日常 流れ星・月

こと座流星群2017大阪見ごろのピーク時間や方角方向は?

投稿日:

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

4月こと座01

こと座流星群が、4月中旬から月末にかけて他観測できる季節になっていました。

こと座流星群は、小さな天体から放出されるのですが、条件さえ整えば、肉眼での観測も可能な流れ星でなので、楽しみな流れ星の1つで、1月のしぶんぎ流星群以来、1年間のうちで2番めの主要な流星群で、観測記録はとっても古いです。

最初の記録は、今から2000年以上も前に中国で観測されています。

さらに、今年の観測条件は最高とはいえませんが、まずまずの好条件ですから、お天気さえ良ければ、沢山の流れ星を観測できる可能性があり、期待できそうです。

ここでは、4月のことざ座流星群について、大阪での見頃のピーク時間や方向・方角についてまとめています。

Sponsored Links

4月こと座流星群とは

こと座流星群は、四角い形をしていて、楽器の「琴」の形をしていることから「こと座」と呼ばれている星座です。

七夕で有名なおり姫=ベガは、こと座の1等星になります。

観測記録は古く、特に活発だった活動は紀元前687年や紀元前15年に見られ、その後も、1040年や1096年の記録が残っています。

アメリカでは、1803年にはなんと15分に167個もの記録もあるんですよ。

近年は、あまり活発な目立った活動は報告されていなくて、1922年にギリシャ、その後は1945年に日本、1982年に北アメリカで活発な活動が観測されたのが最後です。

ただ、こと座流星群は突発的に多数出現することもある流星です。

また、ピーク時は1時間に10個~15個の流れ星が観測できますから、突発出現が無くてもかなり期待していて良さそうです。

こと座流星群の見ごろのピーク時間は?

こどざ流星群は、4月の中旬から月末にかけて出現する流れ星で、今年2017年は4月16日(日曜日)~4月25日(火曜日)くらいまでが出現しやすい期間になっています。

極大(一番出現数が多い)時刻

一番、流れ星が現れることを「極大」というのですが、その極大の日時は4月22日の夜の21:00。

ただ、極大時刻が見ごろのピークかといえば、実はそうでもありません。

と言うのは、

月の出る時間と、放射点の位置と、極大時刻と3つの条件のベストなタイミングが整った時刻が観測しやすい見頃のピーク時刻になるのです。

今年は極大時刻が夜なので、観測条件は良好です。

年によっては、極大時間が日中だったり、満月だったりすることもあって、そういう年は、残念ながら流れ星は観測することがかなり難しくなります。

見頃のピーク時間と日にちは?

では、見頃のピーク時間は何時頃でしょうか?

2017年のこと座の見頃のピークは、こと座が真上にのぼってくる4月22日(土曜日)の23時頃~翌朝23日(日曜日)の明け方にかけてです。

Sponsored Links

なぜ、極大時間ではダメなのかというと、月も星も太陽も、東からのぼってくるのですが、21:00の時点では、こと座がまだ低い位置にあるので、星は流れていても、観測しにくいのです。

なので、こと座が高い位置に移動してからのほうが見える確率は上がりますし、見えやすくもなるのです。

また、月が出る時間や大きさも流れ星を観るための大切な条件になります。

大阪で、2月22日の夜半から2月23日の間で月が出る時刻を調べると、4月23日のAM3:15分。(月も太陽も、お住いの地域でじこくが若干違っていますね)
⇒ 月の出入り(大阪)

また、この日の月の月例は26日で幸いなことに三日月なので、月がのぼってきたとしても、月明かりをそれほど気にする必要もありません。

とはいっても、

これらの条件を全部合わせてみると、見頃のピーク時間は、4月22日(土曜日)の23時頃~翌朝23日(日曜日)の明け方ということになりますね。

23日未明には、肉眼でも観測できるかもしれないともいわれていますから、体力のある方は是非、この時刻にチャレンジしてみてください。

幸いなことに、4月23日は日曜日です!

方角・方向はどこ?

こと座流星群を確実に観測したいと思う場合は、月明かりのない方向をちょっとだけ意識して、それでも見る角度・方向は真上です。

流れ星は、放射点を中心に四方八方に流れていきますから、ある一方向だけを観ていると、見逃してしまいがちです。

なので、マンションなどのベランダだと、見える方向や方角が限られている場所からだと見える確率は低くなってしまいます。

まだまだちょっと寒い時期ですが、屋外に出て、屋外の空を広く見渡せる場所で、真上を見るのが流れ星を見るポイントです。

ただ、立ったり座ったままで真上を眺めていると、思った以上に首が痛くて長時間は見上げていられないんです。

流れ星は、最低でも15分は空を眺めていたほうが見える確率も高くるのですが、均等に流れるわけではありません。

気まぐれに続け手流れたぞ、と思うとしばらくは何も見えなくて、諦めかけた頃にまた続けて流れる、みたいなパターンをくり返すことがおおいです。

なので、最低でも15分は、根気よく夜空を眺めてみましょう。

本当は、お庭や公園などの広い敷地で寝っ転がって見るのが一番なんですが、さすがに4月とは言え、夜はまだまだ冷え込みますから暖かくして観測してください。

土の上って、意外にひんやりしますよね。

 

まとめ

ここでは、2017年の4月こと座流星群について、大阪での見ごろのピーク時間や方角方向についてまとめました。

2017年の観測条件は最高ではありませんがまずまずです。

土曜日から日曜日にかけてなので、当日に、お天気さえ良ければ確実に見ることができそうなので是非はチャレンジしてみてください。

ただ、4月といえども、夜はまだまだ冷え込みますから、くれぐれも暖かい服装で。

人気ブログランキングにも参加しています。応援いただけるとうれしいです。

Sponsored Links

-日常, 流れ星・月

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です