浦上秀樹(うらかみひでき)のプロフィールは?文字アート作品の値段や個展も調査!

浦上秀樹(うらかみひでき)さんは、車椅子生活を始めて17年、難病でありながら、筆を口にくわえて、一文字に心を込めた「こころ文字」アーティストです。

例えばこの東京という文字。

この文字は、2020年の東京オリンピックに向けて浦上さんが書いた文字です。

この中には、「東」の中に「なみだの」、「京」の中に「きせき」というひらがながかきこまれていて、合わせて「なみだのきせき」という文字と意味が隠れています。

よく見ないとみつけることは出来ないかもしれませんが、漢字の中にひらがなを盛り込み、その中に、もう一つのメッセージが込められていて、それが浦上秀樹さんの「こころ文字」です。

ここでは、浦上秀樹さんのプロフィールとともに、アート作品の値段や個展について調べてみました。

Sponsored Links

浦上秀樹さんプロフィール

浦上秀樹
http://www.ito-ya.co.jp/store/itoya/k-itoya/recommend/2016/12/002146.html
  • 名前:浦上秀樹(うらかみひでき)
  • 生年月日:1973年2月9日生まれ(2017年5月現在44歳)
  • 出身:埼玉県上尾市
  • 現在:春日部市在住
  • 血液型:A型
  • 学歴:埼玉工業大学 工学部卒業

浦上秀樹さんの本について

浦上秀樹さん「ひともじの奇跡」というタイトルの本も出版なさっています。

この本の中には、52文字が紹介されているのですが、漢字の中にひらがなを盛り込み、その中にはもうひとつのメッセージが込められています。

上の方で紹介した「東京」のような文字で、「こころ文字」です。

⇒ アマゾンで購入

⇒ Yahooショッピングで購入

⇒ 7netで購入

本の感想をアマゾンのレビューからチェックしてみました。

漢字の中にひらがなが隠れていて
その漢字の持つ本来の「意味」や「力」
著者の伝えたい「言葉」や「心」がうまくマッチしたとても素敵な作品ばかりでした。
普段何気なく使っている漢字でも、本当の意味は日本人ですら、よく知らないものです。
著者が漢字を噛み砕いて、わかりやすく老若男女のすべての人に伝えられる一冊だと思います。
タイトルに書いた通り、自分の心情に応じて、自分にとってこれだ!という作品が持つ力や、勇気を与えてくれるはずですよ★
本当に口に筆を咥えて書いているの?というくらい、どの作品も力強くて驚きです。
まだまだ眠る漢字たちに光を与えて、新しい作品も見てみたいです。
[ひと文字のキセキ]第2弾!! 期待してま〜す。

Sponsored Links

オススメな1冊で〜す v(^o^)v

引用:アマゾンレビュー

 

浦上秀樹さんの経歴と病気

浦上秀樹さんが、車いす生活になったのは、今から17年前の大学時代のことでした。

病名は、徐々に筋肉が衰える進行性の難病・遠位型(えんいがた)ミオパチーです。

それでも弱音を吐かず、「今できることをやろう」と、動かなくなった手の代わりに口を使ってパソコン操作したり、ありとあらゆることに挑戦してきました。

そんな中、7年前に偶然出会った「文字アート」に希望を見いだします。

無我夢中で口に筆をくわえ、それまで溜めこんできた思いを文字にぶつけたのでした。

今では「体が不自由になるほど心が自由になる」とおっしゃるほどです。

遠位型(えんいがた)ミオパチーとは?

遠位型(えんいがた)ミオパチーとは、胸・腰など『駆幹』や上腕・大腿部など『躯幹』から離れた部位から筋肉が萎縮していく病気です。

ミオパチー(Myopathy)とは、筋疾患(筋肉の病気)のことを呼び、筋ジストロフィーやミオパチーが含まれます。

浦上秀樹の個展は?

『こころMoji展』2018年6月開催!

引用:浦上秀樹さんブログ

今年で3回めになる『こころMoji展』は、とエレクトーン奏者kacoさんとのコラボ共演です。

  • 日時:2018年6月23日(土)
  • 時間:13時~18時
  • 参加費:500円 (小学生以下無料)
  • 会場:吉川市民交流センター おあしす(1F多目的ホール)
  • 住所:〒342-0058 埼玉県吉川市きよみ野1-1

●行き方・アクセス:吉川美南駅から車で15分弱

実演&演奏スケジュール

  • こころMoji実演:14:00/15:30
  • ミニコンサート:13:30/15:00/16:30

昨年は、彩色こころMojiのレプリカ、墨文字の原画、はがきサイズのカードが販売されました。

またこれ以前にも、5月と昨年11月には沖縄で、今年1月には東京での個展が行われていました。個展の告知は、ブログで行われていますので、まめにチェックしておいたほうが良さそうです。

⇒ 浦上秀樹さんブログ

浦上秀樹さんの作品の値段は?

浦上秀樹さんの作品の値段は、文字や使う色によっても変わってくるのだと思います。

現時点では、浦上秀樹さんの作品はネットショップなどでの販売はされていないので、正式な値段はわからないのですが、

たとえば、よこはまの中華街で描かれている花文字という、文字をお花仕立てにしたものがあります。

こちらはその場で描いてもらえます。

この花文字の値段は、1文字単位になっていますから、最低でも同じくらいのお値段するのではないかと思われます。

  • 1文字 : 2,500円
  • 2文字 : 3,500円
  • 3文字 : 4,000円
  • 4文字 : 4,500円

⇒ 花文字(横浜中華街)のお店の場所と値段は?マツコの知らない世界

まとめ

ここでは、「こころ文字」アーティストの浦上秀樹さんのプロフィールや、文字アート作品の値段や個展についてしらべてみました。

浦上秀樹さんは5月29日のNHKにご出演なさいます。

そのことが浦上さんのフェイスブックに掲載してありました。

人気ブログランキングにも参加しています。応援いただけるとうれしいです。

 

Sponsored Links