山田泰珠(揖斐川)の茶の実オイルのお取り寄せ通販や栄養は?

Oil

岐阜県揖斐川町(いびがわちょう)『岐阜のマチュピチュ・天空の茶畑』と呼ばれるお茶の生産地があるのをご存知ですか?

この場所で、お茶の葉ではなく茶の実オイルを生産する山田泰珠(たいじゅ)さん(61歳)が12月2日の人生の楽園の主人公です。

茶の実は、ツバキ科に属するお茶の実から取れるオイルで、よく似たものに椿オイルというものもあり、ヘアケア用品にはよく配合されているオイルなのですが、山田さんが生産するのはティーオイル。

椿オイルとは少し成分も違って、茶の実の食用オイルで天ぷらを作ると、ベタつかずにカリッと仕上がってとっても美味しいんですよ!

ここでは、そんな山田泰珠(たいじゅ)さんの生産する茶の実オイルについて、お取り寄せ通販サイトや成分や栄養についても調べてみました。

Sponsored Links

茶の実オイルのお取り寄せ通販

山田さんが生産する茶の実オイルは

春日乃売茶扇というところでのお取り寄せ通販が可能です。

⇒ 春日乃売茶扇

他にも、楽天市場やyahooショッピングでも、山田さんの生産した茶の実オイルではないのですが、コスメ用のオイルや食用の茶の実オイルがお取り寄せ通販可能です。

山田さんが手がけていらっしゃるお茶と同じ種のチャノキかた取れたほうじ茶も売られていました。

茶の実オイルについて

Camellia sinensis - Köhler–s Medizinal-Pflanzen-025.jpg
By Franz Eugen Köhler, Köhler’s Medizinal-Pflanzen – List of Koehler Images, パブリック・ドメイン, Link

ツバキ科に属する「お茶の木=チャノキ』はカメリアシネンシスという学名を持つ樹木でなので、見た目は椿にそっくりです。

この葉っぱを乾燥させたものが緑茶になり、発酵させると紅茶や烏龍茶に変わります。

そして花が咲いた後に、3つの実=種子をつけるのですが、その実から圧搾されたのが茶の実オイルです。

少し前に大流行したハンドスピナーに形がよく似ています。

茶の実オイルの美容効果

massageoil

Sponsored Links

茶の実オイルは、日本ではあまり聞かないのですが、ウーロン茶の生産が盛んな中国では、昔から最高級の美容スキンケアオイルとして使用されていました。

世界三大美女よ言われている楊貴妃も愛用していたようですよ。

茶の実オイルには、たっぷりのビタミンEが含まれているために、オイルが酸化しにくく、化粧品の原料としても、食用としても使いやすいオイルでもあるんです。

美容オイルとして使っていく場合の効果効能について簡単にまとめてみると以下のようになります。

エモリエント効果 皮膚を柔らかくする効果(すぐれた保湿性)
抗酸化作用 緑茶同様の高い抗酸化力
抗加齢 フリーラジカル(活性酸素)による損傷から皮膚を守る
瘢痕(はんこん)形成作用 皮膚の傷の修復
収れん作用 皮膚を引き締める
抗炎症作用 皮膚の炎症を抑える
神経保護作用 神経の損傷を減らす
血糖上昇抑制作用 糖尿病予防
突然変異抑制作用 抗ガン
脂質減少 LDLコレステロールやトリグリセリドを低減
抗アレルギー作用 免疫機能の改善・増強
抗菌・抗ウィルス・抗真菌 菌の繁殖を抑える・高い抗ウィルス・抗真菌性(カビの繁殖を抑える)
昆虫忌避(きひ)・殺虫 虫害を寄せ付けない・または殺虫

茶の実オイルの成分と栄養効果

オイル漬け

オレイン酸

茶の実油は、他の食物油と比較すると、オリーブ油の特性と同じように、オレイン酸が多く含まれています。

茶の実油に含まれるオレイン酸は「オメガ9」系で、簡単に言うと、ドロドロ血液をサラサラにして老化や動脈硬化などを防ぐ効果です。

リノール酸

リノール酸については、何とオリーブオイルの2倍以上の含有量があり、全体として落花生の油とよく似た成分構成なので、ナッツ系の風味が楽しめます。

このリノール酸もコレステロールを減らし、動脈硬化を予防する効果があるのですが、とりすぎ注意のオイルでもあります。

ちなみに、リノール酸を多く含む食品に、くるみがあるのですが、食べ過ぎるほど食べることってありませんよね。こんなていどなので大丈夫!

