横浜三溪園の紅葉2017のライトアップは?見頃と混雑や口コミも調査

イメージもみじ

三溪園(さんけいえん)は横浜市中区本牧にあり、国の名勝にも指定されている日本庭園です。

起伏にとんだ自然の地形をいかした17.5万平方メートル(東京ドーム約4個分)の広大な庭園には、京都や鎌倉などから移築された伝統的な建造物が点在し歴史を感じることができます。

年間を通して季節ごとのイベントも開催されており、横浜の観光地としても親しまれています。

紅葉の名所としても知られていて、例年11月中旬になると、モミジやカエデ、イチョウ、ドウダンツツジ、サクラなどが色づき始め、12月初旬にピークを迎えます。

ここでは、三溪園の2017年の紅葉ライトアップの有無や見頃、混雑状況や口コミについてまとめています。

Sponsored Links

見頃について

三溪園の紅葉は、例年11月下旬から12月上旬にかけて見頃を迎えます。

紅葉の見頃の時期には「紅葉の古建築公開(重要文化財 聴秋閣・春草廬)」という特別公開が行われ、重要文化財である聴秋閣そして横笛庵をすぐ近くで見ることができます。

また、通常は立ち入ることのできない聴秋閣の奥に広がる紅葉の遊歩道も開放されますので、こちらも一見の価値ありです。

特別公開は、2017年11月18日~12月10日まで行われています。

ライトアップについて

残念ながら紅葉の時期にライトアップはされていません。

桜の季節にはライトアップした夜桜と三重塔を楽しむことができる「観桜の夕べ」を開催しているので、紅葉の季節もライトアップしている印象があるようですね。

横浜三溪園の基本情報

  • 所在地:神奈川県横浜市中区本牧三之谷58-1
  • 問合せ:045-621-0634
  • ホームページ:横浜三溪園
  • 開園時間:9:00~17:00(最終入園は16:30)
  • 休園日:12月29日、30日、31日 ※不測の事態による臨時休園あり
  • 入園料:大人(高校生以上)700円、子ども(小中学生)200円
    ※この他、割引や回数券、パスポートなどがあり→詳細はコチラ

行き方アクセス

公共交通機関で

  • 根岸駅から 1番のりば 《市バス58・99・101系統》約10分 本牧下車・徒歩10分
  • 横浜駅から 東口2番のりば
    《市バス8・148系統》約35分 三溪園入口下車・徒歩5分
    《ぶらり三溪園BUS》(土・日曜日・祝日限定運行)約45分 三溪園下車
  • 桜木町駅から 2番のりば
    《市バス8・148系統》約25分 三溪園入口下車・徒歩5分
    《ぶらり三溪園BUS》(土・日曜日・祝日限定運行)約35分 三溪園下車
  • 元町・中華街駅から 4番出口そば山下町バス停
    《市バス8・148系統》約15分 三溪園入口下車・徒歩5分

※ 詳細は【ぶらり横濱めぐり旅リーフレット】(PDF)、もしくは横浜市交通局ホームページをご覧ください。

お車で

  • 本牧埠頭ランプを降りたら道なり→「本牧元町入口」右折
  • 新山下ランプを降りたら道なり→「B突堤入口」右折→「北方消防出張所前」(T字路)左折→突き当りの信号(T字路)右折→「本牧元町入口」右折
  • 三溪園ランプを降りたら道なり「本牧元町入口」左折

駐車場について

  • 駐車場あ:80台
  • 2時間まで500円、以降30分毎100円、1日の上限1000円

紅葉の季節は多くの観光客で賑わい、駐車場が常に満車状態となりますので、できるだけ公共交通機関を利用した方が良さそうです。

Sponsored Links

本牧市民公園駐車場

三溪園の駐車場が満車の場合は、本牧市民公園駐車場がオススメです。

  • 駐車台数:約300台
  • 料金:200円(1時間)

混雑状況と口コミ

人気スポットなだけあって、シーズン中の土日はかなりの混雑が見込まれます。

特にイベント期間中はさらなる来場者が訪れると思われます。

平日でもイベント期間中は大型観光バスの団体観光客もたくさん来場するようです。

ただ、園内はかなりの広さがあるので、のんびり歩いて回ろうという気持ちでいれば、そこまで窮屈には感じないかもしれないですね。

まとめ

ここでは、三溪園の2017年の紅葉ライトアップの有無や見頃、混雑状況や口コミについてまとめました。

これだけの銀杏の紅葉が見られる日本庭園は、なかなかないようです。

  • 三溪園の紅葉の見頃:11月下旬から12月上旬にかけて
  • 紅葉の古建築公開:2017年11月18日~12月10日まで
  • 秋の紅葉時期のライトアップはありません。

横浜で紅葉と歴史的建造物を同時に楽しめる場所があるなんて、行ってみたくなりますよね。

園内には、三渓園茶寮、雁ヶ音茶寮、待春軒といったお食事どころもあるので、広い園内を歩き回っておなかがすいたら一息ついてくださいね。

人気ブログランキングにも参加しています。応援いただけるとうれしいです。


人気ブログランキング

 

Sponsored Links