飲む羊羹ICHIZU(イチズ)の値段は?買えるお店と通販サイトまとめ

飲む羊羹
http://seigetsu.shop-pro.jp/?pid=114949698

 

飲む羊羹イチズ(ICHIZU)が、北海道の老舗菓子店「清月(せいげつ)」から4/1に(土)に発売されると話題になっています。

こちらのお菓子屋さんは、北見市の「小豆」にこだわった「きたみあずき屋」というブランドを立ち上げて、羊羹だけではなく小豆クッキーや小豆パウンドケーキなどの洋菓子展開もされています。

その中の新商品が、今回発売される飲む羊羹なのですが、

飲む羊羹って何?

と調べると、ワインのようなボトルにはって、ワイングラスに注ぐと、よく見ると小豆の粒は見えるのですが、遠目で見るとワインに見えます。

ボトルに貼られたラベルも、なんだかおしゃれです。

温めたらおしるこやぜんざいになるのかな?

と、気になって仕方がないので、飲む羊羹ICHIZU(イチズ)の値段や取扱店舗、通販サイトについて調べてみました。

Sponsored Links

飲む羊羹ICHIZU(イチズ)の値段は?

お値段は、600g入で3,240円(税込)。

おしるこやぜんざい、と思うとこのお値段はちょっと高い気がします。

和風カフェなんかでいただくぜんざいって、大きめのお椀に出てきますよね。

ぜんざいなので、200cc=200gではないとは思うけど、それを想定したら1杯1,000円位になりそうな気もします。

飲み方・食べ方は?

「飲む羊羹 ICHIZU」は、通常の羊羹と比べて2倍の小豆を使っているそうで、舌触りが良く、濃厚で小豆の風味も味わえる自慢の商品と仕上がっているそうで、飲むというより、食べる感覚に近いのかもしれません

トーストやアイス、かき氷にかけても美味しそうです。

ネットでは以下のような書き込みがありました。

私もやっぱりおしることかぜんざいしかイメージできないので、同感です!

取扱店舗まとめ

飲む羊羹ICHIZUが買えるのは、工場とその直営店舗。

百貨店などでの取扱いは、今のところなさそうです。

Sponsored Links

本社/工房

南アルプス本店←本店と住所が同じようです。

セレオ甲府店

貢川店

玉穂店

石和店

増穂店

富士吉田店

イオンモール多摩平の森店

通販サイト

飲む羊羹ICHIZUは、4月1日より、清月の公式ショップより注文可能です。

⇒  清月のオンラインショップ

アマゾンや、楽天市場でもけるかな?と思って調べてみたのですが、静月さんの商品は、公式のオンラインショップと直営店でしか購入できないようです。

飲む羊羹ICHIZUはもちろん気になるのですが、季節限定のロールケーキなんかもすごく気になります。

清月ロール
引用:http://www.saygets.co.jp/?mode=cate&cbid=1733327&csid=0

 

まとめ

ここでは、4月1日発売の「飲む羊羹ICHIZU」についてまとめています。

飲む!となるとイメージがつきにくいのですが、小豆好きの方へは、お中元なんかにも良さそうですね。

 

人気ブログランキングにも参加しています。応援いただけるとうれしいです。

Sponsored Links