おうし座流星群2018東京関東の見ごろのピーク時間と方角方学は?

11月初旬に見頃を迎えるおうし座流星群。

牡牛座流星群は、10月上旬から11月終わりにかけて、約2ヶ月間に渡って、おうし座付近から放出する流れ星で、見頃のピークは日にちをずらして2回!

これは放出点が微妙に違うからなのですが、今年2018年の観測条件は、両日ともに良好です。

1時間に流れる個数は少ないのですが、ピカット光る火球とゆっくり流れるのが特徴で、肉眼でも観測しやすい流れ星でもあるんです。

ここでは、2018年の牡牛座流星群について、東京含む関東地方の見頃のピーク時間や方向方角についてまとめています。

Sponsored Links

おうし座流星群の見ごろのピークの日にちと時間について

おうし座流星群は、南群と北群と少し放出点の違う2つの流星群から構成されているので、それぞれに見えるピークの日にちが違ってきます。

  • 南群:11月5日(月曜日)の23:00頃~
  • 北群:11月12日(月曜日)の23:00頃~

おうし座流星群は、他の流星群のようにはっきりした極大時間をもちません。

なので、見頃のピークは極大日前後の夜です。

1時間に出現する数は少ないのですが、放出期間がとっても長く、10月15日~11月30日くらいまでは出現期間です。

さらに、おうし座流星群の流れの速さは、ゆっくりしたものが多いことと、火球が多いことから、出現個数は少ないものの、肉眼でも観測しやすい流れ星なんです。

なので、見頃のピークをはずしても、月明かりのない夜空を見上げるとタイミングよく見ることができるかもしれませんよ!

2018年の月齢カレンダーで、月の大きさと明るさをチェックしてみると、5日も12日も月は細く月明かりの心配はありません。

月齢カレンダー20181101

さらに、11月17日(土)~18日(日)にかけては、しし座流星群が見頃のピークを向えるので、合わせて観測することができそうです。

17日とか18日って月明かりで、見えないんじゃないの?って思ったあなた、大丈夫です!

東京(小笠原)の月の出入り時刻を調べてみると、バッチリ夜には月が沈み、空は暗くなります。

小笠原2018年11月の月の出入り時刻

何の流星かわからなくても、流れ星が見られただけでテンション上がりますよね!

おうし座流星群は何色?

おうし座流星群が放つ光の色は、黄色やオレンジ色です。

スピードがゆっくりで、火球といって「ピカッ」と光る感じでみえます。

1時間に見える個数は少ないのですが、「ピカッ、ス~」と流れていく感じがあれば、おうし座流星群の流れ星ということになります。

おうし座流星群はどの方向方角を見ればいい?

牡牛座流星群をみるための方角は真上です。

というか、

おうし座流星群に限らず、流れ星は、四方八方から流れて消えていきますから、流れ星を見る方角は基本的に「真上」です。

ある一定方角に集中してしまうと、逆に観測できる数が少なくなってしまう可能性があります。

ベランダからだと、特定方向しか見られないことが多いので、できれば外に出て真上を眺めてみてください。

ただ、真上を眺めるって、意外に首が凝って10分も見上げていられない感じです(笑)。

どこか寝転んで観察できるような場所があればそれが1番ですが、さすがにこの時期は、公園のベンチに寝転んで、というのも長時間は寒さに負けて無理そうです。

おうし座の神話について

エウロパの誘拐 (ジャン=フランソワ・ド・トロワ)
引用:星座図鑑

星座占いなどでみる牡牛座の誕生日は、5月生まれの気候の良い時期の生まれになるのですが、星座としては冬の代表的な星座のひとつです。

おうし座は、ギリシャ神話では、ゼウス神が牛に姿を変えたと伝えられていて、牡牛座にまつわるとても綺麗な絵画もありました。

ゼウス神は、様々な動物に姿を変えて、美しい女性たちの元を訪れることがしばしばありました。

Sponsored Links

ある日、エウロパというフェニキア王・アゲノールの娘が野原で遊んでいるところを、天上からゼウスがみつけました。

エウロパは、天上の神々にまで噂がは伝わるほどの美貌を持った娘で、ゼウスもその美しさに惹かれ、大きな白い牛に姿を変えてエウロパの元に近づいていきました。

美しく見事な白い毛をして、おとなしく寝転んでいる牛の背中ににエウロパはそっと座ってみました。

すると、その途端に牛は立ち上がり、野原を駆け、山を越えて、猛然と走り出してしまったのです。

エウロパは驚きながらも、角につかまっているのがやっとでした。
いくつもの野と山を越え、牛は海岸にたどり着くのですが、ここでも牛はためらいもなく海の中に入っていきます。

もはやエウロパは、驚くどころか震えるだけで、どうすることも出来ません。

牛は、地をかけているように海を泳ぎ、やがて大海を渡って陸地にたどり着きました。

そこで、はじめてエウロパを背中から降ろし、大神・ゼウスの姿を現しました。

ゼウスは、自分の住んでいた国からは随分と離れ悲しむエウロパを慰め、その美しさを称えるとともに、胸のうちを告白したと伝えられています。

この時に最後にたどり着いた大陸が、エウロパの名前が語源になって「ヨーロッパ大陸」と呼ばれるようになったと言われています。

また、エウロパは、木星の第2衛星として木星の周りを(月が地球の周りをまわっているような感じ)で回っている星の名前でもあります。

無料アプリで天体が観測できる

20180811の福岡の空

最近では、スマホで空にかざすと天体を画面にシュミレーションするアプリがあります。

左上に輪っかをつけて浮いているのは土星。

さすがに肉眼ではあんなに大きくは見えなくて、「その位置に土星があるよ」という表示です。

有料版と無料版があり、無料版でも上記の画像のように十分に楽しめるんですよ。

流れ星は、かなりタイミングが合わないと写り込まないと思いますが。

私が使っているのは、「Sky View」という無料アプリなんですが、星座に方向を合わせると、室内でも星座が浮かび上がってきます。

20180810福岡チャンダンカフェ

⇒ Sky View@Free

上記の画像は、右上に土星、左のオレンジ色の丸い物体が火星で、木星も加えて、夏に惑星が大接近していたときの画像です。

日中も肉眼で見えていない星座が浮かび上がるので、1日中、あちこちにスマホをかざしながら1日中遊べます。

まとめ

ここでは、11月に見頃のピークを向えるおうし座流星群について、東京・関東地方での見頃のピーク時間や方向方角についてまとめました。

昨年2017年は、条件に恵まれなかった牡牛座流星群なので、今年2018年のお天気に大いに期待したいところです。

そして、最近凄く気になっているのが天体望遠鏡。

スマホ用の天体望遠鏡は、初心者向けの小学生用でもなかなか性能は良さそうで、意外にお値段も手頃なんですよね。

人気ブログランキングにも参加しています。応援いただけるとうれしいです。


人気ブログランキング

Sponsored Links