小栗大地(義足のスノーボーダー)のプロフィールや経歴まとめ

小栗大地(おぐりだいち)さんという義足のスノーボーダーをご存知ですか?

小栗大地さんは、平昌パラリンピックスノーボードでメダル獲得候補として大注目されている選手です。

圧倒的な強さを備えていることはもちろんですが小栗大地さんの義足は、大腿義足

国内ではほとんど前例がありません。

小栗大地選手

http://www.sanshin-kagaku.co.jp/snowboader-oguridaichi

ここでは、平昌オリンピックでメダル獲得が有力視されている小栗大地(おぐりだいち)選手プロフィールや経歴とともに義足のスノーボーダーに転向した経緯、また現在の試合結果などについてまとめています。

Sponsored Links

小栗大地(おぐりだいち)選手プロフィールと経歴

小栗選手

http://www.nhk.or.jp/docudocu/housou/

プロフィール

  • 名前: 小栗大地(おぐり だいち)
  • 生年月日: 1981年1月19日
  • 出身地: 愛知県名古屋市
  • 身長: 166cm
  • 所属チーム: TEAM POSITIVE
  • クラス: LL1クラス(重い下肢障害)

経歴

    • 2016年:国内優勝
    • 2017年:国内2位
    • 2017年:アメリカ大会3位
    • 2017年:ニュージーランド大会2位
    • 2018年:国内優勝

小栗大地(おぐりだいち)選手は、2018年2月現在37歳。

奥様とお子さんがいらっしゃいます。

三進化学工業株式会社に所属をして、スノーボード選手として活動。

もともと、プロのスノーボーダーとして活躍していた小栗さんですが、3年前の、仕事中の事故で右足の太ももから先を失いました。

プロのスポーツマンにとって、体の一部を失うことは致命傷です。

ところが、小栗さんは病院に搬送されるまでの間に「片足が残っているのなら、スノーボードが出来る。」と、すぐさま気持ちを切り替えたのだそうです。

そして、まだ誰も経験したことのない大腿義足のスノーボーダーとして、もう一度プロを目指そうと、考えるようになって、今の小栗さんがいらっしゃいます。

昨年、2017年2月18日、19日に白馬乗鞍温泉スキー場で行われた「第3回全国障がい者スノーボード選手権大会&サポーターズカップ」は、パラスノーボード国内唯一の大会です。

小栗大地選手は決勝まで勝ち進んだのですが、決勝戦のコース前半部で転倒したために、準優勝となりました。

転倒しても準優勝って、凄くないですか?

また、2017年3月10日に行われたワールドカップ(W杯)では、小栗大地選手は5位に入賞。

この大会は、平昌冬季パラリンピックのテスト大会を兼ねていて、小栗選手は、スノーボード・バンクドスラロームの男子大腿障害で参加。

そして、5位に入賞されたことで、パラリンピック本番でメダルを狙える実力があることを周囲に見せつけてくれました。

Sponsored Links

パラリンピックにおけるスノボード競技の位置づけ

パラリンピックにおけるスノーボードの歴史はまだ浅く、2014年ソチ大会で、アルペンスキーの1種目としてスノーボードクロスが初採用されたばかりです。

今回の2018年ピョンチャン大会で初めて独立した競技となり競技自体にも注目を集めています。

スノーボードクロスとバンクドスラロームの2種目が実施されることが決まっています。

しかも、日本チームは、平昌大会が初めてとなるスノーボード競技で、大いに注目が集まる選手のお一人です。

小栗大地選手のテレビ放送予定は、2日。

  • 3月12日(月):12:20~(NHK:LIVE・男女クロス)
  • 3月16日(金):12:20~(NHK:LIVE・男女バンクドスラローム)

⇒ 平昌パラリンピック2018競技日程とテレビ放送時間まとめ

障害別クラス分けについて

現在、国際パラリンピック委員会(IPC)の障害別クラス分けは以下の3つ。

  • SB-UL(上肢障がい)
  • SB-LL1(重い下肢障がい/大腿義足など)
  • SB-LL2(LL1より軽い下肢障がい/下腿義足など)

小栗さんは太腿から下を失っているので、重い下肢障のSB-LL1クラスです。

小栗大地さんのプロモーション動画がYoutubeにUPされているのですが、滑りだけ見ていても義足だとは思えなく、よく見て初めて、片足が金属なのがわかります。

メダルが取れても取れなくても、小栗大地選手からは沢山の気付きや希望を与えてもらえそうで、それだけでも十分な気がします。

まとめ

ここでは、義足のスノーボーダーとして、ピョンチャン(平昌)パラリンピックでメダルの期待が注目される小栗大地(おぐりだいち)選手についてまとめました。

まだまだ小栗大地選手に関する情報が少ないのですが、平昌オリンピックで大ブレイクしそうな注目選手です。

⇒ 成田緑夢(ぐりむ)選手のプロフィールと父や兄弟について

⇒ 三沢拓(みさわひらく)片足スキーヤーのWiki風プロフィールと最新動画まとめ

⇒ 高村和人選手のプロフィールは?射撃やスキーはどうやるの?

