芥屋の大門納涼花火大会2018無料駐車場と穴場スポットまとめ

けや花火芥屋の大門納涼花火大会=いとしま海の祭典は、芥屋(けや)海水浴場の海岸沖約250mの防波堤から打ち上げられる近さと花火の振動は迫力満点です。

また、糸島市の芥屋(けや)の海水浴場は、環境省が認定した「快水浴場百選」に選ばれた海水浴場で、その魅力は何と言っても海のきれいさ。

そんな芥屋の海水浴場で毎年行われている花火大会が、なんと、2018年は中止担ってしまいました・・・

とにかく、抜け道がないこのあたりの夏は、ただ絵さえ混雑する場所なので、それがりゆうなのかな?ッと思うのですが、それにしても残念です。

来年、2019年の開催に期待したいとおもいます。

以下は、昨年2017年の花火大会の詳細です。例年同じ様な感じで行われていましたから、来年おために残しておきますね。

Sponsored Links

芥屋の大門納涼花火大会の日時や詳細

この記事は2017年の『いとしま海の祭典(芥屋の大門納涼花火大会)』についての詳細記事で、日時や駐車場の場所や行き方・アクセスまた鑑賞スポットの穴場についてまとめたものです。

2018年は中止になっています。

  • 開催日時: 2017年7月20日(木曜日) 20:00~21:00 ※雨天の場合は翌21日(金曜日)に順延
  • 住所場所: 福岡県糸島市志摩芥屋 芥屋(けや)海水浴場一帯
  • 駐車場: 臨時無料駐車場約900台あり

*岐志漁港臨時駐車場からシャトルバス送迎あり
・トイレ 既設トイレ3か所
電話番号 092-322-2098
関連サイト http://www.itoshima-kanko.net/(外部サイト)
主催者 芥屋花火大会実行委員会

昨年2016年のフィナーレの動画がツイッターにUPしてありました!

花火の打ち上げ場所

けや花火

・場所: 福岡県糸島市志摩芥屋 芥屋(けや)海水浴場

・ JR筑前前原駅から昭和バス芥屋行に乗り25分 芥屋バス停下車徒歩3分、西九州道前原ICから車で25分

*当日は18:30~22:00まで会場周辺で交通規制あり

行きかた・アクセス

徒歩の場合

・JR筑肥線筑前前原駅→昭和バス芥屋行きで30分
・終点下車、その後、徒歩3分

臨時バスについて

*当日は臨時バスが増便されます。

  • 運賃: 大人500円、小人 250円

芥屋花火大会<直行>臨時バス時刻表(途中の乗降はできません。)

前原駅 ⇒ 芥屋(花火会場)
駅北口 花火会場
臨時① 18:07 直行 18:27
臨時② 18:42 直行 19:02
臨時③ 18:57 直行 19:17
臨時④ 19:12 直行 19:32
臨時⑤ 19:22 直行 19:42

帰り:芥屋購買店バス停からの発車

Sponsored Links
    芥屋(花火会場) ⇒ 前原駅
花火会場  駅北口
 臨時① 21:00 直行 21:20
臨時② 21:15 直行 21:35
臨時③ 21:30 直行 21:50
臨時④ 21:45 直行 22:05
臨時⑤ 22:00 直行 22:20
臨時⑥ 22:15 直行 22:35

お車の場合

・西九州自動車道前原IC~県道12号
・県道54号を芥屋方面へ車で12km
*車で行く場合は交通規制だけでなく、渋滞、混雑が予想されますので早めに足を運ぶことをおすすめします。

臨時駐車場の場所

・臨時駐車場:岐志漁港(きしぎょこう)臨時駐車場

 ここかららシャトルバス送迎あり!

・住所:福岡県糸島市志摩岐志1842

*当日は18:30~22:00で交通制限がなされます!

お車までお出かけの方は、臨時駐車場を目指して早めのお出かけをおススメします。

 鑑賞の穴場スポットは?

芥屋の大門納涼花火大会の観賞スポットは、なんといっても海の家からみる花火です。

飲食を楽しみながら花火を観賞でき、ゆったりと椅子に座って観賞できます。

また、花火の打ち上げ場所あたりには、幾つかの海の家があります。

ただ、花火当日はどこもいっぱいなので、確実にお席を確保したい場合は、事前予約がおすすめです。

海の家白浜屋

一の岳

芥屋海岸が本会場なので、少し離れた山手のほうでは、迫力には欠けますが人が少ないのでゆっくり見ることができます。

立石山

まとめ

今年、2018年の芥屋の大門納涼花火大会は残念ながら中止発表されました。

例年、平日開催でも迂回路がないので海水浴場までの道は大渋滞するんですよね。

それにしても残念です。

ただ、この芥屋の大門あたりは、夏の海水浴ほかドライブには本当に最適なスポットです。

福岡市内から、青空☆満点レストランで放送された元祖糸島ラーメン 銅鑼(ドラ)」のラーメンがとっても美味しそうでした!

ぜひ近くに行かれたら立ち寄って見てくださいね。

⇒ 糸島めんま・タケマンのお取り寄せ通販は?国産メンマ入りラーメン店も調査!

 

人気ブログランキングにも参加しています。応援いただけるとうれしいです。


人気ブログランキング

 

Sponsored Links