豊後高田駅・カレーパン「ランチカフェらんぷ屋」の営業時間や口コミまとめ

カレーパン

大分県豊後高田駅の目の前にあるカレーパンの店「ランチカフェ らんぷ屋」とオーナーの瀧下雅幸さんが人生の楽園の主人公です。

この、「ランチカフェ らんぷ屋」は、もともと「カレーハウスりんご屋」という女性オーナーから引き継いだお店で、夕方には地元の高校生でいっぱいです。

ここではそんなカレーパンの「ランチカフェ らんぷ屋」の営業時間や口コミ、また瀧下さんオーナー経営の「古民家ランチカフェ らんぷ屋」についても調べてみました。

Sponsored Links

カレーパン・ランチカフェ らんぷ屋について

ランチカフェらんぷ屋
引用:食べログ

 

  • 営業時間:午前11時~午後7時(農作業の繁忙期は営業時間変更の可能性あり)
  • 定休日:木、日曜
  • 住所:大分県 竹田市 会々 2332-1
  • 電話:0974-78-1008

カレーパンの値段

●カレーパンの値段は1個120円

ランチカフェ らんぷ屋のカレーパンは、先代からのレシピを受け継ぎ、パン生地はもっちり。

野菜や牛挽肉、地元ならではの特別なおからなどをじっくり煮込んだ具がたっぷり入っています。

ただ、カレーパンは1日限定20個なので、早々に売り切れてしまう場合も

また、カレーパンの他に、地元「竹田竹炭米」を使ったカレーライスなどの飲食も可能です。

「竹田竹炭米」は、雅幸さんが仲間と育て、地域のブランド米として売り出そうとしているお米で、しっかりとした味わいのある美味しいお米です。

テーブルも1つだけなので、ランチ時間をずらして行ったほうが良さそうです。

ランチカフェらんぷ屋の行き方アクセス

  • 住所:大分県 竹田市 会々 2332-1
  • 豊後竹田駅からすぐ目の前

ランチカフェ らんぷ屋の口コミ評判

豊後竹田駅のロータリーにあるこちらのお店。
隣がタクシー会社で、カフェのようなお店。
見ての通り小さなお店。
以前は、カレーハウスりんご屋というお店だったようだが、今の店主がお店ごと引き継いだとのことだった。
先日、大分のテレビで放送されていたので、早速訪問してきました。
お目当てはカレーパン。120円。限定20個とのことだ。
ちなみに店内ではカレーライスなど飲食もできる。

カレーパン。
外はサクッと、中はフワッとした生地。
中のカレーはパンに溶け込むかのようだ。
辛さをおさえつつもスパイスがほんのりと効き、ニンニクのほのかな風味があります。
とても美味しく、一個はぺろりと食べてしまいました。

引用:食べログ

ランチカフェ らんぷ屋オープンのきっかけ

らんぷ屋瀧下さん

大分県の豊後高田駅ロータリーの「ランチカフェ らんぷ屋」をオープンさせた瀧下雅幸さんは、地元大分県の竹田市出身。

郵便局に就職し、結婚後家族と大分市内で暮らしていました。

定年が近づくに従って、「故郷に戻ってゆっくり田舎暮らしがしたい」という思いが膨らんできたそうです。

ところが、そのことが原因で夫婦は別々の人生を歩むことになってしまったとか。

そんな中、瀧下雅幸さんは2013年に空き家を購入して地元大分県竹田市にUターンして、地域のボランティアに参加。

この購入された空き家が、あとに紹介する古民家カフェらんぷ屋です。

新しい場所では、新たな出会いがあり、会の活動の中で意気投合した20歳年下の珠美さんと、59歳の時に再婚なさいました。

2016年には長男の和幸くんも誕生し、「息子に残す故郷をもっと元気にしたいと」いう思いが徐々に強くなったといいます。

地元の竹田市に戻って、たまたま入ったのが「カレーハウスりんご屋」という女性オーナーのカレーパンの店でした。

その時の印象は、カレーパンの生地は薄いのにもっちりしていて食べ応えもあり、中身のカレー具材は「普通においしい、という感じだった」そうです。

次第に、行きつけのになっていった頃、先代の女性から「夫の仕事を手伝うため店をやめたい。誰かいないか」と声を掛けられ、地域で愛されていた味を守り、町おこしの拠点にしたいと店を継ぐことを決意したそうです。

そうやって、オープンしたのが、「ランチカフェ らんぷ屋」で、2018年1月のことでした。

 

古民家ランチカフェ らんぷ屋

古民家ランチカフェ らんぷ屋
引用:古民家ランチカフェ らんぷ屋

こちらの「古民家ランチカフェ らんぷ屋」は、完全予約制で、農作業の合間の営業なので、希望日時に予約できないこともあるそうです。

軽食とコーヒーメインで、竹田市直入町の自家製食材をつかったお料理は、カレーパン屋さんで提供されているカレーもメニューにありますよ。

古民家ランチカフェ らんぷ屋のメニュー

  • 季節のおまかせパスタ:700円
  • 辛口カレー:1000円
  • 季節のサラダ:400円~
  • コーヒー(お菓子付き):500円~
  • パスタセット:1300円
  • カレーセット:1500円

他にもアルコール類の飲み物もあります。

古民家ランチカフェ らんぷ屋の行き方アクセス

こちらは、カレーパン屋さんのある豊後竹田駅から車で35分程度

Sponsored Links

同じ大分県の久大本線由布市庄内駅から、山越えしていくほうが近いようです。

竹田竹炭米の通販お取り寄せは?

らんぷ屋で使われているお米は、竹田竹炭米

大分県の竹田市は、竹の街としてとっても有名で竹取物語にちなんだ竹の灯篭まつりなんかもおこなわれている街です。

そして瀧下雅幸さんも参加している「竹田竹炭米研究会」で全国的に広めるために有志とともに、大がかりなプロジェクトも計画中のお米。

竹田竹炭米は、地元の農作物を扱う「豊後オーガニックファーム」で通販お取り寄せが可能でした!

⇒ 「豊後オーガニックファーム」

楽天市場内では、竹炭米を使った焼酎が販売されていて、かなり気になりました。

また竹田竹炭米ではないのですが、竹田の新米が通販お取り寄せが可能です。

大分の豊後市は九州でも自然豊かな場所で有名で、ブランド米じゃなくても、十分にお米が美味しいんですよ!

 

まとめ

ここでは、11月10ひのの人生の楽園で放送された大分県豊後高田駅の目の前にあるカレーパンの店「ランチカフェ らんぷ屋」「古民家ランチカフェ らんぷ屋」についてもまとめています。

近くには、ちょうど1年位前の人生の楽園で放送された、豊後大野の「森のカフェゆるり」さんもあります。

今の時期の大分県の豊後は、少し山手にはいると紅葉が見頃で凄くきれいです。

 

人気ブログランキングにも参加しています。応援いただけるとうれしいです。

Sponsored Links