ミートコ内にある「ブーランジェリー・アン・アミー(Boulangerie une Amie)」というパン屋さんが5月2日の人生の楽園の主人公です。

地産地消にこだわる「ブーランジェリー・アン・アミー(Boulangerie une Amie)」のパンは、テラスで食べることもでき、プチ贅沢も一緒に味わえルパンやさん♪

ここでは そんなくばのミートコ内にある「ブーランジェリー・アン・アミー(Boulangerie une Amie)」というパン屋さんについて、名前の意味や場所と営業時間、また口コミや評判についてまとめました。

Sponsored Links

ブーランジェリー・アン・アミー(Boulangerie une Amie)ってどういう意味?

通称「アミー」と呼ばれているパン屋さんのお店の名前は、女の子の名前かな?っと調べてみるとフランス語で「友達のパン屋」という意味でした。

ミートコのパン屋「アミー」の場所と営業時間

引用:MeeToco

  • 場所の住所:〒305-0813 茨城県つくば市下平塚383
  • TEL:029‐859‐3255
  • 営業時間:(平日)10:00~18:00/(日曜日)9:00~17:00
  • 定休日:火曜
※2020年5月の時点で新型コロナの影響などで定休日や営業時間が変更になっている可能性がありますので注意してください。
ブーランジェリー・アン・アミーさんでは、パンを購入すると珈琲のサービスを受けられる他、入り口左のテラス設けられているカフェスペースで、飲食も可能です。
まさに、写真なんかで見かけるフランスの朝のカフェみたいな、贅沢な時間も楽しめるんですよ!

引用:MeeToco

ミートコのパン屋・アミーの行き方アクセス

この投稿をInstagramで見る

 

なんぱちこ(@nanpachiko)がシェアした投稿

 

●住所:〒305-0813 茨城県つくば市下平塚383

徒歩でミートコのパン屋・アミーへ行く

✔ つくばエクスプレス「研究学園駅」から徒歩25分程度

お車でミートコのパン屋・アミーへ行く

✔ つくば中央ICから15分弱

  1. つくば中央インターチェンジ出口信号右折し、直進。
  2. 左側にみずほの村市場前の交差点を右折、直進。
  3. 途中、左手にとりせん(スーパー)、左前にiias(ショッピングモール)、右前に常陽銀行(地方銀行)がある交差点も直進。
  4. さらに進むと、左手にコストコのある道路を直進し、
  5. 左手に、動物病院、右手にBig(中古車屋)がある交差点を右折。
  6. 右手にトライアルのある道を進み、一つ目の十字路を右折して左側で到着!

ブーランジェリーアンアミーの口コミ評判

ブーランジェリー・アン・アミーのご主人が大好きだというシナモンパンは、本当に美味しそうです!

この投稿をInstagramで見る

 

chi._.jeni(@chijeni1127)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

 

miyuki109(@miyuki__109)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

 

🐶(@shika___3)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

 

U(@umefujimura)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

 

U(@umefujimura)がシェアした投稿

あと、ブーランジェリーアンアミーで注目されているのは、パンの美味しさはもちろんだけど、奥様とB’zの稲垣さんがいとこさんだそうで、B’zファンにとって、聖地化しつつあるようです。

管理人

私も、B’zは大好きな世代です。

だからこそ、お店には迷惑かけないようにしたいですね!

 

この投稿をInstagramで見る

 

miyuki109(@miyuki__109)がシェアした投稿

 

Sponsored Links

ブーランジェリーアンアミー開店のきっかけ

パン屋さんのお店の名前、が下を噛みそうなので

ブーランジェリー・アン・アミーのオーナーは、須川泰行さんと妻の恵美子さん。

ご主人、泰行さんは、もともと東京・品川のホテルでレストランのマネージャーなどと多忙な業務に携わっている中で、結婚、離婚を経験。

2010年に当時同僚だった恵美子さんと再婚されてます。

そんな泰行さんの楽しみは、通勤途中に買うシナモンロールや、勤めていたホテルが作る食パンも大好きだったそうです。

確かに、ホテルの食パンってすごく美味しいんですよね!

そんなご主人の泰行さんは、次第に定年後のことを考えるようになりました。

定年後に起業するならと、飲食店も考えたそうですが、幅広い年齢の方に喜んでもらえるのはパン店だと思うようになったそうです。

そして、2017年に定年退職に、「日本パン技術研究所」の100日コースに通い、専門技術を学びます。

人生3ヶ月で変えることができるって聞くけど、まさに100日コースって3ヶ月ちょっと。

もともと、パンが好きだったということも習得の速さに繋がったとは思うのですが、なにかに真剣に取り組むと、ちゃんと次の道まで開けてくるんですよね。

その証拠に、茨城県の自宅そばの商業施設「MeeToco」でパン店を募集していると聞き、この機を逃してはならないと決意し応募!

そうやってオープンさせたのが、「友達のパン屋」という意味の「(ブーランジェリー・アン・アミー(Boulangerie une Amie)」で、2018年11月のことでした。

パン屋さんの朝は早く、ご主人の泰行さんは、毎朝4時からパン作りをスタート。

こだわりの食パンから取り掛かり、シナモンロールなどの菓子パンや総菜パンを手際よく作り、7時になると奥様の恵美子さんも到着し、仕上げなどを手伝います。

ホテルマンとしての経験から「お客様の要望に応えたい」と、パンは食べやすい大きさにカットしたり、パンを購入したお客さんには無料でコーヒーがいただけたりと、パン屋さんというよりもカフェに近い感じですね。

この投稿をInstagramで見る

 

@24cocoがシェアした投稿

Sponsored Links

 

まとめ

ここでは 2020年5月2日に人生の楽園で放送された、つくばのミートコ内にある「ブーランジェリー・アン・アミー(Boulangerie une Amie)」というパン屋さんについて、名前の意味や場所と営業時間、また口コミや評判についてもまとめています。

今の季節は、ドライブがてらパン屋さん巡りをするのに最適な季節です。

今年は新型コロナで、GW中もお家で過ごすことになるけど、夏頃にはおいしいパン屋さん巡りができますように!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

 

▼人生の楽園の過去記事はこちらから▼

 

人気ブログランキングにも参加しています。応援いただけるとうれしいです。


人気ブログランキング

 

 

Sponsored Links
ピックアップ関連コンテンツ