くきのうみ花火の祭典2018交通規制と駐車場は?見どころと穴場も調査!

くきのうみ花火の祭典は北九州市の洞海湾を挟んで戸畑と若松の両側で開催される花火大会!

スターマイン、音楽花火、10号玉など、打ち上げ花火や仕掛け花火などが夏の夜空を彩ります。

なかでも、洞海湾のシンボルである真紅の吊り橋の若戸大橋を使って行われる、長さ260mの「ナイアガラ」は圧巻です。

とっても見ごたえのあるくきのうみ花火大会なのですが、実は駐車場がありません。

しかも花火大会当日は大掛かりな交通規制も行われます。

とはいっても、場所的に車で行きたい花火大会でもあるんですよね。

なのでここでは、2018年のくきのうみ花火の祭典の交通規制と合わせて近隣の駐車場、また花火の見どころと穴場についても調べました。

Sponsored Links

くきのうみ花火大会2018詳細

くきのうみ花火
http://photohito.com/photo/orgshow/4669047/
  • 開催日時: 2018年7月21日(土) 20:00~20:40 (小雨決行*雨天中止)
  • 場所: 福岡県北九州市若松区・戸畑区 洞海湾若戸大橋周辺
  • 駐車場: なし←ご注意ください!
  • トイレ: 臨時トイレ6か所、既設トイレ6か所
  • 電話番号: 093-761-5321

*会場周辺の交通規制:あり(18:30~22:00、なみかけ大橋の立入禁止ほか町内道路規制あり)

・場所: 福岡県北九州市若松区・戸畑区 洞海湾若戸大橋周辺

くきのうみ花火大会の行きかたアクセス

JR利用の場合

ここは、交通の便がとっても良いので、おススメはJR利用です。

  • JR戸畑駅から徒歩5分
  • JR若松駅から徒歩3分

お車の場合

くきのうみ花火の祭典では会場周辺に無料駐車場がありません。

また、当日は18:00~22:00位の間で、交通規制もなされますから、お車の場合はあとに説明する駐車場を早めに確保しておいてくださいね。

また最近は、事前に予約できる駐車場なんかもありますから事前予約をしておいたほうが確実です。
当日でも空いていればスマホで簡単に予約ができます。

  • 駐車場の事前予約をする ⇒ akippa

くきのうみ花火大会の交通規制

こちらはちょっと古い交通規制図ですが、例年、ほぼ同じ時間帯と区間で交通規制されます。

区間によって、交通規制区間が異なり舞うから注意してください。

2018年の最新が分かり次第、差し替えていきますね。

くきのうみ花火大会周辺駐車場

くきのうみ花火大会は専用の駐車場がありません。

毎年かなりの人出と交通規制で、早い時間から渋滞しますから、事前に予約できる駐車場を確保しておいた方が確実です。

  • 駐車場の事前予約をする ⇒ akippa

くきのうみ花火大会周辺コインパーキング一覧

くきのうみ花火大会会場そばには、コインパーキングがあるにはあるのですが、駐車台数が少ないです。

交通規制される時間前に駐車しないと、付近は近寄れなくなりますから注意してくださいね。

また、渋滞と交通規制で出庫するのにも時間がかかりますから、ちょっと離れた場所に車を停めるのがポイントです!

⇒ くきのうみ花火大会周辺コインパーキング一覧

⇒ 駐車場の事前予約 ⇒ akippa

みどころ

見所その1

・洞海湾ど真ん中からの打上げ花火
この大会のために洞海湾を行きかう船舶を止めて、湾のど真ん中に花火打上げ用の台船を浮かべ、そこから大玉10号をはじめとした花火を打ち上げます。海上花火ならではのロケーションの良さと、首が痛くなるぐらい真上に上がる大輪の花火は見応え十分です。

見所その2

・音楽花火
音楽花火は、大会オリジナルのユニークな仕掛け花火で、会場内に流れる壮麗な音楽に合わせて、花火が美しく連射されます。光と音の競演を存分にお楽しめます。

見所その3 ←番のおススメ見どころです!

・若戸大橋から流れ落ちるナイアガラ
若松・戸畑のシンボル、若戸大橋にかかるナイアガラは長さ260m
洞海湾に降ろされた光のカーテンのようで、その圧倒的な美しさは感動的です。実際に使われている橋を通行止めにして行うフィナーレは、他ではまず見ることのできないビッグな「ナイアガラ」です。

鑑賞の穴場スポット3選

本当は、渡船近辺で見るのが1番良いのですが、ちょっと高台から見る花火もとっても美しいものです。

高塔山

この高塔山からのながめが最高に綺麗です!

街の街灯と合わせて、なんだか外国の景色みたいだし、CGみたいに綺麗!!

Sponsored Links

若松区久岐の浜

都島展望公園

ほかにも、若戸大橋からもちょっと遠くなるけどバッチリきれいに見えますよ!

評判やクチコミは?

●夏休みには北九州方面では数々の花火大会が開催されますが、このくきのうみ花火の祭典はそのトップを切る花火大会です。洞海湾から上がる大きな花火の種類も多く、空から降って来る花火の雫も自分がその中にいるような錯覚を覚えます。
出典:世界最大の旅行サイト【トリップアドバイザー】

 

●洞海湾の真ん中、真紅の若戸大橋を背景にナイヤガラ、大玉の花火迫力満点。

まとめと感想

ここでは、北九州市の洞海湾を挟んで戸畑と若松の両側で開催される2018年のくきのうみ花火の祭典についてまとめています。

この花火大会には駐車場が無いのが、ちょっと不便なのですが、離れた場所からもすごくきれいに見ることができるので、最初から穴場スポットを目指していくのも良いかもしれませんね。

お車利用の方は、駐車場を事前予約しておいたほうが確実です。

⇒ 駐車場の事前予約をする ⇒ akippa

また、JRや新幹線の小倉経由で花火を鑑賞されるのでしたら、花火帰りにでも、駅チカの100円ビールやさんもチェックしてみてくださいね!

⇒ 小倉の100円ビール酒場白頭山の場所はどこ?口コミも調査!

人気ブログランキングにも参加しています。応援いただけるとうれしいです。


人気ブログランキング

 

Sponsored Links