東公園の紅葉まつり2017やライトアップは?駐車場と口コミも調査

愛知県岡山市の東公園の園内には、資料館や動物園などがあり、普段から人気の観光スポットなのですが、紅葉の時期になると、約1,500本のもみじが彩り、岡崎市で最も大きな紅葉スポットとして知られています。

この東公園は、他の紅葉スポットに比べ比較的混み合わず、アクセスもしやすいために、小さなお子さん、お年寄り、カップルなどと幅広い層に人気の紅葉スポットなんですよ。

ここでは、2017年の東公園の紅葉まつりやライトアップ、駐車場や口コミなどについて調べてみました。

東公園 紅葉
引用:http://www.okazakicci.or.jp/okasanpo/20161204_1/course.html
Sponsored Links

東公園のライトアップについて

東公園 池
引用:http://www.city.okazaki.lg.jp/1550/1567/1638/p005424.html
  • ライトアップ期間:2017年11月中旬~12月上旬
  • 時間:17:00~21:00

岡崎市の東公園のもみじの色づき始めは11月上旬頃からで、11月中旬~12月上旬にかけて見頃のピークを迎えます。

そしてこの時期に、あしのべ池周辺や、恐竜のモニュメントが同時にライトアップされます。

浮御堂から眺めた、あしのべ池の水面に映し出された紅葉は鏡で見ているかのようですし、恐竜のモニュメントはジェラシックパークのようでワクワクしますよ。

恐竜の下に小さく人が写っているのがわかりますか?

恐竜は、ほぼ実物大!?

東公園 恐竜
引用:https://okazaki-kanko.jp/feature/higashi-park/top

園内のあしのべ池や恐竜のモニュメントは、園内マップを参考にしてくださいね。大きい画像 ⇒ 園内マップ

園内マップ

紅葉まつりについて

東公園のもみじまつりは、園内の紅葉が一番の見頃に達する時期、そしてライトアップ期間中に毎年行われ、2017年の今年は、12月始めの土曜と日曜の2日間わたって行われます。

  • 日程:12月2日(土)、3日(日) ステージイベント

2017年のもみじまつりの詳細は、例年通りステージイベントが行われるということ以外はまだ決まっていないのですが、去年2016年は、ふわふわ遊具・ボルタリンク体験・化石発掘体験が無料で楽しめるようでした。

こちらは、ちょっと古い過去のもみじまつりのイベントですが、岡崎市のフェイスブックに掲載されていたのを載せておきます。

東公園の基本情報

岡崎市の東公園は、水と緑と文化と自然に恵まれた総合公園として、市外からも多くの来園者があります。

敷地の広さは、なんと29.9haと名古屋ドーム5個分です。

Sponsored Links

また、園内には岡崎市出身の世界的な地理学者 志賀重昂ゆかりの世尊寺や、鋼鉄研究の本多光太郎氏の勉強部屋を移築した資料館、動物園など多くの観光名所が集まった公園です。

併設する動物園には、珍しいミーアキャットなどもいます。

  • 所在地:愛知県岡崎市欠町字大山田1
  • 電話番号:0564-24-0050 (東公園管理事務所)
  • 駐車場:419台(無料)
  • 食事処 無し(売店有り)
  • 時間:入園自由
  • 動物園:9:00~16:30(動物展示は9:00~15:30)
  • 定休日:なし(動物園は基本月曜休み)

行き方・アクセス


交通公共機関で

  • 名鉄名古屋本線東岡崎駅から中央総合公園行きまたは市民病院行き名鉄バス「東公園口」下車徒歩約5分

お車で

  • 東名高速岡崎ICから約5分

駐車場について

東公園には3ヶ所の無料駐車場があります。

  • 東駐車場
  • 南駐車場
  • 北駐車場

下記園内マップを参考になさてくださいね。

駐車場マップ
出展:園内マップ

口コミ・評判

11月中旬だと、まだちょっと優しい赤色です。

まとめ

ここでは2017年の東公園の紅葉まつりやライトアップ、駐車場や口コミなどについて調べています。

ライトアップは紅葉が見頃のピークを迎える

  • 2017年11月中旬~12月上旬(17:00~21:00予定)
  • もみじまつりは12月2日(土)、3日(日)の2日間

朝日を浴びたもみじとライトアップで光照らされるもみじは全く別物で、どちらも素敵な景色を味わえます。

子供たちに人気の小動物園もあり、こちらは入園無料ですので紅葉鑑賞と併せてお弁当を持って1日中楽しめますね。

人気ブログランキングにも参加しています。応援いただけるとうれしいです。


人気ブログランキング

Sponsored Links