熱田神宮初詣2018の駐車場と交通規制や混雑は?屋台時間も調査!

熱田神宮1
引用:https://www.jalan.net/event/evt_211593/

熱田神宮は中部地方最大の参拝者数を誇る東海地方屈指の古社で、歴史深い神社は、伊勢神宮に次ぐ崇敬を集めているそうです。

三種の神器のひとつである草薙神剣(くさなぎのつるぎ)が鎮座するのが熱田神宮で、神聖で広大な境内は、名古屋市内にあるのを忘れてしまうくらい緑豊かで、心落ち着く場所になっています。

熱田神宮の初詣は、全国ランキング5位と人気のスポットでなんと毎年230万人以上の参拝客が訪れるほどです。

そんな熱田神宮の2018年の初詣について、ここでは駐車場と交通規制や混雑について、また屋台の営業時間についてもまとています。

Sponsored Links

2018年の熱田神宮の初詣の詳細

熱田神宮の初詣には、大晦日の夕方から混雑が始まり、例年、深夜から元旦の日中にかけては身動きがとれないほどの大混雑になっています。

  • 歳旦祭 1日5時~:よい1年でありますようにと祈る祝詞が奏上
  • 元始祭 3日7時~:皇室・国家の繁栄を祈る祭典
  • 初えびす 5日0時~:商売繁盛・家内安全・漁業豊漁を祈願
  • 世様神事 7日14時~:1年の豊凶を占う神事

1月5日の「初えびす」は、元旦と同じくらいの参拝客が訪れ、5日を最後にこの混雑は落ち着いていきます。

空いているおすすめ時間と混雑状況

三が日で比較的空いているおすすめの時間帯は、

  • 元旦の夜
  • 2日~3日の朝7時~9時頃

三が日すぎて4日だと、日中はこんな大勢の人で混雑!

8日になると、幾分落ち着いてきてるようだけど、それでもまだまだ人はおおいです。

熱田神宮について

熱田神宮3
引用:http://www.localplace.jp/t100120708/

熱田神宮は、三種の神器の一つ草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)の御鎮座に始まりました。

敷地内は約6万坪ほどあり、樹齢千年を越える大楠や、宝物館には、皇室を初め全国の崇敬者から寄せられた6千余点もの奉納品が収蔵展示されています。

境内外には本宮・別宮外43社があり、主な祭典・神事だけでも年間70回ほど開かれます。

  • 住所:愛知県名古屋市熱田区神宮1-1-1
  • 営業時間:終日開放
  • 定休日:なし
  • 入場料:無料
  • 駐車場:あり(初詣時は閉鎖)
  • お守り受付:7時頃~日没頃
  • ご祈祷・神楽受付:8時半~16時頃
  • 問い合わせ先:052-671-4151

行き方・アクセス

公共交通機関で

●名鉄電車

神宮前駅下車し徒歩3分で東門

神宮前駅は特急、急行、普通、全てが停車するので便利でおすすめです!

●JR電車

熱田駅下車し徒歩10分で東門

普通電車しか停車しないので注意してくださいね!

●名古屋市営地下鉄

最寄り駅は神宮西駅か伝馬町駅になり、どちらも徒歩10分。

名鉄、JRは終夜運行を行っていませんが、地下鉄は終夜運行を30分間隔で行っているため便利です!

お車で

  • 名古屋高速・堀田IC出口より車で約5分

初詣の期間中は、例年31日の23時から神宮周辺で交通規制が行われるため車での移動はかなり困難になりますからご注意ください!

駐車場について

いつもは熱田神宮の東門、西門、南門に約400台ほどの駐車場がありますが、大晦日~1月6日の間は全ての駐車場が使えません。

付近にはコインパークングなどもありますが、31日の早くからどこも満車状態です。

最近は、スマホから簡単に事前に予約できる駐車場があります。
当日でも空いていれば予約ができるので便利です。

  • 駐車場の事前予約をする ⇒ akippa

熱田神宮そばコインパーコングまとめ

また、熱田神宮周辺で初詣の期間でも駐車できる可能性があるところをまとめましたので、参考にしてください!

Sponsored Links

タイムズコジマ×ビックカメラ熱田店(赤マーク)

  • 入庫可能時間:24時間入出庫可
  • 収納台数:305台
  • 住所:名古屋市熱田区大宝2-4-22
  • 料金:60分100円(最大料金400円)

●名鉄協商パーキング(オレンジマーク)

交通規制について

例年熱田神宮付近は大晦日から1月5日位まで交通規制がかかります。

12月31日~1月3日

熱田神宮交通規制201801

1月4日~1月5日

熱田神宮交通規制201802

大きなPDFで見る⇒ 熱田神宮2017-2018交通規制

屋台・出店について

熱田神宮の初詣時には、参道や神宮周辺に沢山の屋台が出ます。

屋台といったらB級グルメですよね!!

熱田神宮は休日になるといくつか屋台が出ますが、初詣時期になると沢山の屋台が出るので屋台目当てに来る方も多いです。

  • 大晦日:深夜はまだ準備状態で、ごく一部の店のみ営業
  • 元旦~1月5日:屋台は沢山でていて、9時~22時くらいまで営業
  • 6日~15日:松の内の期間の15日まではいくつかは屋台は出ているそうですが、5日を過ぎると少なくなるようです。

最近の屋台は、B級グルメのB-1グランプリなどで入賞した屋台などが出ていますよ~。

名古屋発祥のB級グルメのたませんは他では食べられないそうで、低価格で中のトッピングを変えられるので、好みのたませんを食べることが出来ますよ~


こちらは名古屋だけなのでしょうか?
サメ釣りといって、竿でおもちゃを釣るゲームで、サメ釣り以外にも沢山のお子さんには嬉しい屋台も出ていますよ~

本宮へ行く道にずらりと屋台が出ているので、屋台で買うにも混雑をかき分けてやっとおめ会えのお店の前に到着です。

1日~5日は沢山の人出のなか、屋台も並んで買わなくてはいけないようですね。

2日~5日は夕方からなら比較的空いてくるので、屋台も並ばず買えるかと思います!

Sponsored Links

まとめ

ここでは2018年の熱田神宮の初詣の駐車場と交通規制や混雑、また屋台の営業時間についてもまとめています。

沢山の参拝者が訪れる熱田神宮では、全ての駐車場が12月31日~1月6日の間は全ての駐車場が使えません。

付近のコインパーキングも、タイミングが悪いとどこも満車状態なので、スマホから簡単に事前に予約しておいた方がいいかもしれません。
当日でも空いていれば予約ができるので ⇒ akippa

  • 大晦日:深夜はまだ準備状態で、ごく一部の店のみ営業
  • 元旦~1月5日:屋台は沢山でていて、9時~22時くらいまで営業
  • 6日~15日:松の内の期間の15日まではいくつかは屋台は出ているそうですが、5日を過ぎると少なくなるようです。

そして、沢山の人が参拝をしに来るのでお子さんの迷子にはお気をつけくださいね~!

人気ブログランキングにも参加しています。応援いただけるとうれしいです。


人気ブログランキング

Sponsored Links