しぶんぎ座流星群2017東京・関東の見ごろのピーク時間や方角方向は?

2017-01-03

スポンサーリンク

2017年最初の流れ星はしぶんぎ座流星群です。

東京を含む関東圏内は、街灯が多く夜遅くまで明るい街なので、あまり光が強くないしぶんぎ座流星群は観測しにくい流れ星かもしれませんが、2017年の条件はとっても良いのです。

しぶんぎ座流星群は、年の始めのお正月に多くの流れ星を見せてくれる縁起の良い流れ星で、例年1月1日頃~1月5日頃に活動が活発になり、3日頃にピークを向えます。

そんなに条件がよくても、お天気が悪ければ、雲が邪魔して流れ星を観測することはできないのですが、お天気も気温も上々です!

流星群02

今年の幸先の良いスタートに是非、しぶんぎ流星群を観測されてみてください。

ここでは、東京を含む関東圏内のしぶんぎ流星群の見頃のピーク時間や方向・方角についてもまとめてみました。

Sponsored Links

しぶんぎ座流星群とは

しぶんぎ座の放射点であるしぶんぎ座という星座は、実は今はありません。

消滅してしまったわけではなく、もともとのしぶんぎ座のあった場所は、うしかい座とりゅう座の境界付近でした。

ところが、1928年にりゅう座に統合されてしまったので、しぶんぎ座という星座は図鑑のようなものを見ても載っていなかったり形が確認できなくなっているのです。

ただ、『しぶんぎ座流星群』という名前だけは、現在もこうやって使われて親しまれています。

*しぶんぎ座のしぶんぎとは、漢字では四分儀書きます。

この四分儀とは、天体を観察しながら航海していた時代に、現在地の緯度を割り出すために使った円形の定規のことです。

ただ、活発な活動がピークの前後1時間から4時間程度の数時間しか続かない流星群であるために、ピーク(極大)時刻が、昼間になるか夜になるかで年によって当たり外れがある流星群でもあるのですが、2017年のしぶんぎ流星群は好条件で観測することができそうですよ。

また、しぶんぎ座流星群8月のペルセウス流星群12月のふたご座流星群と並んで年間三大流星群のひとつです。

見頃時間やピーク時間は?

しぶんぎ座流星群極大(放出のピーク)を向かえるのは

Sponsored Links

1月3日の23:00頃です。

観測可能時間は、1月3日の22:00くらい~1月4日の3時頃までです。

*残念ながらこの時間帯を外すと、観測できる確率は限りなくゼロに近い状態です。

ただ、しぶんぎ座流星群が活発に活動するのは、ピーク時刻前後1時間から4時間程度の数時間です。

観測できる時間がものすごく短いので、ピーク(極大)時刻が、昼間になるか夜になるかで、年によっては当たり外れがある流星群なのですが、幸いにも今年は夜の時間帯。

更に、月も三日月なことに加えて、夜半には沈んでしまいますから月明かりのない好条件のもとで観測することが可能です。

そして何よりも気になるのがお天気!

どんなに条件が整っても、お天気が悪いじゃ話になりませんが、3日の夜のお天気は晴れ!

しかも、もっと嬉しいことに気温が高めなことです。

東京都港区
出典:http://weather.yahoo.co.jp/weather/

見る方角や方向は?

しぶんぎ座流星群の放射点は北天です。

では、北を見れば良いのかな?と思いたいところですが見る方角や方向は真上なんですよ。

というのは、流星群は放射点から四方八方に星を流していきます。

なので、決まった方向・方角だけ見ていたのでは、反対側の方角に流れていくものは見落としてしまうことになります。

本来なら、流星群の観測は寝そべって見るのが1番で、意外にも長時間真上を見続けることは、首が痛くなってできないんですよね。

1時間に見える数

随分前には、西暦を4で割って2余る年には、盛んな出現が見られるという規則性もあったようです。

ただ、これに該当しない1975年と1987年にも日本でも大勢の観測者によって盛んな出現が観測されていたり、逆に、この規則に該当する1998年と2002年には大出現が見られなかったという経緯もあって、大出現の年に関する規則性は必ずしも明確ではありません。

平均すると、極大時(ピーク時)には1時間あたり20個から40個程度の出現が見られるといわれています。
活発な年には1時間に60個もの出現が見られることもあるようですが、事前予測はできないようです。

まとめと感想

今年、しぶんぎ座流星群を沢山みることができたら、なんだが運の良い1年になりそうな気がします。

願い事を、沢山準備しておかなくちゃ!

Sponsored Links