青森県の弘前公園では、20198年の「弘前さくらまつり」の日程が公表されました。

弘前公園は、鷹揚公園(おうようこうえん)』『鷹揚園(おうようえん)』とも呼ばれ、弘前城の敷地に広がっています。

その弘前公園で行われる桜まつりの2017年は、老朽化のために石垣の工事が行われていたにもかかわらず、東日本大震災発生の2011年以降で過去最多となる251万人が訪れ、昨年2018年は、豪華なゲストのコンサートも開催されました。

ここでは、弘前公園2019年の桜の開花予測や桜まつりの日程や駐車場、またみどころについてまとめてみました。

Sponsored Links

弘前桜の開花予測や見頃のピークは?

弘前さくら01

引用:http://www.hirosakipark.jp/sakura/2016/05/7909.html

一昨年は、4月14日からの気温が予想以上に高く推移したため、外濠と園内標準木のソメイヨシノが同時に咲き始めました。

ウェザーニュースによると、2019年の弘前公園の桜(ソメイヨシノ)の開花と満開予想は、

  • 開花予想日:4月21日
  • 満開日:4月27日

弘前公園の平年の桜の開花日は4月23日なので、2019年はちょっと早めに開花しそうです。

昨年2018年4月26日にはこんなに満開でした。

こちらは、2017年の開花日と満開日

弘前さくら開花状況2017

弘前桜の開花予測は3月1日より公表されます ⇒ 桜ナビ

弘前桜まつりのみどころは?

弘前桜まつりのみどころは、桜がトンネルのように頭上を覆う西堀の桜です。

通常のさくらは、手が届きそうな低いところで整えられていることが多いのですが、弘前の桜はこんなに天高いのです!

また、夜間のライトアップと出店も見どころと、楽しみどころです。

 

View this post on Instagram

 

暗くなるまで待って、人混みの中撮影。 弘前城の西堀を春陽橋の上から。 この写真を撮るために行きました。 期間中は23時までライトアップしてるみたいです。 #弘前城さくらまつり #弘前城桜祭り #弘前城公園 #弘前公園 #春陽橋 #夜景 #さくら名所100選 #みちのく三大桜名所 #桜 #夜桜 #はなまっぷ桜2018 #キタムラ写真投稿 #japan #写真好きな人と繋がりたい #カメラ好きな人と繋がりたい #ファインダー越しの私の世界 #ig_japan #instagramjapan #art_of_japan_ #wu_japan #tokyocameraclub #東京カメラ部 #lovers_nippon #loves_nippon #tohokucamerafan lovers_nippon #loves_nippon #tohokucamerafan #びゅうたび #桜

Masakiさん(@masaki__75)がシェアした投稿 –

 

View this post on Instagram

 

Toshimiさん(@t.m_kuu0509)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

masash998さん(@1ovethegreatbritain)がシェアした投稿

すごくきれいです!

あと、個人的に気になったのはこちら!

桜まつりが終わったあとの、遅咲きの八重桜とチューリップのコラボです。

ななさん(@nanano.nana)がシェアした投稿

弘前公園に桜が植えられたのが1715年。

藩士が京都の嵐山からカスミザクラなどを持ち帰ったのが始まりだそうです。
明治に荒れていた弘前城内に1000本のソメイヨシノを植栽し、1895年には弘前城跡を公園として一般開放されました。

Sponsored Links

その後もソメイヨシノの植栽は続き、大正時代には弘前公園は見事な桜で埋め尽くされました。

現在では約2600本の桜が一面に咲き誇り、西堀では桜がトンネルのように頭上を覆っています。

冬に咲くさくらライトアップ

  • 期間:2018年12月1日(土)~2019年2月28日(木)

春のお花見前に、弘前城では雪景色に映える「桜」のライトアップも開催されていました。

もちろん、この時期のライトアップは桜の開花前なので、枝に積もった雪にピンク色の照明を当て、桜の花に見立てるイベントなんですが、こんなに幻想的で豪華です。

外堀の一角に、約500メートルにわたって発光ダイオード(LED)やハロゲン灯の投光器が設置された、弘前城の冬の桜のライトアップは、クラウドファンディングなどで工事費や電気代が集められ、2018-2019年で2回めの開催。

