しし座流星群2017東京神奈川のピーク時間は?方向方角も調査!


しし座流星群が今年2017年も11月18日に見頃のピーク(極大)を迎えます!

昨年のしし座流星群は観測条件が整わず、観測はかなり厳しかったのですが、今年は新月と重なることもあり、最良の観測条件になっています。

しし座流星群は、出現数は少ないものの観測できる期間が長く、例年11月6日頃から11月いっぱいまでは観測可能な流星群です。

またこの時期には、一足先に見頃のピークをむかえているおうし座流星群の2つもまだまだ出現期間なので、合わせて観測すると、思っているより簡単に沢山の流れ星を観測することができそうですよ!

ここでは2017年のしし座流星群の関東地方(東京・神奈川)のピーク時刻と方向方角についてまとめています。

Sponsored Links

見ごろのピーク時間は?

流れ星のピーク時間は一番出現数が多い「極大」時間を指すことがおおく、その極大時刻は、

  • 11月18日(土曜日)日付が変わってすぐのの深夜1:00(金曜日の25:00)

ただ今年2017年は日にちを1日遅らせて

  • 11月19日(日曜日)の22:00頃から20日(月曜日)の明け方まで

が、一番観測しやすい時刻になります。

というのは、

観測条件の大切な要素は、

  • 月明かりがないこと
  • 空に雲がかかっていないこと

この2つが最低条件です。

幸い11月18日(土)は20:42が新月時刻で月明かりの心配はありません。

ところが、関東地方上空のお天気がよくないのです。

201711月月齢カレンダー01

18日の夜は雨模様なのですが、1日待つと、良く19日の夜は晴れ!

なので見頃のピーク時刻は極大時刻ではなく、空に雲がなくなった

  • 11月19日(日曜日)の22:100頃から20日(月曜日)の明け方まで が1番の見頃のピークになります!

また、しし座流星群は11月6日頃~11月いっぱいまでは観測可能な流星群なので、22日の夜から23日の勤労感謝の日の明け方くらいまでは、十分に観測可能です。

ただ、祝日前はまたもやお天気がよくありませんけど・・・

1時間に何個ぐらい見える?

しし座流星群の流れ星の出現数は、実はそれほど多くありません。

過去には多くの流星嵐が記録され、2001年11月18日深夜~19日未明にかけて、日本でも1時間あたり1000個を超える流星が観察されました。

ところが、2003年以降の流星数はガクンと減って、ここ数年間は、ピーク時でも1時間に5個程度の出現数です。

Sponsored Links

1時間に5個ということは15分に1は確実!?って思いたいところですが、流石にそうはいかず、タイミングが良いと15分間に続けて2個位見えたりもするのですが、タイミングが悪いと30分で1個も観測することもできなかったりします。

ただ、安心してください!

まだこの時期、2つのおうし座流星群が出現期間です。

  • おうし座流星群(9月10日~11月20日頃まで)
  • おうし座流星群(10月20日~12月10日頃まで)

⇒ おうし座流星群2017(別サイトに飛びます)

なので1時間に5個以上は観測できるのではないかと思います!

ただ街灯の少ない場所で、家から漏れる光が無くなった深夜あたりを狙って夜空を眺めてみてください。

寒いですけどね!

しし座流星群を観測する方角方向は?

  • しし座流星群を1番よく観測できる方向方角は真上です。

実は、しし座流星群に限らず、流れ星は、四方八方から流れて消えていきますから、見る方角は基本的に「真上」なのです。

ただ、星も月も東から登って西に傾いていきますから、日にちとは関係なく、早い時間帯は東向きの空、深夜は真上、そして、明け方近くになると少し西向きのほうが見えやすくなるはずです。

明け方って、気温がグンと冷え込んで1番寒い時間帯なのですが、空気が澄んでいることもあって流れ星の観測には向いているし、意外によく出現するんですよ

しし座流星群とは

しし座流星群はしし座に放射点をもつ流星群で、母天体はテンペル・タットル彗星(55P/Tempel-Tuttle)です。

この彗星の公転周期は、なんと約33年。

なので、2001年11月に観測されたような1時間あたり1000個と言う数の流れ星が次に見られるのは、2034年くらいです。

そして、しし座流星群の流れ星の元となる塵は、地球と正面衝突するのに近い形で地球の大気に突入してくるので、すべての流星群の中で最高の速度で流れます。

放射点の高度が低い時間帯は、流れ星は地球の大気層にほぼ水平に突入するため、長い軌跡を描いて比較的長い時間スーッと飛ぶように見えますし、流星痕と呼ばれる煙の様な痕跡を短時間残すこともあります。

深夜2時頃になって、放射点の高度が上がるにつれて、短時間で濃い大気層に流星が飛び込んでくるので、ピカッと光って一瞬で消え去ってしまうのですが、濃い大気との衝突により光度が増し、火球と呼ばれる明るい流星を見ることができるようになります。

つまり、早い時間に見る流星と、遅い時間にみる流星とは見え方が違い、同じ流星なの時間をずらすと違ったもののように見える面白い流れ星です。

また、しし座流星群は、ダスト・トレイル理論と呼ばれる流星群の新しい予報手法が適用されて、その理論の確立に一役買ったことでも知られるようになりました。

まとめ

ここでは2017年のしし座流星群について関東地方の東京・神奈川のピーク時間や方向方角についてまとめています。

極大時刻は

  • 2017年11月18日1:00(17日の深夜25:00)

ですが、オススメは

  • 2017年11月19日の22:00頃から20日(月曜日)の明け方にかけて

しし座流星群じたいの 出現数はそれほど多くはないのですが、まだまだ見頃のおうし座流星群と合わせると1時間に5子は確実に観測できるのではないかと思っています。

ただ、20日深夜から23日深夜あたりまでは好条件で観測できそうですから、お天気の良い日を選んで観測してみてくださいね。

また、来月12月は、ふたご座流星群が見頃になります。

⇒ ふたご座流星群2017の見頃のピーク時間と方向方角まとめ(別サイトに飛びます)

この流れ星は、ピーク時には1時間に45個程度も出現する見ごたえのある流星ですから月明かりちょっと気にはなりますが、観測条件はまずまずですからこちらも楽しみですよ。

人気ブログランキングにも参加しています。応援いただけるとうれしいです。

Sponsored Links