西山興隆寺の除夜の鐘と初詣2018の時間や混雑は?口コミも調査

お正月

愛媛県西条市にある西山興隆寺は、紅葉の名所として知られるお寺ですが、年越しから初詣にかけて、国定重要文化財に指定されている除夜の鐘が誰でも無料でつけることでも有名です。

また、日付が新年に変わった1月1日の0:00からは、お寺の行事でもある護摩供(ごまく)が行われ、一気に年越しのムードを高めてくれます。

ここでは、そんな西山興隆寺の除夜の鐘から2018年にかけての初詣について、口コミや混雑状況についてまとめています。

Sponsored Links

西山興隆寺の除夜の鐘について

  • 除夜の鐘の日にち:2017年12月31日
  • 時間:23:30~翌0:30頃
  • 料金:無料
  • 開催場所:西山興隆寺・本堂

除夜の鐘のつき始めは午後11時45分頃から。

一般の参拝者も先着順につくことができます。

除夜の鐘がつけるお寺は、比較的近所にもあるのですが、西山興隆寺でつける鐘は特別です。

西山興隆寺の除夜の鐘は鎌倉時代に鋳造された鐘で高さ約112センチ、口径約68センチで国定重要文化財に指定されているのですが、その鐘ががこちら。

2016年に寺のある西山の山を清めるためと鐘楼堂につり下げられていますから、さすがに大晦日以外に付くわけにはいきませんが、こうやってカメラに納めることもできるようになっています。

え〜じさん(@eiji_0430)がシェアした投稿

鎌倉時代に鋳造された除夜の鐘とはいえ、さすがに当時のままの鐘ではなく、1998年に新しい鐘と取り換えられてお寺の宝物館に展示されていました。

そして2012年12月の年越しとともに、26年ぶりに一般の参拝者もつけるようになっています。

その年、26年ぶりに除夜の鐘がつけるようになったときの動画がYoutubeにUPしてありました。

打つ人によって、鐘の音色って違うんですよね!

そしてこの日は、大師堂で甘酒のお接待も受けることができたようです。

毎年、この甘酒のお接待を受けることができるかどうかは調べきれなかったのですが、嬉しい心遣いですね!

 

 

毎年、大晦日には多くの参拝客が訪れて由緒ある鐘の響きに耳を傾けながら、気持ちを新たに新年を迎えます。

西山興隆寺の初詣について

  • 初詣行事 :護摩供 2018年1月1日0~1時に本堂にて

西山興隆寺の年越しは、除夜の鐘が鳴り響く中、日付が変わって新年を迎えると同時に、護摩供(ごまく)と呼ばれる火祭が始まります。

護摩供(ごまく)とは?

一般に、「お火焚き」や「火祭り」という呼び方で行われているお寺の行事のことです。

壇上に本尊を安置した炉に火をつけて護摩木(ごまき)を炊きます。

お寺の本尊を供養するとともに、個々の願いを一心に祈ります。

お寺の参拝の方法は、神社とは違って手を叩くことをしないかわりに、手を合わせて頭を下げてお参りします。

西山興隆寺で除夜の鐘をついたり、初詣行事の護摩供(ごまく)が行われる場所はこの階段を登った先にる本堂です。

除夜の鐘がつけるのは、本堂で、駐車場から本堂へは階段を登っていかなくちゃいけなくて、一部手すりがなかったりするので登られた方は、結構キツイです!との声もありました。

軽い気持ちで登り始めたが、結構な階段(手摺がない所もある)で疲れました(笑)
でも登りきると眺めが良く、紅葉も綺麗でした。
子連れやご年配の方にはちょっとキツいかも知れませんね。

引用:https://www.jalan.net/kankou/spt_38323ag2130011370/kuchikomi/

西山興隆寺の基本情報

  • 住所:愛媛県西条市丹原町古田1657
  • 電話:0898-68-7275

西山興隆寺は、愛媛県では紅葉の名所としても有名で「もみじ寺」とも呼ばれている寺です。

年間を通じてお遍路さんなど参拝客も多く本堂をはじめ、三重塔、仁王門、勅使門などと言った国指定の重要文化財の歴史的建造物があり、広い境内にはみゆるぎの渓流、もみじ参道、不動の滝、展望所などの自然豊かな環境が楽しめます。

三重塔に向かう登りの石段。
見た感じではそれほど狭い感じはしないのですが、狭くて怖いようです。

確かに雨降りなんかで、足場が悪いと滑りそうだし「石の階段」というのが怖さを倍増させます。

登りよりも、下りのほうが怖そう・・・

西山興隆寺の三重塔。 この幅の狭い石段が最高に怖い。 来月入ったら紅葉撮りに行きたい🍁 #愛媛 #西条 #丹原 #西山興隆寺 #三重塔 #石段 #広角 #nikon1j5 #ミラーレス

Sponsored Links

@mana_mana_kohaがシェアした投稿 –

行き方・アクセス

電車で

  • JR壬生川駅からバスで25分(約7キロ)

お車で

  • 今治小松自動車道・東予丹原料金所から15分(6.8キロ)
  1. 今治小松自動車道東予丹原料金所を降りて右折。
  2. 国道48号線に入り、今井交差点を右折して国道151号線に入ります。
  3. 1.5キロほど先を左折してそのまま1キロほど進むと「西山興隆寺」の案内板がありますから、右方向に1キロ程進んだところが西山興隆寺です。

駐車場について

駐車場は西山興隆寺の敷地内にあります。

  • 駐車場:普通車100台(無料)

ただ、初詣期間は多くの人で賑わいますから駐車場も混み合っているようです。

最近では、事前に予約できる駐車場なんかもあり、当日でも空いていればスマホで簡単に予約ができるようなので、チェックしてみてくださいね。

  • 駐車場の予約をする ⇒ akippa

初詣期間中には、多くの旅行会社から初詣ツアーが企画されていて、普段はなかなか足を運ばないような場所へも連れて行ってもらえます。

お正月期間はどこも混み合いますから、こういった企画を利用するのも便利です。

⇒ クラブツーリズム テーマ旅行

また、西山興隆寺は、お遍路さん達が立ち寄るお寺なので、近くにはお遍路さん大歓迎の格安ホテルも沢山点在しています。

初詣とお遍路ツアーは目的がちょっと違いますが、近くに宿泊して国宝級の除夜の鐘と初詣で新春をむかえるのも良さそうです。

混雑状況などの口コミ

初詣の混雑状況について、リアルなつぶやきや画像を見つけることはできなかったのですが、さすがに、初詣の三が日は愛媛県内外からもたくさんの人が参拝します。

混雑時間のピークは午前10時から午後3時頃だそうですよ。

まとめ

ここでは、西山興隆寺の除夜の鐘や2018年の初詣についての口コミや混雑についてまとめています。

除夜の鐘は誰でも無料でルクことができます。

  • 除夜の鐘の時間:2017年12月31日( 23:30~翌0:30頃)
  • 初詣:2018年1月1日(0:00~護摩供)
  • 開催場所:西山興隆寺・本堂
  • 駐車場:有り(無料)

こちらは初詣とは関係ありませんが、雪の日の西山興隆寺。

とってもきれいです。

#西条市丹原 #寒波#西山興隆寺#lovesaijo

Takahiro Shinoharaさん(@shinohara.takahiro)がシェアした投稿 –

人気ブログランキングにも参加しています。応援いただけるとうれしいです。

Sponsored Links