川尻精霊流し花火大会2017の駐車場や穴場は?口コミについても調査!

川尻精霊

熊本県の川尻精霊流しは、江戸時代から400年以上の歴史がある盂蘭盆会(うらぼんえ)の伝統行事です。

*盂蘭盆会(うらぼんえ)とは、サンスクリット語の「ウランバナ」の音訳で、ウランバナの意味は「逆さまにつるされた苦しみ」ということで、もし自分の先祖がそのような苦しみにあっていたならば、祖の霊をなぐさめたいという心から生まれた行事です。

この川尻精霊流しは、加勢川を無数の精霊舟や万灯籠が静かに流れ、その光は、とても神秘的で美しい。

精霊流しの後は、「がんばろう川尻」をテーマに、地域の夏の風物詩となっている花火大会が開催されます。

花火大会では、スターマインや尺玉、ナイアガラ、メッセージ花火など約3000発の迫力ある花火打ち上げられ、たくさんの出店と大迫力の花火が楽しめます。

ここでは、川尻精霊流し・花火大会について、口コミや駐車場、穴場についてまとめています。

Sponsored Links

川尻精霊流し・花火大会について

  • 開催日時: 2017年8月15日
  • 精霊流し:19:00~20:00
  • 花火大会:20:00~21:00 ※小雨決行
  • 住所・場所: 熊本県熊本市南区川尻 加勢川(加勢川橋~新町橋間)
  • 駐車場: 臨時駐車場約100台(町内各所駐車場には目印の「のぼり」あり)
    ・当日は18:00~22:00の間、新町橋(しんまちばし)周辺で交通規制
  • トイレ 臨時トイレ10基(2か所)

アクセス(行きかた)

熊本県熊本市南区川尻 加勢川(加勢川橋~新町橋間)

Sponsored Links

JRで

  • JR鹿児島本線「川尻駅」から徒歩15分
  • 熊本交通センターからバス約25分「川尻町」下車徒歩約5分

お車で

九州道御船ICから約20分

駐車場

・臨時駐車場約100台は、町内各所の駐車可能な場所には目印の「のぼり」あります。
・ただし当日は、18:00~22:00の間、新町橋(しんまちばし)周辺で交通規制の為ご注意ください。

穴場スポットは?

川尻の花火大会は、あまり混雑せずに、河川敷の広範囲で観覧可能です。なのであえて穴場、というなら、打ち上げ場所の対岸あたりでしょうか?

口コミ・評判

河川敷には、かなりの人で賑わっていますね。

・夜店も沢山出て美味しかったしとっても賑やかでした温泉施設も豊富だし来年も絶対行きたいです

・かなり綺麗だし手が込んだ仕掛け花火などが魅力です
・高いビルもなく自然のなかで見る花火は最高です。

スポンサーリンク

まとめと感想

ここでは、毎年8月15日に精霊流しの後に行われる、川尻花火大会について、口コミや駐車場、穴場についてまとめています。

実は、この川尻の8月15日は、花火大会よりも400年続く川尻精霊流しのほうが有名です。

真っ暗な空に変わる前の、青い空と加勢川に、無数の精霊舟や万灯籠の光は本当に美しいので、花火大会とあわせてお楽しみください。

人気ブログランキングにも参加しています。 応援いただけると嬉しいです。

Sponsored Links