年末年始2017-2018高速・ICの渋滞予測(東名・関越・東北)や帰省のピークは?混雑回避も調査!

ここでは、2017年から2018年にかけての年末年始高速・ICの渋滞予測(東名・関越・東北)と帰省のピーク、また混雑回避についても調べてみました!

お盆は、帰省ラッシュのピーク時混雑が半端ないのですが、年末年始は帰省のピーク時の混雑よりも、年が明けての初詣目当ての混雑が半端ないです。

Sponsored Links

年末年始の日程を確認

今更ですが、2017年から2018年にかけての年始年末の日にちと曜日を確認すると、

サービス業を覗いては、

  • 公務員に準じて:12月29日(金)~1月3日(水)まで というところが殆ど
  • 業種によっては、12月30日(土)~1月4日(木)まで というとことが次に多いようです。

帰省のピークは

帰省ラッシュによる渋滞ピーク日時は

12月29日(金)と12月30日(土)の予想になっています。

ただ、年末年始に限っての高速道路やICの混雑は、帰省ラッシュのピークよりも初詣参拝のピークのほうが断然混雑します。

高速道路の渋滞のピーク日時は?

10km以上の渋滞が多く発生すると予測される日は、

  • 下り線: 1月2日(火)
  • 上り線: 1月2日(火)

帰省ラッシュのピークが予想される、2017年の29(金)・30(土)はそれほど大きな混雑は予想されていないのですが、2018年の1月2日の上り線(初詣目当て)の混雑は半端ないです!

*図の中の数字は、10km以上の渋滞予測回数です。

2017-2018渋滞予測
引用:http://www.c-nexco.co.jp/corporate/pressroom/news_release/4193.html

高速道路下りの混雑予想と混雑回避法

2017年末下り
http://www.c-nexco.co.jp/corporate/pressroom/news_release/4193.html

東名自動車道(下り)の渋滞予測

  • 12月30日(土):8:00~13:00
  • 渋滞発生箇所:伊勢原BS付近
  • ピーク時渋滞長:30km

渋滞のピークは8~13時で、渋滞がない場合に比べ約3倍(約1時間20分)の見込み

渋滞回避東名川崎ICを5時以前もしくは16時以降に通過(所要時間は約25分の予想)

高速道路上りの混雑予想と混雑回避法

2017年末上り
http://www.c-nexco.co.jp/corporate/pressroom/news_release/4193.html

関越自動車道(上り)

●1月2日(火):17:00~19:00時頃

  • 渋滞発生箇所:高坂PA付近
  • ピーク時渋滞長:35km

●渋滞のピークは17~19時で、渋滞がない場合に比べ約3倍(約1時間15分)の見込み

渋滞回避⇒本庄児玉ICを12時以前もしくは23時以降に通過(所要時間は約25分の予測)

Sponsored Links

東名高速道路(上り)

1月1日(月):16:00~20:00頃

  • 渋滞発生箇所:大和TN付近
  • ピーク時渋滞長:30km

●渋滞のピークは14~20時で、渋滞がない場合に比べ約3倍(約1時間50分)の見込み。

●渋滞回避⇒御殿場ICを9時以前もしくは翌日2日の1時以降に通過(約45分の予測)

1月2日(火):14:00ごろ

  • 渋滞発生箇所:大和TN付近
  • ピーク時渋滞長:35km

●渋滞のピークは14~20時で、渋滞がない場合に比べ約3倍(約1時間50分)の見込み。

渋滞回避⇒御殿場ICを9時以前または翌日3日の深夜1時以降に通過(所要時間は約45分の予測)

1月3日(水):13:00頃

  • 渋滞発生箇所:大和TN付近
  • ピーク時渋滞長:30km

●渋滞のピークは13~19時で、渋滞がない場合に比べ約3倍(約1時間20分)の見込み。

渋滞回避⇒ 大井松田ICを9時以前または翌日4日の深夜1時以降に通過(所要時間は約25分の予測)

東北自動車道路(上り)

1月2日(火):17:00頃

  • 渋滞発生箇所:加須IC付近
  • ピーク時渋滞長:35km

●渋滞のピークは17~18時で、渋滞がない場合に比べ約3倍(約1時間15分)の見込み。

渋滞回避⇒栃木ICを15時以前もしくは21時以降に通過(所要時間は約25分の予測)

渋滞予測の便利なサイト

渋滞予測は、例年の混雑状況などから推測されるもので、予想でしかないのですが、渋滞が一目でチェックできるサイトがあります。

⇒ ドラとら渋滞予報カレンダー

こちらのサイトは、

PCでは、

  1. 左側の「年月・路線を指定」または、「カレンダーで日付を指定」
  2. 日時や場所を特定
  3. 渋滞予測が確認できます。

スマホでは

  1. 渋滞予測をタップ
  2. 調べたい日にちを選ぶと路線が一覧で出ますから、調べたい路線をタップ。
  3. 渋滞予測を確認することができます。

こちらのサイトは、NEXCO東日本が運営しており、かなり正確な渋滞予想をしてもらえます。

TVなどのニュースは、こちらの情報を利用しています。

ちなみに、「リアルタイム」というタブは、PCでもスマホでも見ることができ、これを開くと現時点での渋滞情報が見れます。

また、事故がない限り、渋滞する時間や場所は限られてくるので、その場所や時間をはずしたいと思った時に役に立つのが、こちらのサイトです。

⇒ NAVITIME

ナビゲートシステムを使うには有料になるのですが、自動車ルート、電車、徒歩などの道順や、かかる時間、高速料金を調べるだけなら、無料で使えるのでとても便利なです。

使い方は、出発地、到着地、日付などを入力して検索ボタンを押すだけです。

そうすると、高速の降りるICや交差点などが出てきて、到着時間も計算して地図を出力してくれます。

事前に地図を印刷しておくこともできますし、そのままナビとしてもつかえますから使ってみてください。

Sponsored Links

まとめ

ここでは、2017年から2018年にかけての年末年始高速・ICの渋滞予測(東名・関越・東北)と帰省のピーク、また混雑回避についても調べてみました!

  • 帰省のピークは12月29日(金)と30日(土)

ただ、新幹線などの乗り物は100%以上の乗車率が予想されますが高速道路はそれほど混雑しません。

  • 年末年始で最大に混雑するのは1月2日の上り線

初詣に向かう車で大渋滞です。

  • 渋滞と混雑回避の方法は、移動時間を「深夜か早朝にずらすこと」です。

渋滞に巻き込まれるとイライラしがちですが、年末年始、安全運転で、良い年越しをむかえたいものですね!

人気ブログランキングにも参加しています。応援いただけるとうれしいです。


人気ブログランキング

Sponsored Links