来年も再来年もずっと続いてほしいイベントです。

本当に幻想的ですね。

弘前さくらまつり2019の詳細について

弘前さくらまつり2019の日程と詳細

  • 日時:2019年4月20日~5月6日
  • 場所:弘前公園

廣前桜まつりは例年、津軽民謡ショー、津軽手踊り披露、など様々な催しが行われています。

昨年2018年の桜まつりは、100周年記念として坂本冬美さんのコンサートも実施される豪華なお祭りになりました。

弘前公園の入園料

弘前まつりの会場になる弘前の敷地は、有料の区域や時間がありますから注意してくださいね。

有料区域および有料時間

  • 本丸・北の郭:7:00~21:00
  • 弘前城植物園:9:00~18:00(入園券の販売は、17:30まで)

入園料

  • 本丸・北の郭:大人310円 小人100円(団体料金:大人250円 小人80円)
  • 弘前城植物園:大人310円 小人100円(団体料金:大人250円 小人80円)
  • 共通券:大人510円 小人160円(団体料金:大人460円 小人130円)
    (本丸・北の郭、弘前城植物園、藤田記念庭園)
    ※団体料金は10名様以上に適用。

屋台の営業時間と出店数

弘前桜まつり屋台

出典:http://shibuya_naoki.typepad.jp/

  • 屋台の営業時間:9:00~21:00まで
  • 出店数:200軒

弘前さくらまつりでは、毎年200もの出店が並び、定番のお団子やいちご飴。

津軽伝統の生姜味噌おでんや黒こんにゃくなど、たくさんの食べものが販売されます。

まさに「花より団子」でお花見よりも出店を覗いて回るほうが楽しそうです。

弘前城桜のライトアップ

●ライトアップ時間:日没~22:00(予定)

さくらまつりの期間中はライトアップした桜を鑑賞することが可能です。

ライトアップを空撮した動画がこちら。
幻想的でものすごくきれいです。

手ぶらで観桜会

弘前さくらまつりの『手ぶらで観桜会』では、津軽の郷土料理を食べながらお花見できるプランがあります。

お花見の場所の手配、お弁当・飲み物の準備、後片付けはすべてお任せで、まさに、手ぶらでお花見が楽しめるプランで、お料理も凄く美味しそうなんですよね!

引用:http://sakura.hirosakipark.jp/

  • 期間:2018年4月23日(月)~5月3日(木)
  • 時間:90分(12:00スタート)
  • 会場:弘前公園 ピクニック広場
  • 持ち物なし

サービス内容

弁当、飲み物、敷物等、及び、事後の清掃など、グループごとにねぷた囃子の奏者達が演奏してくれます。

費用

  • 通常コース:お一人様 15,000 円
  • 極コース:お一人様 30,000 円(2名様以上より申し込み可)

詳細とお申込み ⇒ 手ぶらで観桜会

場所と行き方・アクセス

●場所:弘前公園:青森県弘前市下白銀町1-1

公共交通機関で

●徒歩
弘前駅:バスターミナル→約20分→弘前公園

●バス
弘前駅前:土手町循環100円バス(約10分)→弘前公園
※10:00~17:00まで10分ごとに運行。

無料シャトルバスについて

2017年まで運行されていた無料シャトルバスは、昨年2018年から運行されなくなっていますからご注意ください。

お車で

東京方面から

東京→東北自動車道(9時間)→大鰐IC→国道7号線→弘前

大阪方面から

大阪→北陸自動車道(14時間50分)→大鰐IC→国道7号線→弘前 大阪→東北自動車道(15時間20分)→大鰐IC→国道7号線→弘前

駐車場について

駐車場は、この期間だけに開放される無料駐車場がありますから、まずはそちらを狙ってください。

下記の地図、紺色Pマークが臨時の無料駐車場です。

無料臨時駐車場

富士見橋臨時駐車場

  • 場所: 富士見橋上流
  • 収容台数 : 400台
  • 開放時間 : 午前9時~午後6時

岩木橋臨時駐車場

  • 場所 : 岩木橋上流
  • 収容台数 : 500台
  • 開放時間 : 午前9時~午後6時

有料駐車場

弘前市役所

料金 普通車   30分ごとに100円(最初の1時間は無料)
夜間駐車  1泊540円(午後10時から翌朝7時まで)※車の出入りはできません
場所 弘前市大字上白銀町1-1
問い合わせ TEL:0172-35-1111

