福岡国際マラソンが今年2019年も12月1日(日曜日)に開催されます。

福岡国際マラソンは、毎年12月の第1日曜日に行われ、福岡のこのコース近郊にお住いの方は、この福岡国際マラソン大会を堺に、1年が終わりに近づくことを実感する方も多いんだろうと思います。

11月に行われる福岡市民のための福岡マラソンに比べると、大規模な割には交通規制の時間は短いんです。

駆け抜けるスピード感が全く違っているからです。

とはいえ、大規模なだけにやはり市内は大渋滞です。

ここでは、12月1日に行われる2019年の福岡国際マラソンについて交通規制や渋滞のほか、コースや通過時間についてまとめています。

Sponsored Links

2019年の福岡国際マラソンについて

今年、第71回の福岡国際マラソンは、2020年の東京オリンピックの日本代表選手選考競技も兼ねている例年よりも緊張を伴うマラソン大会になっています。

  • 大会名称:第73回福岡国際マラソン選手権大会
  • 開催日:2019年12月1日
  • 時間:12:10スタート
  • 種目:30kmロードマラソン、ハーフマラソン

そして、こちらは、インスタに上がっていた過去のTOP集団の画像。

ブレ感というかスピード感がとってもきれいに納められていました!

ユニフォームもカラフルでとってもきれいです。

福岡国際マラソンコース

  • 福岡国際マラソンコース(42.195km)

福岡国際マラソン2017コースマップ

⇒ 大きいサイズのコースマップ図

福岡国際マラソン選手通過と時間場所(穴場スポット)

選手通過予想時間は交通規制時間とほぼ同じです!

なので、お気に入り選手を見たい場合は、交通規制前に規制の場所に行かれてくださいね!

中央区の場合、六本松421(TSUTAYA)の前の入口付近の広場と歩道。2018年はかなり穴場でしたよ!

また3年前は、けやき通りの福銀前辺り、選手はすぐ横を走っていくのに沿道はガラガラでしたから。

福岡国際マラソン2017交通規制02

福岡国際マラソンの交通規制マップ

交通規制時刻は、当日の走行状態によって若干変わります。

市民が参加する11月の「福岡マラソン」は、朝から夕方まで、ほぼ1日中場所が変わって交通規制されるのですが、福岡国際マラソンは、オリンピックに出場する選手集団なのであっという間に駆け抜けていきます。

スピード感が全く違います♪

なので、1箇所あたりの交通規制時間は比較的短いのですが、交通規制が解除された後の交通渋滞は、やはりハンパなし。

マラソンコース付近を通行される場合は、迂回路を確認くださいね!

福岡国際マラソン2017交通規制01

うっかり、車で天神に向かった・・・って場合はすぐに近くのコインパーキングに一旦車を停めましょう。

じゃないと、右にも左にも動けなくなってしまいます。

Sponsored Links
駐車場を今すぐチェック!

●アキッパでチェック ⇒ akippa

●軒下パーキングでチェック ⇒ 軒先パーキング

●B-Timesでチェック ⇒ B-Times

福岡国際マラソン2019の迂回路

引用:http://www.fukuoka-marathon.com/pdf/73rd_trafficmap_jp.pdf

 

⇒ 大きい地図

福岡国際マラソンの混雑と渋滞

ちなみに、こちらは3年前、2015年の福岡国際マラソンです。

国体道路(けやき通り)のコースマップの17番地点あたりなのですが、沿道の人まばらじゃん、って思いますよね。

ところが、この動画をとっている側はギュウギュウの人だかり・・・

交通規制が解除されても、警固交差点の薬院大通から赤坂へ向かう大正通りは車全く動いてませんでした。

撮影場所は、ヘアーメイクスタジオノムラさんの前辺り。

しかも、ちっともスピードが出ている感じはしないのですが実際はあっという間に駆け抜けていきましたよ。

こちらのインスタの左下にちょっと、上空から撮影された画像がUPしてありました。

人はそれほど多くはいないのですが、車やバスがせき止められて大変なことに・・・

まとめ

ここでは、12月1日に行われる2018年の福岡国際マラソンについて交通規制や渋滞のほか、コースや通過時間についてまとめています。

  • スタート時刻:12:10~

通過場所によって、時間がずれながら、順次交通規制されます。

実は交通規制されている時間よりも、それが解除されてからの方が大変なんですよね。

市内への車両の乗り入れは混雑し過ぎで大変なので、少し離れた場所に車を留めて地下鉄や電車移動がスムーズです。

駐車場を今すぐチェック!

●アキッパでチェック ⇒ akippa

●軒下パーキングでチェック ⇒ 軒先パーキング

●B-Timesでチェック ⇒ B-Times

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

人気ブログランキングにも参加しています。応援いただけるとうれしいです。

Sponsored Links
ピックアップ関連コンテンツ