しぶんぎ座流星群2018福岡見ごろのピーク時間や方角方向とおすすめスポットは?

しぶんぎ流星群
出典:http://www.astroarts.co.jp/alacarte/2014/01/04/index-j.shtml

しぶんぎ座流星群は、例年、お正月期間の1月1日頃から1月5日頃に多くの流れ星を見せてくれる縁起の良い流れ星で、3日頃にピークを向えます。

ただ、見られる時間が、ピーク(極大)時刻の前後1時間から4時間程度の数時間と短い時間しか続きません。

なのでしぶんぎ座流星群のピーク時刻が、昼間になるか夜になるかで、年によって当たり外れがある流星群なのですが、2018年のしぶんぎ座流星群の観測条件は、月明かりはあるもののまずまずです。

ここでは、しぶんぎ流星群福岡での見頃のピーク時間や方向・方角についてまとめてみました。

Sponsored Links

しぶんぎ座流星群とは?

しぶんぎ座流星群は、うしかい座とりゅう座の境界付近にある放射点から現れる流れ星で、しぶんぎ座という名前は、かつてこのあたりを放射点にしたしぶんぎ座(四分儀座)という星座を設定していたなごりです。

1928年にしぶんぎ座は、近くにあったりゅう座の一部に組み込まれたために廃止されてしまったのですが、名前はしぶんぎ座流星群として今でも使われています。

*四分儀とは、航海のときに天体を観察しながら現在地の緯度を割り出すことに使った、円形の定規のことです。

見頃の時間のピークは?

しぶんぎ座流星群が見頃のピーク(極大)をむかえるのは、

  • 1月4日の開け方5時頃です。

なので観測のピーク時刻は

  • 1番おすすめ:1月4日0:00~夜明けまで
  • 次におすすめ:1月3日0:00~夜明けまで

ぴったりこの時間というわけではなおのですが、しぶんぎ座流星群は、活動がピーク時刻(極大)の前後1時間から4時間程度の数時間しかみられないとされる流れ星です。

その時刻を外すと、出現率はかなり低くなりますから、残念ながらほとんど見られなくなってしまいます。

流れ星は何故か、明け方に多く出現しているので、ちょうど極大時刻=ピークの1月4日の開け方5時ごろを狙ってみてください。

見る方向や方角は?

しぶんぎ座流星群の放射点は北天です。

だからといって、北を見れば良いわけではなく、流れ星は放射点を中心に四方八方に流れていきますから、見る方向や方角はは基本的には真上です。

ところが、2018年は月齢17と、月明かりの影響が大きいので、月明かりのない反対方向の空をみあげてみてくださいね。

出現パターンについて

年によって、沢山出現する年とそうでない年があって、以前は、西暦を4で割って2余る年には、盛んな出現が見られるという規則性があったようです。

ただ、これに該当しない1975年と1987年には、日本でも多くの観測者によって盛んな出現が観測されたことがあります。

逆に、この規則に該当する1998年と2002年には、大出現が見られなかったようで、大出現の年に関する規則性は、明確ではないようです。

Sponsored Links

何個ぐらい見える?

しぶんぎ座流星群は、ピーク時(極大時)には1時間あたり20個から40個程度の出現が見られ、活発な年には1時間に60個もの出現が見られることもあります。

今年は条件も良いので曇りや雨でなければ、かなり期待できそうです。

観測の穴場スポット

しぶんぎ座流星群に限らず、流れ星を見るのは、高台に行かなくても、照明数が少なく暗めの公園であればどこでもOKです。

(あんまり危険そうなところは避けてくださいね)

ただ、このお正月だからこその穴場スポットがあります。

それは神社!お寺でもOKですね。

神社は比較的照明が少なくて、今の時期は、ちょっと人出が多いかもしれないけど、それが安心材料の1つになります。

暗い神社に誰もいないって、夜だし、さすがにちょっと怖いですから。

その中で、もし足を運べそうだったら絶対にオススメなのが、福岡市東区の志賀島にある『志賀海神社』

あまり知られていない神社ですが、空気が世間と全く違っていて、とても良い気が巡っている神社です。

志賀海神社には古いお財布を持ってGO!

本殿手前、左側にお財布を奉納する場所があります。

みんな、新しいお財布を奉納していらっしゃるようですが、買い替えて使わなくなったお財布でOKだと思います。

お財布って、そのまま捨てるには気がひけるので、歴代の財布を大事にしまっていらっしゃる方も多いですよね。

そういったものを「いままでありがとう」の気持ちとともに、奉納すると良さそうです。

そして新たに新年の抱負や、新しい金運を引き寄せても良いですね!

志賀海神社

■住所:福岡県福岡市東区志賀島877

まとめと感想

2018年の1月4日の明け方に見頃のピーク(極大)をむかえるしぶんぎ座流星群は、福岡ではまずまずの良い条件で観測することができそうです。

  • 見頃のピーク:1月4日の開け方5時
  • 方角・方向:月明狩りと反対方法
  • 1番おすすめ:1月4日0:00~夜明けまで
  • 次におすすめ:1月3日0:00~夜明けまで

さすがに明け方は一番冷え込む時間です。

外に流れ星観測にいかれる場合は、過剰なくらいの防寒対策でお出かけくださいね。

沢山の流れ星に出会えますように!

福岡関連のお正月記事はこちらも人気です。

⇒ 福岡の縁結び竈門神社の恋結びおしゃれで可愛い!

人気ブログランキングにも参加しています。応援いただけるとうれしいです。

Sponsored Links