しし座流星群2017年福岡の見頃のピーク時間と方向方角まとめ

しし座流星群が2017年も見頃のピーク(極大)を迎える時期になりました!

しし座流星群の出現期間は比較的長く、例年11月6日~11月30日頃まで観測されているので、お天気の良い日の夜、光った?ッと思ったら、しし座流星群の流れ星だったなんてこともありそうですよ。

しし座流星群の母天体はテンペル・タットル彗星(55P/Tempel-Tuttle)で、この彗星の公転周期は、なんと約33年です。

そのために、過去に多くの流星嵐が記録されたことで有名な流星群で、なんと2001年11月18日深夜~19日未明にかけては、日本でも1時間あたり1000個を超える流星が観察されました。

ところが、2003年以降の流星数はガクンと減って、ここ数年間は、ピーク時でも1時間に5個程度しか観測できなくなっています。

とはいえ、11月に一足先に見頃のピークを迎えているおうし座流星群が2つまだまだ出現期間なので、条件さえさえ整えば、流れ星自体は意外によく観測することが可能です。

しかも今年2017年の観測条件は、新月と重なって月明かりも殆ど無く好条件です!

ただ残念なことに、出現数が最大に成る極限の日の福岡のお天気はあいにく曇り。

なので今年2017年は、極大日を少しずらしたほうがよさそうです。

しし座流星群だけだと、見える数は少ないのですが、今の時期は一足先に極大をむかえているおうし座流星群の2つがまだまだ出現期間内なので合わせて観測すると思ったよりも意外に簡単に見えるかもしれませんね。

なのでここでは、2017年のしし座流星群の福岡での見頃のピーク時間や方向方角について調べてみました。

Sponsored Links

福岡での見ごろのピーク時間は?

流れ星のピーク時間とは観測上では、一番出現数が多い「極大」時間のことをいいます。

そしてしし座流星群の2017年の極大時刻は、

  • 11月18日(土曜日)日付が変わってすぐのの深夜1:00(金曜日の25:00)

ただ、今年2017年のしし座流星群を福岡で観測する場合は、日にちを遅らせて、

  • 11月20日(月曜日)に日にちが変わってすぐの0:00~明け方(日曜日の深夜から月曜日の明け方にかけて)

が、一番観測しやすい時刻になります。

理由は、観測条件の大切な要素に、お天気がよく空に雲がないことが最低条件なのですが、しし座流星群が極大を迎える18日の福岡の夜はお天気がよくありません。

1118福岡九州

11月19日の午後からはお天気が回復してきそうなので、あえて、極大時刻をはずして、1日、2日遅らせた

  • 11月20日(月曜日)に日にちが変わってすぐの0:00~明け方(日曜日の深夜から月曜日の明け方にかけて)

が見頃のピークになります。

2017年は、月明かりもなく、条件的には最高なのと、しし座流星群の出現個数は少ないとは言え期間が長いのでお天気の良い日を狙ってみれば、観測できる可能性は十分にあります。

また、しし座流星群だけでは個数も少ないのですがまだまだおうし座流星群も出現期間内なので、それも合わせると、1時間に5個以上は観測できる可能性は十分にありそうです。

週初めの月曜日の明け方となると、のんびり流れ星を観測する余裕はないかも知しれませんが、幸い23日は祝日。

しし座流星群は出現期間が比較的長いので、23日くらいまではかなりの確率で観測できそうですからお天気の良い日を見計らって夜空を眺めてみてくださいね!

なた流れ星は意外に、明け方に観測されることも多いので、ちょっと早起きして早朝に観測するのも良さそうです。

201711月齢カレンダー03

福岡でしし座流星群を見るための方角方向は?

