ラトリエ沖縄・島袋司のフレンチの場所は?口コミ評判と値段も調査

2017-08-21

ヒカゲヘゴ

沖縄のラトリエ(L’atelier)という琉球フレンチレストランとオーナーシェフの島袋司さんが8月20日の情熱大陸の主人公です。

地元、沖縄の食材にとことんこだわったラトリエのお料理は、目にも鮮やかで、料理が趣味とまで言い切る島袋司さんのフレンチはとっても美味しそうで、日中に近所の森に食材も調達に行かれるようです。

こちらの植物はヒカゲヘゴ。

シダ科の植物で、でっかいゼンマイのような新芽を調理されていました!

さらに番組では「金で買えないスパイス」なるものがが登場するので、多分自生する野草や薬草・スパイスだと思うのですが、そんなことも併せてとっても美味しそうだしお料理も気になりました。

なので、ここでは、島袋司さんがオーナーを務める琉球フレンチレストラン「ラトリエ(L’atelie)」の場所や行き方、また口コミ・評判やメニューの値段についても調べてみました。

Sponsored Links

ラトリエの店舗情報

ラトリエ01
出典:食べログ

 

  • 沖縄県那覇市上之屋 1-10-3 エレガンスコーポフェリーチェ2F
  • 098-862-8167
  • 営業日:火~日
  • 営業時間:18:00~22:00(L.O)
  • 定休日:月曜日完全禁煙
  • 駐車場 :無(近隣にコインパーキングあり)
  • 完全禁煙(テラスに喫煙場所あり)
  • 以前はランチ営業もさていたのですが、現在はお休み中です。

行き方・アクセス

交通手段 :美栄橋駅から徒歩15分

お料理メニューと値段

以前は、ランチタイムにランチメニューが提供されていたようでが、現在は年内いっぱいおやすみ中で、ディナーのみになっています。

  • ラトリエコース:5000円・5皿のコース料理(+コーヒー、紅茶)
  • シェフスペシャルコース:8000円・6皿のコース料理(+コーヒー、紅茶)
  • 旬のおまかせコース(要3日前予約、2名様より)12,000円~(ご希望に合わせて価格、内容を相談)

お料理が本当に綺麗で、まさに沖縄と思える食材を使ったお料理画像をピックアップしてみました!

沖縄の3大高級魚の「アカマチ」のソテー

ラトリエ02
引用:食べログ

 

紅芋のポタージュ

ラトリエ03
引用:食べログ

 

やんばるスパイスを使ったスープ

引用:食べログ

金で買えないスパイスって何?

8月20日に放送される情熱大陸では、島袋司さんのフレンチレストラン・ラトリエ沖縄で提供されているお料理に金で買えないスパイス」なるものが使われているというのです。

「金で買えない沖縄特有のスパイス」って何だろう?とても気になっていたらピンクペッパーでした。


nK-Organic 【ガラスボトル】ピンクペッパー 15g

まだまだ冷蔵庫などがなかった時代の17世紀頃、大航海時代といわれる時代があって、ヨーロッパの金銀と中東やアジアの香辛料・胡椒などが交換されていた時代があります。

肉食が普及してきた頃で、味付け目的よりも、保存料としての香辛料です。

そして沖縄には中東とおなじような気象条件下にある土地なので、スパイスもこれらの国で生産されるようなスパイスも育つんですね。

Sponsored Links

ただ、このピンクペッパーは「ペッパー」と付いていますが、流通している多くはコショウ科とは別のウルシ科のコショウボクという植物の果実がほとんどです。

このピンクペッパーと言われる、コショウボクの果実はほんのり甘く、コショウに似た風味を持っていますが、辛みはほとんどありませんから、鮮やかな赤い色を活かして、料理のトッピングやデザートに添えられたりしています。

他にも沖縄には独特の、島こしょうや島らっきょうなども有名です。

そんな沖縄のスパイスがブレンドされた「やんばるスパイス」と言うものも楽天市場で売られていました。

ブレンドはカレー風味が引き立つような混合になっているのですが、いつものお料理があっという間に沖縄風に変わりそうです。


おきなわハーブスパイス2点セット・沖縄県産島とうがらし・激辛在来種・無添加・低温乾燥粉末やんばるヒリヒリ&やんばるヒリヒリシークワァーサーブレンド

ラトリエの口コミ・評判

島袋司さんのラトリエの口コミと評判をツイッターかr写真付きのものをピックアップしました。

今日版はとっても良くって、美味しいというものばかりですが、写真で見たほうがわかりやすいです。

ただ1つだけ、あまりおいしくなかったという書き込みも発見しました!

メインディッシュではなくパンなのですが、たしかにシンプルで学校給食で出てきそうなパンです(笑)。

でもこういうパンって、メイン料理にかけてあるソースを付けて食べると、以外に引き立ったりするんですよね~。

●パンはオリーブオイル付き(あまり美味しくない)

引用:食べログ
引用:食べログ

ミーバイって魚は何?

ミーバイ
http://livedoor.blogimg.jp/kamiyama_okinawa/

8月20日放送の情熱大陸ではミーバイという魚が調理される様子も放送されます。

ミーバイとは、沖縄の読み方で「ハタ」のこと、

沖縄のお魚って色とりどりの熱帯魚のようで、最初見た時はドッキりするのですが、このミーバイ、さすがに模様は個性的で、皮ごと出てくるとちょっとひいてしまいそうですが、沖縄でも1番美味しいと言われているお魚です。

まとめ

ここでは、沖縄で島袋司さんがオーナーを務める琉球フレンチレストラン「ラトリエ(L’atelie)」の沖縄・島袋司フレンチレストランの場所や行き方、また口コミ・評判やメニューの値段についても調べてみました。

沖縄の国際通りには沢山の、肉料理やさんがあって、観光でいくとパフォーマンスとともに楽しませてくれるお店をオススメされることが多いです。

確かにとっても楽しいけれど、せっかくの沖縄だったら、こんな風に本場の味が楽しめる最高のお店にいてみるのも楽しみを倍増させますね!

人気ブログランキングにも参加しています。 応援いただけると嬉しいです。

 

Sponsored Links