モンロワールリーフチョコ

モンロワールのリーフチョコバレンタイン仕様でお目見えしています。

サイトがダウンするほどの人気のモンロワールのリーフチョコはこちら。

葉っぱの形をして1粒1粒色も味も違う小ぶりのリーフチョコは、従来からの橙と緑、桃と青、赤、黄、白に引き続き、2017年のバレンタインからは新風味の“紫”が仲間入りしています。

ここではモンロワールのバレンタイン用チョコについて調べてみました!

Sponsored Links

モンロワールバレンタインチョコの巾着の中身

モンロワールリーフチョコは、数枚ずつ巾着に入っているのですが、1つの巾着の中身は上記のように味と種類違いで7粒ずつ。

巾着の色によって中身が違います。

その巾着の中で人気が紫の巾着。

中身は、ミルク・カシス・オレンジの3つの風味が楽しめます。

もちろん従来の色と味も健在です。

  • 橙の巾着(ミルク・ホワイト・モカ)
  • 緑の巾着(抹茶・ミルク・ダーク)
  • 赤の巾着(ストロベリー・ミルク・ラズベリー)
  • 白の巾着(バニラ・ブロンド・ミルク)

リーフメモリーカラーボックス

モンロワールのリーフチョコは、バレンタイン以外にも、お子様からご年配の方まで、また男性女性問わず、誰にでも喜ばれているチョコレートですが、バレンタイン用には、この新しく加わった紫を含めたものが詰め合わせてあります。

小さな個包装になっているので、味違いで色んな味を楽しめ、何から食べようかとちょっと迷ってしまいそうですね。

外箱の色によって中身もスコチしがっているので、送る相手に併せて選ぶことができます。

1番人気の紫巾着、こちらに入っておりました!

黄色の外箱のパッケージには、橙の巾着(ミルク・ホワイト・モカ)と、緑の巾着(抹茶・ミルク・ダーク)と白と紫?

⇒ Yahooショッピングで購入

Sponsored Links

⇒ アマゾンで購入

モンロワールのリーフチョコは、大袋を買って、職場でお世話になっている方や同僚へ、小分けして可愛くラッピングすれば、本命チョコにも匹敵するくらい可愛く出来上がります!

モンロワールの生チョコ(メロディ)2019

モンロワール生チョコ

モンロワールのリーフチョコももちろん気になっているのですが、私がとっても気になっているのが生チョコセット。

上記の画像は2017年のバレンタイン限定の生チョコセットで、中身は

  • 洋酒
  • 抹茶
  • ストロベリー
  • レアチーズ がきれいな色で詰め合わせてあり、あっという間に売り切れていました。

生チョコなのに、お値段もお手頃でさすがモンロワールさんといった感じでした。

2019年は、外筒井から中身がわかる仕様に変わっています。

また、2019年は、まさに生チョコといった感じのシックなチョコも。

百貨店のオンラインサイトでは近鉄さんからモンロワールチョコの通販お取り寄せが可能です。

 

↓近鉄百貨店公式サイト↓

百貨店のオンラインバレンタイン特集

近鉄オンライン以外にも、百貨店のバレンタイン特集は、見ているだけでもかなり楽しい気分になります。

贈ることより、自分のほしいが優先してしまうんですけどね(笑)

⇒ 高島屋バレンタイン特集

⇒ 大松松坂屋バレンタイン

⇒ 東急バレンタイン

 

まとめ

ここでは、ここでは、モンロワールのバレンタインにオススメのリーフチョコと生チョコ(メロディ)についてまとめました。

ちなみに、福岡は大丸の地下にモンロワールの売り場があります。

昨年はバレンタイン時期に、展示販売されていましたから、今年も同様にバレンタインコーナーができるはずです!

伊勢丹のサロン・デュ・ショコラに全く負けていません!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

人気ブログランキングにも参加しています。応援いただけるとうれしいです。


人気ブログランキング

Sponsored Links
ピックアップ関連コンテンツ