバスツアーはなんと、松阪牛の焼肉食べ放題とセットになっているのです!

一旦こちらもも11月で締め切られそうで、出発日が3日くらいしか計画されていないのですが、今後も継続されそうなので、ホームページをまめに確認しておいたほうが良さそうですよ。

その他のツアー

また今はバスツアーが計画されていないけど、今後企画されそうなのがクラブツーリズム。

コチラは紅葉ツアーなどの種類がとっても多くて、出発地もいろんな地域で選べます。

おひとりさま参加ツアーなんかもおおいので、気が向いた時にふらりと行ける便利さが大好きな旅行会社です。

また楽天トラベルとはとバスのコラボ企画なんかもあて、楽天ポイントが使えるので、要チェックです!

Sponsored Links

あとこの一之釜滝のある、笛吹川側には温泉もあり、あまり多くはないようですが、旅館も点在しています。

口コミ・評判

●道のりが険しく滑りやすい。雨が、降ると私でも滑る。小さい子供と、年寄りには絶対無理。父が滑って岩に頭を打ちました。行くまでヘトヘト。また、行こうと思いませ。
行った時期:2017年8月28日
混雑具合:やや混んでいた
滞在時間:1~2時間
家族の内訳:親・祖父母
人数:3人~5人
投稿日:2017年9月11日

●ガイドブック等には載っていませんでしたが、近くのお宿のパンフレットで知り、訪問。人知れず、ひっそりと、その滝は現れました。想像以上の迫力と神秘的な雰囲気に、滝好きの私も大満足です。ミーハーではない寒い観光地が好きならぜひ!
行った時期:2017年5月
混雑具合:空いていた
滞在時間:1時間未満
投稿日:2017年5月14日

引用:じゃらんnet

インスタ画像

一の釜滝の画像をインスタとツイッターからピックアップしました。

にじは出ていなくてもとっても綺麗で、飲した3枚めの動画は取りのさえずりなんかも履いていてすごい癒やしの効果です!

まとめ

ここでは山梨にあるインスタ映えすると、話題の「一之釜滝(いちのかまたき)」について、行き方やアクセス、またバスツアーや口コミについて調べてみました。

パワーが貰えるよ言うよりは究極の癒やしスポットだな、って思えました。

関連記事もどうぞ

人気ブログランキングにも参加しています。応援いただけるとうれしいです。

Sponsored Links