神魂神社(かもす)初詣2019年の参拝時間とお守りは?穴って何?

2018-11-18

IMG_神魂神社

神魂神社(かもすじんじゃ)は、島根県民がイチ押しすると言われているスピリチュアル全開のパワースポットの神社です。

2019年のお正月といえば、平成最後のお正月です。

こんな大きな時代の区切りにもなる初詣は、いつもの場所とは違った特別な場所へお参りしたいな、と思ったときに、このパワースポット神社と言われている神魂神社の初詣がとっても気になりました!

なので、ここでは、2019年の神魂神社初詣の参拝時間やお守りなどについてまとめてみました。

昨年、2017年の12月は、境内修復作業中で一部入れない区域があったようですが、今年は大丈夫そうです。

Sponsored Links

神魂神社の2019年の初詣について

神魂神社の初詣は、一般的に行われているような除夜の鐘をついたり、日付が変わると同時に始まる元旦祭のようなものはおこなわれていません。

  • 参拝時間:自由参拝(特に門が閉まるというわけではないので、常時参拝可能)
  • 行事:特別な行事もなし。
  • 境内にどうやら、トイレがなさそうなので、注意してください。

Q:神魂神社は無人と聞きますが、境内および駐車場のトイレ事情を教えてください

A:実際に行ってきたので経験談を書きます。駐車場にトイレはなく、境内も一般客用のトイレは無さそうです。

引用:トリップアドバイザー

神魂神社(かもすじんじゃ

神魂神社の詳細

#神魂神社#参拝#出雲ゆかり #instagram #japan #一眼レフ#PENTAX 静かで大きなところです。。。

3M3TATUNOKAMIさん(@michimichi620)がシェアした投稿 –

  • 住所:島根県松江市大庭町563
  • 電話:0852-21-6379
  • ご利益:国家安泰、子孫繁栄、五穀豊穣、家内安全、商売繁盛、厄除け、病気平癒、就職、受験

毎年、旧暦の10月には八百万(やおよろず)の神々が出雲大社に集まるのですが、出雲大社ができるまでは神魂神社に八百万の神様が集まっていたそうです。

急な階段を上がっていくと本殿があり、この高床式の本殿は室町時代初期1346年に建てられています。

現存する大社造りの社殿では日本最古の建造物で国宝に指定されています。

神社の雰囲気は、静かで透き通った感じの空気がみなぎるパワーとなって漂っています。

普段あまり感じない人でも、何かが違うのを感じるかもしれないくらいのパワースポットです。

その噂の国宝級の穏田がこちら!

画像で見ても澄んだ空気感が伝わってきそうな感じで、やましいことやこずるいことを考えていくと、ちょっと近づけない雰囲気ですね~。

IMG_0627

神魂神社のお守りについて

神魂神社おまもり
http://omairibook.blogspot.jp/2012/11/blog-post_1869.html

こんなパワー全開の神魂神社のお守りは是非とも手に入れたいところなのですが、手に入れるのが困難な代物です!

というのは、

邪心を持っていると、手にはいらないのかな~なんていう心配は無用です!

このお守りが販売されている場所は「社務所」なのですが、いつも開いているとは限らず、宮司さんもいらっしゃらないことが殆どだからです。

なので宮司さんに会えたら超ラッキー!

社務所が開いていて、お守り買えたら超超ラッキー!

  • 購入場所:社務所
  • 時間:社務所が開いている時間帯(決まりなし)
  • 値段:500円位~?

お守りは、サイズ違いで色んなパターンがあるようです。

値段について調べてみたのですが、残念ながら見つけることができず、一般的な神社のお守り価格なんかと同じ500円くらいでしょうか。

神魂神社は、たくさんのご利益が期待できるといわれていて、いますから自分にぴったりのごお守を見つけてくださいね!

お守り買えるだけで超・超ラッキーですので!

カモス守り001

カモス守り002
引用:https://ameblo.jp/chie-jyo/entry-12280772976.html

かもす神社の穴って何?

神魂神社について調べていると「かもす神社 穴」というワードが目につきます。

パワースポット神社にあるものって、全に何か気が宿っているのではないかと何かと気になってしまうもの。

そして、その穴というのがコチラ↓↓↓

Sponsored Links
カモスの穴
http://korukun9951.hatenablog.com/entry/2013/06/30/144921

神魂神社の穴とは本殿横の山肌にあいた穴のことで、普段はブルーシートを掛けて人が入れないようにしています。

ブルーシートって、なんだかサスペンスや事件ぽくないですか?

この景色にブルーシート・・・

竹の柵か何かにすればよいのに~と、余計なお世話ながらに思ってしまいましたよ。

穴です。

かもす神社の穴の正体は!?

