瀧安寺・箕面の紅葉2017の見頃や口コミは?もみじの天ぷらも調べてみた!

紅葉

箕面の瀧安寺(りゅうあんじ)は、日本四弁財天の本堂として有名なことの他、日本の滝百選に選定された箕面の大滝など、観光スポットとしても、紅葉のスポットとしても見ごたえのある公園です。

11月上旬になると色づくイロハモミジやカエデの木々と箕面の滝とのコラボレーションは圧巻です。

また箕面の瀧安寺は、宝くじ発祥の地も言われ、江戸時代に富くじといって番号が入った富札を販売し、同じ番号の入った木札を用意し、期日に箱から札を選んで富を授けるというものがあり、これが宝くじの発祥だといわれています。

ここでは、2017年の瀧安寺・箕面の紅葉2017の見頃や口コミについてまとめています。

そして箕面の名物にもなっている「もみじのてんぷら」ってなんだ!?ってことでもみじの天ぷらについても調べてみましたよ!

Sponsored Links

箕面の瀧安寺の紅葉の見頃

箕面の瀧安寺の見どころと見頃は2箇所です。

瀧安寺

  • 見頃:11月上旬~11月下旬
  • 色づき始め:11月上旬~11月中旬
  • 樹木:一行寺カエデ、イロハモミジ、オオモミジ、ヤマモミジ

箕面大滝

  • 見頃:11月中旬~12月下旬
  • 色づき始め:11月中旬
  • 樹木:イロハモミジ

瀧安寺採灯大護摩供

箕面の龍安寺では、毎月7日には修験独自の護摩供が行われているのですが、紅葉が見頃になった11月の護摩供は、関西一円から山伏が集まり、境内の護摩道場で、世界平和をはじめ有縁者の諸願を祈願する「採灯大護摩供」が執り行われます。

桧葉を燃やす大がかりな儀式で、煙や炎が圧巻で見応えがあります。

また、この日は阪急箕面駅から瀧安寺まで「山伏大行列」も行われるんですよ。

  • 日程:2017年11月7日(火)
  • 問い合わせ先:072-721-3003
  • 樹木:イロハモミジ、カエデ

 

瀧安寺の基本情報

  • 住所:〒562-0002:大阪府箕面市箕面公園2-23
  • 電話番号:072-721-3003
  • 営業時間:AM9:00~PM5:00

行き方・アクセス

公共交通機関で

電車

  • 阪急電鉄:(修行の古場)箕面駅から徒歩20分ほど、(瀧安寺)箕面駅から徒歩15分ほど

お車で

  • 名神高速道路吹田ICから26分ほど
  • 名神高速道路茨城ICから30分ほど

駐車場について

瀧安寺自体には駐車場がないので、お近くのコインパーキングに駐車してください。

リパーク箕面駅前

  • 住所:〒562-0001 大阪府箕面市箕面1-9-20
  • 料金:AM0:00~AM8:00(1時間100円)、AM8:00~AM0:00(20分200円)
  • 営業時間:24時間
  • 台数:9台

箕面市立箕面駅前第2駐車場

  • 住所:大阪府箕面市箕面5-12-67
  • 料金:AM8:00~PM8:00(30分100円)、AM8:00~PM:8:00(1時間100円)
  • 営業時間:24時間
  • 台数:281台
  • 電話番号:072-721-1903

どちらも駐車場から徒歩15分ほどで瀧安寺に到着します。

※11月の土日・祝日は箕面ドライブウェイ(府道43号線、府道豊中亀岡線)の渋滞を緩和するため、一部区間で一方通行規制になります。

最近は、スマホで事前に駐車場を予約できるシステムもあり、混雑時期には事前に予約しておくと安心ですね。

当日でも空いていればすぐに予約可能なようです。

⇒ akippa

Sponsored Links

箕面の名物もみじの天ぷらって何!?

箕面の名物でおみやげにもなっているというのが「もみじの天ぷら」です。
箕面では有名らしいのですが私は初めて知りました!

シソの葉を天ぷらにしたようなものなのか?

それとも、さつま揚げのようにふわふわしたおかずタイプのものなのか?

って興味津々で調べてみると、軸の柔らかい食用の紅葉の葉を1年以上塩漬けしたものを水洗いし、それに小麦粉・砂糖・ゴマ衣をつけて揚げた、かりん糖のような甘みのあるお菓子でした!

修行の場であった箕面山で修業していた役の者が、滝に映えるモミジに感動し、その美しさを称えて菜種油で天ぷらを作り、旅人に振舞ったことが始まりとされています。

瀧安寺の宝くじについて

宝くじの発祥となっている瀧安寺ですが、もともとは箕面富と呼ばれ400年前から続いていました。

宝くじは、江戸時代では人の心を乱すものとして民間や寺社での富くじが禁止されていたのですが、箕面の富くじは金銭に触れてなかったため、禁止にはなりませんでした。

富くじとは、江戸時代に流行った宝くじの一種で、箕面の富くじは、「福森」として、お守りのようなもので、ミニ大福御守(1,000円)として販売されています。

まとめ

ここでは、2017年の瀧安寺・箕面の紅葉2017の見頃や口コミについて、また箕面の名物にもなっている「もみじのてんぷら」についても調べてみました!

  • 瀧安寺の紅葉の見ごろは11月中旬から11月下旬
  • 箕面の大滝の紅葉の見頃は11月中旬から12月下旬

瀧安寺採灯大護摩供は11月7日です。

アクセス状況ですが、紅葉シーズンは駐車場が早い時間から満車になるので、公共交通機関で行かれることをおすすめします。

小さなお子さんがいらっしゃる方は、ベビーカーを持っていくほうがスムーズに見て回れますよ。

私ももうすぐ1歳半の娘がいるのですが、天気が良ければ暖かい恰好で箕面の紅葉を見に行きたいと思います。

紅葉時期には、日帰りできるバス旅行なども沢山企画されているので、そういたツアーを上手に利用するのも楽しそうですね。

⇒ クラブツーリズム テーマ旅行

人気ブログランキングにも参加しています。応援いただけるとうれしいです。

 

 

Sponsored Links