2019年の2月のスーパームーン!

1月にブラッドスーパームーンと話題になった満月よりも大きな月で見ることができます。

1月のスーパームーンはしし座の満月だったのですが、私が見た夜の20:00すぎには、ちょうどかに座のお腹の中に大きな月がすっぽりおさまっていました。

ここでは、2019年2月のスーパームーンの見頃のピーク時間や方向方角について、そしてこの星座と一緒に満月写真が撮れるアプリについても紹介しています。

Sponsored Links

2019年2月のスーパームーンの見頃のピーク時間は?

2019年のスーパームーンの見頃のピーク時間、つまりジャスト満月時刻は、

●2月20日(水)の0時54分頃。

2月19日の深夜を過ぎて、20日に変わってからということになります。

ただ、この時刻を外したら駄目かというと、そんな訳はなく19日に日が沈んでy付きが出た頃には既に見頃と言っても良いですね。

ただ、あまり早い時間だと街明かりが強すぎて、大きい月ではあるけれど、暗いほうがよりきれいにはっきり見えます。

2月のスーパームーンの方向方角は?

見頃のピーク時刻になる20日の0時54分頃の方向方角は、ちょうど真上あたり。

月は東から登って西に沈んでいきます。

なので、

  • ピーク時刻よりも早めに空を見上げる場合は東寄りの空
  • 明け方近くの空を見上げるならは西寄りの空 です。

2019年2月のスーパームーンの大きさはどのくらい?

2019年2月のスーパームーンは2019年の中で1番大きな満月です。

1月に話題になったスーパーブラッドムーンに比べると、地球との距離が近いために、先月の満月よりも大きく見えるはずです。

満月時の地球と月との距離

  • 1月21日:約357,700km
  • 2月20日:約356,800km

さらに、2019年に1番小さく見える満月(2019年は9月14日)に比べると、約14%大きく、そして明るさは約30%倍増すると言われています。

引用:ウェザーニュース

2019年2月のスーパームーンの日の全国の天気

2019年2月のスーパームーンの見頃のピークは19日を過ぎて20日になった深夜、というのはわかりました。

ところが、見頃のピーク日をずらしたほうが良さそうなんですよね。

というのは、お天気が全国的によくないのです。

2019年2月19日の天気←深夜から見頃のピーク

19日と20日の天気予報によると、お天気が良いのは、釧路だけ。

2019年2月20日の天気←明け方まで見頃のピーク

2019年2月21日の天気

お天気が回復するのが、21日の午後からの予報になっているので、きれいな満月じゃないけどまだまだ大きくてまんまるな21日早めの時間が見頃のピークになりそうです。

 

星座と月を一緒に写せる無料アプリ

無料で星座を移せるアプリはいろいろあるのですが、私が使っているアプリは、アンドロイドでSkyViewという無料版。

 

 

SkyView® Lite

SkyView® Lite
無料
posted withアプリーチ

 

月を撮影するためのアプリというわけではなく、光ってるあの星はなんだろう?って星に焦点をあわせると、そこにある星座が浮かび上がります。

室内でもいたるところに星座が浮かび上がってくるので、昨年2018年に惑星が大接近したときにはあちこちでかなり遊べました。

こちら↓は、街明かりの強い場所に写った、逆さま向いていてる乙女座。

↓こちらは大熊座。尻尾のあたりが夏の星座「北斗七星」です。

道路を歩いてるように見えてるんですが、ちょっとわかりにくいです。

Sponsored Links

室内でもこんな風に方向を合わせると、星座や惑星が浮かび上がってきます。

↓サソリ(蠍座)が木星を食べに行っているみたいだったので、

木星を救出しました(笑)。

幸運と拡大の惑星と言われる超ラッキーな木星は、さそりに食べられては困ります!

こんな風に、無料アプリでも相当遊べます♪

月が大きく見えたり小さく見えたりするのはなぜ?

月って季節によって大きく見えたり小さく見えたり、色も青白かったりオレンジ色だったり、色んな姿を見せてくれます。

2018年1月のスーパームーンの月の色は、シルバーのような青白い色をしていました。

月の大きさが見る時期によって違うのは、地球の周りを公転している月の軌道は円形ではなく楕円形をしているためです。

均等な距離でまわっているわけではないんです。

なので、地球と月との距離は一定ではなく、また、月の軌道は太陽や地球などの重力を受けてわずかに変化するために、月が地球に最も近づく位置(近地点)や、最も遠ざかる位置(遠地点)での距離も毎回異なります。

地球に最接近した月が最も大きな満月としてみえるとき、小さな満月と比べると、14パーセント大きく、明るさは30パーセントも明るく見えるのだそうです。

引用:ウェザーニュース

 

2019年1月のスーパームーンはいつだった?

1月にスーパーブラッドムーンといって話題になった満月は、1月21日(月)14:17 でした

ただ、このピーク時刻はさすがに太陽光に負けて月は見えないので、夜になって写真を撮ったらバッチリ、かに座のお腹に入っていたというわけです。

2018年1月のスーパームーンの見頃のピークはいつだった?

2018年のスーパームーンの見頃のピーク日時は、

●月が地球に最接近する時間:1月2日の6時49分。

●満月時間:1月2日の11時24分←この時間は太陽光に負けて月は見えなく、日が暮れてから大きな月が浮かんでいました。

福岡20180101天気

2017年のスーパームーンはいつだった?

2017年のスーパームーンは12月4日でした

そして年が明けてすぐに2018年のスーパームーンも見頃のピークを迎えたのでした。

まとめ

ここでは 2019年の2月のスーパームーンについて見頃のピーク時間や方向方角と、スーパームーンや惑星で遊べる無料アプリについてまとめています。

2月のスーパームーンの見頃のピークは2月19日深夜から明け方にかけて、なのですがお天気がよくなさそうなので、日にちをずらしたほうがいいかもしれません。

天体観測用の無料アプリは、本当に楽しく遊べます。

 

SkyView® Lite

SkyView® Lite
無料
posted withアプリーチ

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

人気ブログランキングにも参加しています。応援いただけるとうれしいです。

Sponsored Links
ピックアップ関連コンテンツ