神魂神社の穴は一体何かというと、戦時中に掘られた防空壕だそうです

なので、「特別なパワーが湧き出る穴」とかではないようです。

神魂神社の行き方アクセス

公共交通機関で

  • JR松江駅から松江市営バス(かんべの里行)終点下車、徒歩3分。一畑バス(八雲行)約18分、風土記の丘入口下車徒歩10分
  • JR松江駅からタクシーで15分

お車で

  • JR松江駅より車で約20分

駐車場について

  • 駐車場:あり(無料)

神魂神社の口コミ評判

神魂神社についての口コミや評判は、お守りや御朱印の沢山の写真がUPしてはあるのですが、言葉としての情報は以外に少ないです。

そんな中、

旅行サイトのクチコミ・レビューなどに、ここの巫女さんはぶっきらぼうな言い方だったというレビューがありちょっと気になりました。

実際、私が参拝に訪れた時もその方は社務所におられたのですが、「こんにちは!」と挨拶をしても軽く頭を下げる程度でした。

●パワースポットの噂が広まったせいか、八重垣神社参拝のついでに来るかたが増えたようです。
確かにとても有り難い神社ですが、中年の巫女さん?がイライラしてる感じでなんだかがっかりしてしまいました。

引用:じゃらんネットでの口コミ

 

 

他に、Googleにも・・・

2016年、年末の旅行で神魂神社に行きました。計画では予定していなかったのですが、SNSで「良いところだよ」と薦められたので、急遽予定に割り込ませました。
厳かで凛とし、浄化されるような空気感。直前に行った『出雲大社』よりずっとテンション上がりました。コレがパワースポットってやつかな。来て良かった。連れの2人も大喜び。
ぜひ御朱印を頂きたい。社務所へ。窓は開いているが誰もいない。どうしたものか考えていたら、建物の奥に人影が見えた。女性だ。あわてて声をかけると建物の奥から「正月の準備で忙しいから」と言い、こちらの反応を待たずに姿を消す塩対応。理由は理解したけれど、言い方が素っ気なく、イライラが伝わって来たのでモヤモヤした。
予習しないで行ったので、帰宅してから歴史などを復習した。すると「女性宮司の態度が悪い」という口コミがちらほら。有名らしい。逆に、悪く感じるのは宮司さんのせいではなく、「出雲の人の気質で、根っこは皆良い人」と擁護する人もいた。丁寧に対応してもらったと言うレビューもいくつか見かけた。
ともかく社務所に行くなら覚悟しましょう。心の準備をしておけば感じが悪くてもダメージを減らせると思います。
とくに用事がなければ、お参りだけしてサッサと帰りましょう。

引用:Google

ただ、こういった対応を「ぶっきらぼうだ」と感じるかどうかは、こちらのその時の感情にもよるでしょうし、まぁ巫女さんといえどもやっぱり私達と同じ人間です。

中年の巫女さんとのことなので、ちょうど年齢的に感情コントロールが難しい時期だったりもしますから。

自分の中に、『ぶっきらぼうな対応をされると嫌な気分になる自分が存在するんだなぁ』位に考えましょ!

ということで、気になったインスタをピックアップしました。

国宝です✨ * ついに師走! 今年もあと1ヶ月ですね。 2017年最後の朔日、そして旧暦の10月の現在は「神在月」、、 ということで私、出雲へ行って参りました\(^o^)/ そう、全国から八百万の神々が出雲に集い行われるといわれる神在月でございます。 * こちらの御朱印は『神魂(かもす)神社』のものです。 本殿は現存する大社造の社殿のうち最も古いといわれております。 境内も昔からの姿をそのまま守り続けているんでしょうね。 これだけのものを、そのままの形で残せているなんて、どれだけ大切に愛されている神社なんだろうと思うと感慨深いです。 御朱印を頂いている間、にやにやしながら本殿を眺めていたので、宮司さんにも珍獣を見るような目で見られたような気がします(((^ω^)))‼ #神魂神社#伊弉冊大神#伊弉諾大神#神在月#朔日参り#出雲#松江#師走#旧暦10月新暦12月#繋がり

❁mi❁さん(@makikodairy)がシェアした投稿 –

EGACHANさん(@ichimoku1114)がシェアした投稿

 

まとめ

ここでは、2019年の神魂神社初詣の参拝時間やお守りなどについてまとめています。

●初詣については

  • 参拝時間:常時参拝可。
  • 駐車場:あり(無料)
  • お守り:社務所が開いているときに販売。

●注意事項

  • 境内にトイレがなさそうなので要注意です!

神魂神社は、中心地からは少し距離がありますが、普段の日なんかは参拝の人が少なめですが、さすがに初詣の三が日は、通常よりも人出があります。

人でぎゅうぎゅうとまではいかないようなので、境内をゆっくり散策してみてくださいね。

人気ブログランキングにも参加しています。応援いただけるとうれしいです。

 

Sponsored Links