大分県玖珠(くす)花火大会2018の無料駐車場は?混雑と口コミも調査

大分玖珠花火

大分県玖珠町で毎年行われる花火大会は、「童話の里夏祭り」のフィナーレとして、3000発の花火が打ち上げられます。

周囲を山々にか困れた玖珠の花火大会は、花火の炸裂音がこだまして、とっても迫力のある花火が堪能できるんですよ。

ここでは、玖珠の花火大会(大分合同新聞納涼花火シリーズ 玖珠会場)について、日程などの詳細と無料駐車場についてまとめています。

Sponsored Links

玖珠の花火大会(大分合同新聞納涼花火シリーズ 玖珠会場)詳細

  • 開催日時: 2018年8月11日(土曜日)
  • 打ち上げ開時間:20:30~ *雨天の時は翌日(12日20:00~)
  • 住所・場所: 大分県玖珠町大字帆足 玖珠川協心橋上流
  • 駐車場:玖珠川協心橋下流河川敷・玖珠町役場ほか (下記をご参照ください)
  • トイレ 臨時トイレあり、既設トイレなし
  • 電話番号 097-538-9647
  • 関連サイト http://www.oita-press.co.jp/(外部サイト)

打ち上げ場所

打ち上げ場所:玖珠川協心橋上流(同川河川敷)

行き方・アクセス

JRで

・豊後森駅から徒歩10分、大分道九重ICから国道387号経由で車で18分

お車で

大分道九重ICから国道387号を協心橋方面へ車で2km(車で18分)

*会場周辺の交通規制:あり(18:30~、会場周辺)

無料臨時駐車場(2箇所)

玖珠川協心橋下流河川敷

玖珠町役場

口コミ評判と混雑状況

玖珠の花火大会はホントうに、花火が近い!

火の粉が飛んできそうです。

ただ、こちらのインスタの動画を見ても分かる通り、人は多いのですが、それほど混雑している感じでもなく、規制された地元の方なんかで賑わう花火大会です。

何年?十何年ぶりだろうか… #玖珠花火大会 #花火大会 #花火

Taichi Hoashi(帆足 太一)さん(@taichihoashi)がシェアした投稿 –

玖珠(くす)が童話の里といわれる理由は?

玖珠(くす)が童話の里といわれる理由は、久留島武彦という「日本のアンデルセン」と讚えられ、日本全国をまわって童話を読み聞かせた童話家がいらっしゃいます。

日本においての児童文学史に大きな足跡を残した偉人で、その久留島武彦氏の故郷が、この玖珠です。

有志が、「故郷の玖珠こそ志を育てるのにふさわしい」と、昭和25年に玖珠町に童話碑を建立。

この除幕式が「日本童話祭」の第1回目にあたり、それ以降、玖珠の地は童話の里と呼ばれ、またそれにちなんだお祭りやイベントが行われているのです。

また、久留島武彦氏は、日本にボーイスカウトを紹介し、日本ボーイスカウトの基盤作りに尽力したことでも知られています。

⇒ 久留島武彦記念館

玖珠と附近の宿泊温泉

そして、花火とは関係ないけど、夏の玖珠の風景って、とってもキレイなんですよ。

インスタグラムにもステキな画像がUPしてありました。

また玖珠の花火大会が行われる場所は、阿蘇や九重とも近く、幾つもの温泉旅館があり、夏は観光客や地元の方でも賑わう場所です。

温泉だけ利用するのも良いし、今年はちょうどお盆続きになっていますから、花火やお祭りにあわせて宿泊して翌日ゆっくり観光するのも良いですね。

 

まとめ

ここでは、大分玖珠の納涼花火大会についてについて、無料駐車場や混雑・口コミについてまとめています。

大分玖珠の花火大会は、知る人ぞ知る、地元の方がメインの花火大会です。

こんなに間近で見られる花火大会は珍しいので、ドライブがてら今年は行ってみるのも良さそうです。

大分関連の花火記事もどうぞ。

また今年はお盆休みの初日とも重なります。

お車利用の方は小高速道路の混雑にも注意してくださいね。

人気ブログランキングにも参加しています。応援いただけるとうれしいです。


人気ブログランキング

 

Sponsored Links