福岡でしし座流星群を見るための方角方向は、基本的に真上です。

しし座流星群に限らず、流れ星は、四方八方から流れて消えていきますから、見る方角は基本的に「真上」が一番観測しやすい方向と方角になります。

Sponsored Links

ただ、星も月も東から登って西に沈んでいきますから、日にちとは関係なく、

早い時間帯は東向き⇒真上⇒明け方近くになると少し西 と若干方向を変えたほうが見えやすいです。

できればマンションのベランダのような、歩いてい方向方角しか見見上げることができない向きではなく、空全体が見渡せる公園や神社がオススメです。

最近の流れ星を見るスコットでお気に入りhちょっと静かな神社です。

神社ってある程度広い敷地があり、周りには高い建物はそれほど多くありません。

街灯も少ないので、自近所の神社などは特におすすめです。

しし座流星群について

しし座流星群の母天体はテンペル・タットル彗星(55P/Tempel-Tuttle)。

この彗星の公転周期は、なんと約33年です。

2001年に1時間1000個以上も見えて依頼、現在はあまり観測できていないというのはこの理由からで、2001年と同じくらいの数の観測が期待できるのは2034年頃の17年後くらいということになります。

その時代、一晩中街あかりが照らし続ける眠らない街ではなく、エコな時代になっているといいなって思います。

しし座流星群の流れ星の元となる塵は、まるで地球と正面衝突するような形で地球の大気圏に突入してきます。

その突入スピードは、すべての流星群の中で最高です。

放射点の高度が低い、早い時間帯は、流れ星は地球の大気層にほぼ水平に突入するために、長い軌跡を描いて比較的長い時間(数秒間程度)流れるように観測することができる、流星痕と呼ばれる煙の様な痕跡も観測しやすいです。

それが、深夜をまわって、放射点の高度が上がるにつれて、垂直に大気圏に突入してくるようになるのですが、短時間で濃い大気層に流星が飛び込んでくる流星は、一瞬で消え去ってしまいます。

ただ、濃い大気との衝突により光度が増し、ピカッと発光するような火球と呼ばれる明るい流星を見ることができるようになります。

つまり、早い時間に見るしし座流星群はスーッと流れるようにみえ、深夜をすぎてからみえるしし座流星群はピカッと一瞬できえてしまうという、恩智流れ星でも観測時間によって見え方が違うユニークな流れ星です。

時間によって同じ流れ星でも見え方が違うって、面白いですね。

まとめ

ここでは2017年のしし座流星群について福岡での見頃のピーク時間や方向方角についてまとめています。

観測上の極大時刻は

  • 2017年11月18日1:00(17日の深夜25:00)なのですが、

福岡のお天気の関係上、

見頃のピークは2017年11月20日の0:00(19日のに日付が変わった頃)になりそうです。

ただ、しし座流星群は11月末ごろまでと出現期間も長く、まだまだおうし座流星群も出現範囲なので、20日深夜から23日深夜あたりまでは好条件で観測できそうですよ。

  • おうし座流星群(9月10日~11月20日頃まで)
  • おうし座流星群(10月20日~12月10日頃まで)
  • 別サイトに飛びます ⇒ おうし座流星群2017

来月12月は、1年最後の流星群ふたご座流星群が見頃になります。

⇒ ふたご座流星群2017の見頃のピーク時間と方向方角は?(別ページに飛びます)

この流れ星は、ピーク時には1時間に45個程度も出現する見ごたえのある流星でなので、こちらも楽しみです。

流れ星と言うと、夏を代表するペルセウス流星群が有名なので、夏のイメージが強いのですが、澄んだ冬空に流れる流れ星は最高にロマンティックです。

23日の祝日うを利用して、福岡からだったら前夜からか早朝に阿蘇や八女の星野村あたりの真っ暗な場所まで足を運んでみるのも良さそうです。

星野村には、大型望遠鏡での天体観測ができる泊まれる天文台もありますね。

ちょうど紅葉時期と重なってステキな光景を焼き付けることができそうです。

人気ブログランキングにも参加しています。応援いただけるとうれしいです。

 

Sponsored Links