隅田川花火大会2017の穴場スポットは?混雑状況やトイレも調査!

2017-07-29

隅田川花火大会は、東京都墨田区で行われる1733年の江戸中期に始まった「両国川開き花火大会」を継承する日本最古の花火大会です。

伝統、格式共に関東随一の花火大会と言えるでしょう。

この隅田川花火大会は二万発以上の花火があがりその光景は壮大で、毎年95万人もの観覧者で賑わいます。

現在はスカイツリーの姿と一緒に花火を観覧することや、逆にスカイツリーから花火を観ることも出来るんですよ。

隅田川花火大会
http://www.gotokyo.org/jp/tourists/topics_event/topics/110722/images/01_sumida.jpg

ここでは、隅田川花火大会2017の穴場スポットや混雑状況、またトイレ情報についてまとめています。

隅田川花火大会詳細

日程と打ち上げ場所

日にち:平成29年7月29日(土)

時間:午後7時5分~午後8時30分
※天候によりは翌日7月30日(日)に順延。両日とも不可能な場合は中止。

打上場所

  • 第一会場: 桜橋下流~言問橋上流約(10,350発)
  • 第二会場: 駒形橋下流~厩橋上流(11,650発)

行き方・アクセス

第一会場

  • 都営地下鉄浅草駅→徒歩15分

第二会場

  • 都営浅草駅→徒歩5分
  • または都営蔵前駅→徒歩5分

トイレマップ

トイレは常設・仮設合わせて約80カ所

隅田川トイレマップ

⽳場スポット

ここでは穴場スポットを6つ紹介したいと思います。

東京スカイツリー展望デッキ

東京スカイツリーから、隅田川花火大会を観覧することができます。

昨年は、東京スカイツリー特別営業として17:30~20:30まで1,007名が入場することができました。

恐らく、今年も特別営業が行われる可能性が高いはず。

インターネット販売や旅行商品としての販売、抽選等ありますので、スカイツリー公式サイトからの発表をお待ちください。

⇒ スカイツリー公式サイト

素晴らしい夜景と共に花火大会の様子が楽しめる、お薦めのスポットです。

銅像堀公園

銅像堀公園は、近くから打ち上げられる花火をゆったりと鑑賞できるスポットです。

近隣に高い建物もなく、眺めも最高の穴場となっています。

所在地:東京都墨田区向島5丁目9-1

最寄駅:東武亀戸線・東武スカイツリーライン「曳舟」駅

水戸街道(国道6号)

第一会場・第二会場の両方の花火が見ることが出来ます。

また、当日の夕方以降は歩行者解放区域が出来る穴場スポットなので、毎年18:00になったらすぐに、シートを持って場所取りする人も多いです!

所在地:水戸街道向島5丁目バス停周辺

最寄駅:東武亀戸線・東武スカイツリーライン「曳舟」駅

コモディイイダ東向島店(屋上駐車場)

こちらは、例年先着300名程に屋上駐車場を開放してくれてます。

隅田川から近く絶景ポイントで、地元の人のためのまさに穴場スポットです。

Sponsored Links

ただしポイントカードなどを作る条件があるそうなので、ご利用の際は念のためお店に問い合せてください。

所在地:東京都墨田区東向島1-28-10

汐入公園内土手

花火の打ち上げ会場からは少し離れた場所に位置する、土手からゆったりと花火を楽しめる絶好の穴場スポットです。

スカイツリーと花火を同時に楽しめる場所でもあります。

所在地:東京都荒川区南千住8−13付近

最寄駅:JR常磐線・つくばエクスプレス・地下鉄日比谷線「南千住」駅

タワーホール船堀(江戸川区総合区民ホール)の展望塔

こちらも、打ち上げ場所からは少し遠いですが、タワーホール船堀展望塔で花火を観覧することが出来ます。

遠くからなので少し小さ目ですが、第一、第二両会場の花火を観ることが出来、あまり混みません。

また、展望塔への入場料は無料となっています。

所在地:東京都江戸川区船堀4-1-1

最寄駅:地下鉄新宿線「船堀」駅

南千住駅

以外にも、思ってもいない場所が穴場の場合も多いです。

地元の方の超穴場情報として、南千住駅があがっていました!

隅田川花火

南千住駅から~見ました 建物が邪魔だけどこれが一番良かったかな! 撮影:7/30 隅田川花火大会 撮影者:埼玉県JK2

引用:http://www.rurubu.com/review/detail.aspx?reviewid=29908

この、南千住駅は東京メトロ日比谷線も横をはしていますkら、途中下車して花火鑑賞もできそうですよ!

所在地:東京都 荒川区南千住4-3-1

隅田川花火大会の混雑状況

隅田川花火大会は、人の多さと混雑状況は半端ないことで知られていますが、いますが、昨年の混雑状況を調べてみたところ、やはりたくさんの人に溢れている模様でした。

まとめ

ここでは、隅田川花火大会2017の穴場スポットやトイレ、また混雑状況についても調べてみました。

せっかくの花火大会をたくさんの人混みの中で観るよりも、ゆったりと穴場スポットで風流を感じながら観賞するのはいかがでしょうか。

私のおすすめスポットは、第一会場・第二会場の両方の花火が見ることが出来水戸街道(国道6号)です。

毎年18:00になったらすぐに、シートを持って場所取りする人も多いですよ!

隅田川の花火大会といえば、、人気の焼き鳥やさん「鳥よし」さんがおおすすめです!

⇒ 猪股善人(焼き鳥職人)鳥よしの場所は?メニューや値段もチェック!

人気ブログランキングにも参加しています。応援いただけるとうれしいです。

 

Sponsored Links