植林はるので、しょくひんとしてはバランスをトリナがrなので、

成分で一番嬉しいのが、抗酸化力が非常に高いということ!

これは、オレイン酸を多く含み、また抗酸化性のあるビタミンAの一種「β-カロテン」や「ビタミンE」、「CoQ10(コエンザイムキューテン)」が含まれ、他の食用油に比べると活性が高いのです。

コエンザイムQ10

茶の実油に含まれることがわかっているCoQ10は、体内でビタミンEやCと共存して、活性酸素(フリーラジカル)の害から身を守ります。

活性酸素は、ストレスなどによって体内で作られるのですが、それが、脂質、たん白質、およびDNAなどに作用して各種の疾患や老化をもたらすことが知られています。

茶の実油に含まれるCoQ10は、この反応を抑え健康を守る働きを示すものと考えられています。

ちょっと難しくなりますが、茶の実オイルについてレポとされたPDFも面白かったです。

⇒ 日本茶実の成分の解明

では最後になりましたが、山田さんが茶飲み栽培を始めたきっかけについて。

 

茶の実栽培をはじめたきっかけ

山田泰珠さん
引用:人生の楽園

山田泰珠(たいじゅ)さん(61歳)は、の出身は名古屋。

もともと東京でサラリーマンをしていた山田さんに転機が訪れたのは52歳のときで、リーマンショックの影響でリストラされ会社を退職。

それをきっかけに、母・珠恵(たまえ)さんが暮らす名古屋の実家に帰ることにしました。

実家に戻った山田さんは、『人生をリセットしたい』と両親の故郷・岐阜県揖斐川町を訪ね、両親の足跡を辿りながら第二の人生を模索していきました。

時期は詳しくわからなかったのですが、山田さんは、離婚も経験されているんです。

52歳といえば、まだまだ社会では現役で活躍できる時期ですし、人生としても体力もまだまだ保てる年齢で、やれることってたくさんあります。

リストラ当時は精神的にも大変な時期だったとは思うのですが、それをうまく次の人生に転換できたことはある意味羨ましいくらいです。

そんな山田さんは何度も揖斐川町に通っているうちに、「岐阜のマチュピチュ・天空の茶畑」と呼ばれている旧春日村上ヶ流(かみがれ)地区のお茶栽培農家さんと知り合い、お茶畑の仕事を手伝うようになりました。

それがきっかけで、自らも耕作が放棄されたお茶畑を借り世話を始めます。

その時に目にしたのが「茶の実」でした。

茶の実について調べてみると、茶の実からは油が搾れ、食用や化粧品の原料として使われていることを知ります。

この時に、お茶だけではなく

「茶の実はこの地域の埋もれた資源。茶の実に第二の人生をかけてみよう」

と考えたそうです。

それからの山田さんは、名古屋から通いながら茶畑の世話を開始。

そして、4年が経った今年2017年の2月に、母・珠恵さんと共に揖斐川町へ移住し、本格的に茶の実栽培をスタートさせ、茶の実オイルの生産を始めたのでした。

まとめ

ここでは、12月2日に人生の楽園で放送される放送される岐阜県揖斐川町(いびがわちょう)の『岐阜のマチュピチュ・天空の茶畑』という場所で、茶の実オイルを生産する山田泰珠さんと、茶の実オイルのお取り寄せ通販サイトについてまとめています。

茶の実オイルのお取り寄せ通販は

⇒ 春日乃売茶扇 のほか以下のサイトでも可能です。

人気ブログランキングにも参加しています。応援いただけるとうれしいです。

Sponsored Links