⇒ 山本篤(やまもとあつし)義足の陸上選手の強さの秘密に迫る

⇒ 平昌パラリンピック2018競技日程とテレビ放送時間まとめ

人気ブログランキングにも参加しています。応援いただけるとうれしいです。

Sponsored Links
ピックアップ関連コンテンツ
コメント一覧
  1. 松田一豊 より:

    こんにちわ。
    早速ですが大腿義足でスノーボードが出来る事を初めて知りました。
    私もバイク事故で太股から切断かれこれ37年になります。
    一度ボードをしてみたくて挑戦した事が有るのですが、スキーもした事がなかった私は膝が言う事が効かなくて結局は座って降りてきました。
    で、スノースクートを2年前に知り昨年初めて滑りました。
    滑り方も分からないまま試行錯誤しながら何とか滑ると言うより降りてこれたと言う感じで楽しむことが出来ました。

    私は、バイクでの事故ですからバイクには経験が有ったので今も免許を14年掛かって取り直し1,300ccのバイクも乗ってます。

    私も同じ考えで障害者になって良かったと思ってます。
    またいつ出来ない出来ない事が起こるかと思うと今やっとかないとまたいつ出来なくなるかも知れないと言う気持ちでこの歳になっても突き進んでます。
    但しお金が続く事だけですが。

    バイクには乗れなくてもジェットスキーなら水の中でコケても大丈夫だろうと思って乗ろうとしましたが免許制度が両足で屈伸の出来ない者は受験資格も有りませんでした。が、平成元年に法改正があり条件付きで受験出来る様になり、実際船舶免許を取得し、モーターショーに行くとホバークラフトが置いてありそれなら私ら義足の物でも陸で乗り降りし義足を水に浸けなくてもマリンスポーツの真似事が出来るかなぁと思いホバークラフトに乗る様になりました。
    元々負けず嫌いな事から販売店の勧めで購入後半年で全日本のレースに出て決勝まで残ったのですか、ぶつけられてリタイヤ。

    翌年私をぶつけた奴に仕返しをと思って参加すると準優勝。
    で、その時日本でホバークラフトの世界選手権に出ないかと誘われて参加し、今年もドイツの大会に参加予定です。

    こんな奴だけに大腿義足でもスノーボードが出来るのなら是非してみたいと思ってますので一度教えて頂けたら幸いです。
    と、言ってももう来月に57歳になるおっさんてす。

    • phd45861 より:

      松田一豊さん

      素敵なコメントをありがとうございます!
      そして松田さんも大腿切断ですか?

      それでもバイクの免許や船舶免許の取得のほか、レースに出場なさったり、今年のドイツ大会も楽しみだしですね!

      今の時期はドライウェット着用でもかなり水も冷たいはずで、練習とかなさっているんでしょうか?

      出来ることにどんどんチャレンジしていく、松田さんのような人生観を持った方の話を聞いたり、お会いする、ものすごい元気とパワーを頂けるんですよね!

      小栗大地選手のことは昨年のNHKのテレビで知りました。笑顔がとても素敵ですよね。

      私もウィンタースポーツは大好きでスキーはそこそこ出来るのですがスノボはまるっきりダメ。
      頭から転ぶんですよ(笑)。
      リフトで登ったのはいいのですが滑って降りてこれず、結局ボード抱えて降りてきて依頼やっぱりスキーのみです。
      と言っても、私も若い頃の話で、松田さんとそれほど年齢は変わりません(笑)。

      私がパラ競技に関心を持ち始めたのは、6,7年前に車椅子駅伝をなさっている渡辺勝くんという方にお会いしてからです。
      彼は、z車の事故による胸椎損傷で下半身不随になったまだお若い方なんですが、
      笑顔とオーラがものすごくって、ハートが開くってこういうことか!?って思えるくらい素敵な方でした。
      そして「事故に遭う前と遭ってからと、どちらの人生が好きですか?」
      って訪ねたら、「断然事故にあった今の方がいい」と。
      渡辺勝くんは東京マラソンも招待選手で出場されていました
       ⇒ https://www.houdoukyoku.jp/posts/26520
      小栗大地選手の勤務先のコンタクトフォームです。
      http://www.sanshin-kagaku.co.jp/contact

      このフォームで良いのかどうかわかりませんが、ファンレターのような感じでメッセージをお送りされてはいかがでしょう?
      直接、スノボを教えてもらうことはできないかもしれないけれど、国内の試合だったら応援に行ける距離ですし、何かのご縁でお会いするきっかけになるかもしれませんよね!

      松田さんからのメッセージですごい元気とパワーをいただきました!

      ありがとうございます♪

コメントを残す