弘前市役所ホームページ

備考 利用時間は7:00~22:00(22:00以降は出庫できません)
(※2018年4月18日~5月6日の期間。通常は7:00~21:30)
市役所駐車場について、左折による出入庫にご協力をお願いします。なお、平日は来庁者優先です。また、混雑の状況によっては出庫に1時間以上要する場合がございますので予めご了承ください。

市立観光館

料金 普通車   30分ごとに100円(最初の1時間は無料)
夜間駐車  1泊540円(午後10時から翌朝8時まで)※車の出入りはできません
場所 弘前市大字下白銀町2-1
問い合わせ TEL:0172-37-5501
市立観光館ホームページ
備考 追手門広場内にあり、地下に普通車88台を収容できる広さの駐車スペースがあります。
利用時間は8:00~22:00(22:00以降は出庫できません)

弘前文化センター

料金 普通車   30分ごとに100円(最初の1時間は無料)
夜間駐車  1泊540円(午後10時から翌朝8時まで)※車の出入りはできません
場所 弘前市大字下白銀町19-4
お問い合わせ TEL:0172-33-6571
弘前文化センターホームページ
備考 弘前公園東門のすぐそばにあり、収容台数110台の駐車場です。
利用時間は8:00~22:00(22:00以降は出庫できません)

津軽藩ねぷた村

料金 さくらまつり期間中は1回1,000円 (通常1時間200円、以降30分ごとに100円追加)
場所 弘前市亀甲町61
問い合わせ TEL:0172-39-1511
津軽藩ねぷた村ホームページ
備考 さくらまつり期間中は公園駐車場として200台を収容できます。 また、津軽の民工芸品や津軽三味線の演奏体験なども行え、お土産品も充実しています。
利用時間は5:00~23:00
※中型以上のバスはターミナルとして利用いただき(1回2,200円)、岩木川上流のバスプールへ駐車していただくこととなります。

 

他にも、上記の地図にある通り、有料の駐車場は公園周辺に一日¥1,000前後で多数あります。

また、最近では、事前にスマホから簡単に予約できる駐車場があります。

地図を見ながらぐるぐる探すよりも、まずは空きを確認してから向かったほうが断然ストラスがありません。

当日でも空いていればスマホからすぐに予約ができるので、便利に利用してくださいね。

●アキッパで検索 ⇒ akippa

●軒下パーキングで検索 ⇒ 軒先パーキング

●B-Timesで検索 ⇒ B-Times

弘前祭りにツアーで行く

⇒ クラブツーリズム バスツアー

弘前城の桜の季節には、沢山の旅行会社から様々なプランのお花見ツアーが企画されています。

2019年の桜まつりは、年号が変わる特別な時期をまたいでの期間になります。

贅沢な旅行で、ステキな思い出を作るのもいいですね。

⇒ クラブツーリズム バスツアー

 

まとめ

ここでは、青森の弘前公園の桜の開花予測と「弘前さくらまつり」の詳細についてまとめています。

  • 桜まつり日時:日時:2019年4月20日~5月6日
  • 桜の開花予想:4月21日
  • 満開予想日:4月27日

弘前城の桜まつりの時期には、無料駐車場のほか臨時の有料駐車場も設整備されます。

それでも、どっこも満車になるほどの混雑ぶりですから、お出かけする日が決まっていたら、事前駐車場を確保ておいたほうが確実です。

また、当日でも空いていればスマホからすぐに予約ができるので、便利に利用してくださいね。

●アキッパで検索 ⇒ akippa

●軒下パーキングで検索 ⇒ 軒先パーキング

●B-Timesで検索 ⇒ B-Times

また、弘前城の桜まつりの期間には、周辺のお花見スポットと併せた豪華なツアーも沢山企画されています。

そういったryぽ校は思いの外楽しめますし、平成から次の時代への節目のステキな思い出に、贅沢な旅行もいいものですね。

⇒ クラブツーリズム バスツアー

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

 

人気ブログランキングにも参加しています。応援いただけるとうれしいです。


人気ブログランキング

 

Sponsored Links
ピックアップ関連コンテンツ